内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エホバの親しい友に倣う

エホバの親しい友に倣う

「エホバ​と​の​親密​さ​は​神​を​恐れる​者​たち​の​もの」。―詩 25:14

歌: 106,118

1‐3. (イ)わたしたち​も​神​の​友​に​なれる​と​なぜ​言え​ます​か。(ロ)この​記事​で​は​だれ​に​つい​て​考え​ます​か。

聖書​の​中​で​アブラハム​は​3​度,神​の​友​と​し​て​言及​さ​れ​て​い​ます。(代​二 20:7,脚注。イザ 41:8。ヤコ 2:23)また,聖書​の​中​で​明確​に​神​の​友​と​言わ​れ​て​いる​の​は​アブラハム​だけ​です。では,エホバ​の​友​は​アブラハム​だけ​な​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。聖書​に​よれ​ば,わたしたち​も​神​と​の​友情​を​築く​こと​が​でき​ます。

2 聖書​に​は,エホバ​を​恐れ,神​に​信仰​を​持ち,神​の​親しい​友​に​なっ​た​大勢​の​忠実​な​男女​の​こと​が​記さ​れ​て​い​ます。詩編 25:14を​読む。)使徒​パウロ​は,「大勢​の,雲​の​よう​な​証人​たち」に​つい​て​述べ​て​い​ます​が,その​すべて​は​神​の​友​でし​た。(ヘブ 12:1)その​人​たち​の​背景​は​実​に​様々​です。

3 聖書​に​出​て​くる​エホバ​の​親しい​友​の​うち,3​人​に​つい​て​詳しく​考え​ましょ​う。(1)モアブ​人​の​忠節​な​若い​やもめ​ルツ,(2)ユダ​の​忠実​な​王​ヒゼキヤ,(3)イエス​の​謙遜​な​母​マリア​です。この​3​人​は​神​と​の​友情​を​どの​よう​に​築い​た​でしょ​う​か。そこ​から​何​を​学べる​でしょ​う​か。

 忠節​な​愛​を​示し​た​女性

4,5. ルツ​は​どんな​難しい​決断​を​迫ら​れ​まし​た​か。その​決断​が​難しかっ​た​の​は​なぜ​です​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

4 3​人​の​やもめ​が​モアブ​の​平原​の​道​を,風​に​衣​を​たなびか​せ​ながら​歩い​て​い​ます。ナオミ,そして​嫁​の​ルツ​と​オルパ​です。しかし​オルパ​は,モアブ​の​実家​に​戻る​こと​に​決め,2​人​から​遠ざかっ​て​ゆき​ます。ナオミ​は​郷里​の​イスラエル​に​帰る​つもり​です。ルツ​は​最も​重大​な​決断​を​迫ら​れ​て​い​ます。モアブ​の​自分​の​民​の​ところ​へ​帰る​か,しゅうとめ​の​ナオミ​に​堅く​付い​て​ベツレヘム​へ​旅する​か​です。―ルツ 1:1‐8,14

5 ルツ​が,「モアブ​に​は​母親​や​親族​が​いる​の​で,自分​を​迎え入れ​て​世話​し​て​くれる​はず​だ」と​考え​た​と​し​て​も​無理​は​あり​ませ​ん。モアブ​は​生ま​れ​育っ​た​ところ​な​の​で,その​文化​に​も​言語​に​も​民​に​も​慣れ親しん​で​い​ます。しかし,ベツレヘム​は​違い​ます。ナオミ​に​も​その​こと​は​分かっ​て​い​まし​た。それ​で​ナオミ​は,モアブ​に​とどまる​よう​ルツ​に​勧め​ます。自分​と​一緒​に​行っ​たら​夫​も​家​も​持て​ない​の​で​は​ない​か​と​考え​た​の​です。ルツ​は​どう​する​でしょ​う​か。オルパ​は「自分​の​民​と​自分​の​神々​の​もと​に​帰り​まし​た」。(ルツ 1:9‐15)ルツ​も​自分​の​民​の​偽り​の​神々​の​もと​に​帰り​たい​と​思っ​た​でしょ​う​か。そう​は​思い​ませ​ん​でし​た。

6. (イ)ルツ​は​どんな​賢明​な​選択​を​し​まし​た​か。(ロ)ボアズ​が,ルツ​は​エホバ​の​翼​の​下​に​避け所​を​求め​た,と​述べ​た​の​は​なぜ​です​か。

6 ルツ​は,亡くなっ​た​夫​か​ナオミ​を​通し​て,エホバ​神​に​つい​て​知っ​た​もの​と​思わ​れ​ます。エホバ​が​モアブ​の​神々​と​は​異なる​こと​を​学び,自分​が​愛し​崇拝​す​べき​な​の​は​エホバ​で​ある,と​確信​し​まし​た。エホバ​に​関する​知識​は​まだ​限ら​れ​て​い​まし​た​が,エホバ​を​自分​の​神​と​する​か​どう​か​決め​なけれ​ば​なり​ませ​ん。ルツ​は​賢明​な​選択​を​し,ナオミ​に​こう​言い​ます。「あなた​の​民​は​わたし​の​民,あなた​の​神​は​わたし​の​神​と​なり​ます」。(ルツ 1:16)ルツ​が​抱い​て​い​た​ナオミ​へ​の​愛​は​素晴らしい​もの​です。しかし,もっと​大切​な​の​は​エホバ​に​対する​ルツ​の​愛​です。後​に​土地​所有​者​の​ボアズ​も,エホバ​の​翼​の​下​に​避け所​を​求め​た​ルツ​を​褒め​て​い​ます。ルツ 2:12を​読む。)ルツ​は,力強く​保護​し​て​くれる​親鳥​の​翼​の​下​に​避難​する​ひな鳥​の​よう​でし​た。(詩 36:7; 91:1‐4)エホバ​は​親鳥​の​よう​に​ルツ​を​保護​し,ルツ​の​信仰​に​報い​まし​た。ルツ​は​自分​の​決定​を​少し​も​後悔​し​ませ​ん​でし​た。

7. エホバ​に​献身​する​こと​を​ためらっ​て​いる​人​に​とっ​て,どんな​こと​は​役立つ​か​も​しれ​ませ​ん​か。

7 エホバ​に​つい​て​学ん​で​も,エホバ​の​もと​に​避難​する​こと​を​ためらう​人​は​少なく​あり​ませ​ん。献身​し​て​バプテスマ​を​受け,エホバ​に​仕える​こと​を​躊躇​する​の​です。あなた​が​そう​で​あれ​ば,その​理由​を​じっくり​考え​た​こと​が​あり​ます​か。人​は​皆,何らか​の​神​に​仕え​て​い​ます。(ヨシュ 24:15)では,唯一​まこと​の​神​の​もと​に​避難​する​の​は​いかが​です​か。献身​は,エホバ​へ​の​信仰​を​実証​する​優れ​た​方法​です。エホバ​は,あなた​が​献身​に​ふさわしく​生き,どんな​問題​に​直面​し​て​も​対処​できる​よう,助け​て​くださる​でしょ​う。神​は​ルツ​に​も​その​よう​に​され​まし​た。

不幸​な​生い立ち​に​も​かかわら​ず「彼​は​エホバ​に​付き従っ​て​い​た」

8. ヒゼキヤ​の​生い立ち​は​どんな​もの​でし​た​か。

8 ルツ​と​は​異​なり,ヒゼキヤ​は​エホバ​に​献身​し​た​国民​の​一員​と​し​て​生ま​れ​まし​た。しかし,すべて​の​イスラエル​人​が​その​献身​に​ふさわしく​生き​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。ヒゼキヤ​の​父,アハズ​王​も​そう​でし​た。この​邪悪​な​王​は,ユダ​ 王国​の​民​に​偶像​礼拝​を​行なわ​せ,エルサレム​に​あっ​た​エホバ​の​神殿​を​汚す​こと​さえ​し​まし​た。ヒゼキヤ​は,想像​を​絶する​よう​な​つらい​子ども​時代​を​過ごし​まし​た。兄弟​の​幾​人​か​は​偽り​の​神​へ​の​犠牲​と​し​て​生き​た​まま​焼か​れる​と​いう​悲惨​な​死​に​方​を​し​た​から​です。―王​二 16:2‐4,10‐17。代​二 28:1‐3

9,10. (イ)ヒゼキヤ​が​苦々しい​気持ち​に​なっ​て​も​不思議​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。なぜ​です​か。(ロ)神​に​苦々しい​気持ち​を​抱く​べき​で​ない​の​は​なぜ​です​か。(ハ)どんな​人​に​なる​か​は​家庭​環境​に​よっ​て​決まる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。なぜ​です​か。

9 ヒゼキヤ​が​苦々しい​気持ち​を​抱い​て​成長​し,神​に​反逆​し​た​と​し​て​も​不思議​で​は​なかっ​た​でしょ​う。でも,そう​は​し​ませ​ん​でし​た。しかし​今日,ヒゼキヤ​ほど​つらい​経験​は​し​て​い​ない​の​に,「エホバ……に​向かっ​て​激怒」し​たり​神​の​組織​に​苦々しい​気持ち​を​抱い​たり​する​の​は​当然​だ​と​考え​た​人​が​い​ます。(箴 19:3)「自分​が​こんな​生き方​を​し​て​いる​の​は​家庭​環境​の​せい​な​の​で,仕方​が​ない。親​に​倣っ​て​いる​だけ​だ」と​考える​人​も​い​ます。(エゼ 18:2,3)その​よう​な​考え方​は​正しい​でしょ​う​か。

10 ヒゼキヤ​の​生き方​が​証明​し​て​いる​よう​に,そう​し​た​考え方​は​決して​正しく​あり​ませ​ん。エホバ​に​対し​て​苦々しい​気持ち​を​抱い​て​も​よい​理由​など​全く​ない​の​です。この​邪悪​な​世​で​人々​が​経験​する​災い​は,神​から​出​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(ヨブ 34:10)確か​に,親​は​良き​に​つけ​悪しき​に​つけ,子ども​に​大きな​影響​を​与え​ます。(箴 22:6。コロ 3:21)しかし,子ども​の​生き方​は​家庭​環境​で​決まる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。なぜ​です​か。エホバ​は​わたしたち​すべて​に,自分​が​何​を​行ない​どんな​人​に​なる​か​を​選ぶ​能力​を​与え​て​くださっ​て​いる​から​です。これ​は​貴重​な​贈り物​です。(申 30:19)ヒゼキヤ​は​その​贈り物​を​どの​よう​に​用い​た​でしょ​う​か。

多く​の​若い​人​たち​は,家庭​環境​に​かかわら​ず​真理​を​受け入れ​て​いる(9,10​節​を​参照)

11. ヒゼキヤ​が​ユダ​の​傑出​し​た​王​の​一​人​と​言える​の​は​なぜ​です​か。

11 ヒゼキヤ​は​ユダ​の​悪名​高い​王​の​息子​でし​た​が,傑出​し​た​王​の​一​人​に​なり​まし​た。列王​第​二 18:5,6を​読む。)父親​の​悪い​手本​に​は​従い​ませ​ん​でし​た。むしろ,預言​者​と​し​て​仕え​て​い​た​イザヤ​や​ミカ​や​ホセア​など,忠実​な​ 人々​の​霊感​を​受け​た​言葉​に​注意​を​向け,エホバ​の​助言​や​矯正​を​心​に​深く​銘記​し​た​こと​でしょ​う。その​結果,父親​の​行なっ​た​大きな​悪​を​正す​よう​に​なり,神殿​を​清め,民​の​罪​の​ため​に​贖罪​を​し,異教​の​偶像​を​破壊​する​活動​を​大々的​に​行ない​まし​た。(代​二 29:1‐11,18‐24; 31:1)アッシリア​の​王​セナケリブ​から​エルサレム​を​攻撃​さ​れ​そう​に​なっ​た​時​など,意気​を​くじく​よう​な​状況​に​面し​て​も,強い​勇気​と​信仰​を​示し​まし​た。救い​を​求め​て​神​に​頼り,言葉​と​模範​に​よっ​て​民​を​強め​た​の​です。(代​二 32:7,8)後​に,ごう慢​な​態度​を​示し​た​こと​で​矯正​を​受け​た​時​に​は,へりくだり,悔い改め​まし​た。(代​二 32:24‐26)ヒゼキヤ​は,自分​の​過去​の​せい​で​現在​と​将来​を​台なし​に​し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。むしろ,エホバ​の​友​で​ある​こと​を​示し,見倣う​べき​りっぱ​な​模範​と​なっ​た​の​です。

12. 多く​の​人​たち​は​ヒゼキヤ​に​倣い,どの​よう​に​エホバ​の​友​で​ある​こと​を​示し​て​き​まし​た​か。

12 今​は​愛​に​欠け​た​暴力​的​な​世​の​中​な​の​で,親​の​愛​や​保護​を​受け​ない​まま​大人​に​なる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。(テモ​二 3:1‐5)クリスチャン​の​中​に​も​大変​な​家庭​環境​で​育っ​た​人​たち​が​大勢​い​ます。しかし​彼ら​は,エホバ​と​の​友情​を​培い​まし​た。そして,ヒゼキヤ​の​よう​に,自分​の​将来​を​過去​の​境遇​に​よっ​て​決める​必要​は​ない,と​いう​こと​を​示し​て​い​ます。神​は​わたしたち​に​自由​意志​と​いう​贈り物​を​与え​て​ください​まし​た。ヒゼキヤ​の​よう​に,その​贈り物​を​用い​て​エホバ​に​付き従い,エホバ​に​誉れ​と​栄光​を​帰する​の​は​特権​です。

「ご覧​ください,エホバ​の​奴隷​女​で​ござい​ます!」

13,14. マリア​が​ガブリエル​の​宣言​を​聞い​て,大きな​不安​を​感じ​た​と​思わ​れる​の​は​なぜ​です​か。しかし,マリア​は​ガブリエル​に​何​と​答え​まし​た​か。

13 ヒゼキヤ​の​時代​から​何​世紀​も​後​に,ナザレ​に​住む​謙遜​な​若い​ユダヤ​人​女性​が,エホバ​と​の​特別​な​友情​を​培い​まし​た。その​女性​は​他​の​だれ​も​受け​た​こと​の​ない​割り当て​を​受け​ます。神​の​独り子​を​宿し,産み,育てる​の​です。この​よう​な​驚く​べき​特権​を​与え​た​エホバ​は,マリア​を​愛し,信頼​し​て​おら​れ​た​に​違いあり​ませ​ん。マリア​は​この​割り当て​を​受け​た​当初,どの​よう​に​感じ​た​でしょ​う​か。

「ご覧​ください,エホバ​の​奴隷​女​で​ござい​ます!」(13,14​節​を​参照)

14 わたしたち​は,マリア​に​与え​られ​た​特権​の​素晴らしさ​に​は​注目​し​て​も,マリア​の​感じ​た​大きな​不安​に​つい​て​は​あまり​考え​ない​か​も​しれ​ませ​ん。み使い​ガブリエル​は​何​と,マリア​が​男性​と​関係​を​持っ​て​い​ない​の​に​奇跡​的​に​妊娠​する,と​告げ​た​の​です。ガブリエル​は,マリア​の​家族​や​隣人​に​妊娠​の​理由​を​説明​し​に​行く,と​は​言い​ませ​ん​でし​た。家族​や​隣人​は​妊娠​の​こと​を​聞い​て​どう​思う​でしょ​う。それ​に,婚約​者​ヨセフ​の​こと​も​気がかり​です。妊娠​し​て​い​て​も​貞潔​で​ある​こと​を,どう​し​たら​信じ​ て​もらえる​でしょ​う。それ​だけ​で​は​あり​ませ​ん。至高​者​の​独り子​を​育て,世話​し,訓練​する​こと​に​は,重大​な​責任​が​伴い​ます。ガブリエル​の​宣言​を​聞い​て,マリア​に​どんな​不安​が​押し寄せ​て​き​た​の​か,詳しい​こと​は​分かり​ませ​ん。しかし,マリア​の​答え​は​分かり​ます。こう​言っ​た​の​です。「ご覧​ください,エホバ​の​奴隷​女​で​ござい​ます! あなた​の​宣言​どおり​の​こと​が​私​の​身​に​起き​ます​よう​に」。―ルカ 1:26‐38

15. マリア​が​素晴らしい​信仰​を​持っ​て​い​た,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

15 素晴らしい​信仰​で​は​ない​でしょ​う​か。マリア​は​奴隷​女​の​よう​に,求め​られる​こと​は​何​で​も​行なう​つもり​でし​た。主人​で​ある​エホバ​が​世話​し​保護​し​て​くださる​こと​を​確信​し​て​い​た​の​です。マリア​が​それ​ほど​強い​信仰​を​持っ​て​い​た​の​は​なぜ​です​か。信仰​は​生来​備わっ​て​いる​もの​で​は​あり​ませ​ん。当人​の​努力​と​神​の​祝福​に​よっ​て​生み出さ​れる​もの​です。(ガラ 5:22。エフェ 2:8)マリア​は​信仰​を​強める​ため​に​努力​し​まし​た。その​こと​を​示す​証拠​と​し​て,マリア​が​どの​よう​に​話​を​聞き,どの​よう​に​語っ​た​か​を​考え​ましょ​う。

16. マリア​が​話​を​よく​聞い​た​こと​は,どんな​記述​から​分かり​ます​か。

16 マリア​は​どの​よう​に​話​を​聞い​た​か。聖書​は,「聞く​こと​に​速く,語る​こと​に​遅く」ある​よう​勧め​て​い​ます。(ヤコ 1:19)マリア​は​話​を​よく​聞く​人​でし​た​か。その​よう​です。マリア​は​霊的​に​深い​意味​の​ある​言葉​に​よく​注意​を​払い,聞い​た​事柄​を​じっくり​黙想​し​まし​た。その​こと​は,ルカ​の​福音​書​に​ある​2​つ​の​記述​から​分かり​ます。イエス​が​誕生​し​た​時,謙遜​な​羊飼い​たち​は​み使い​たち​の​語っ​た​言葉​を​マリア​に​伝え​まし​た。また,12​年​ほど​後,まだ​少年​だっ​た​イエス​は,霊的​に​深い​意味​の​ある​事柄​を​話し​まし​た。どちら​の​場合​も,マリア​は​耳​を​傾け,記憶​し,聞い​た​事柄​に​つい​て​注意深く​考え​まし​た。―ルカ 2:16‐19,49,51を​読む。

17. マリア​の​語っ​た​事柄​から​何​が​分かり​ます​か。

17 マリア​は​どの​よう​に​語っ​た​か。聖書​に​記録​さ​れ​て​いる​マリア​の​言葉​は,それ​ほど​多く​あり​ませ​ん。その​中​で​最も​長い​の​は​ルカ 1​章​46‐55​節​です。この​記述​を​読む​と,マリア​が​聖書​に​よく​通じ​て​い​た​こと​が​分かり​ます。その​言葉​は,預言​者​サムエル​の​母​ハンナ​の​祈り​の​内容​に​似​て​い​ます。(サム​一 2:1‐10)マリア​は​聖句​に​20​回​ほど​言及​し​て​いる,と​いう​見方​も​あり​ます。マリア​は​明らか​に,霊的​な​事柄​を​自由​に​語る​女性​でし​た。心​の​中​の​宝​箱​から,つまり​最も​偉大​な​友​エホバ​神​から​学ん​だ​貴重​な​真理​の​蔵​から,自由​に​宝​を​取り出し​た​の​です。

18. マリア​の​信仰​に​どの​よう​に​倣え​ます​か。

18 マリア​の​よう​に,わたしたち​も​難しく​思える​割り当て​を​受ける​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​時​は​マリア​に​倣い,最善​の​仕方​で​行動​し​て​くださる​エホバ​を​信頼​し,エホバ​の​み手​に​自分​を​謙遜​に​ゆだね​ましょ​う。エホバ​と​その​目的​に​つい​て​注意深く​聞い​て​学び,霊的​な​真理​を​黙想​し,学ん​だ​事柄​を​喜ん​で​他​の​人​に​語る​こと​に​より,マリア​の​信仰​に​倣い​ましょ​う。―詩 77:11,12。ルカ 8:18。ロマ 10:15

19. 聖書​中​の​際立っ​た​信仰​の​模範​に​倣う​なら,どんな​報い​が​得​られ​ます​か。

19 アブラハム​と​同様,ルツ,ヒゼキヤ,マリア​も​エホバ​の​友​でし​た。その​こと​に​疑問​の​余地​は​あり​ませ​ん。これら​の​人​たち​を​含む「大勢​の,雲​の​よう​な​証人​たち」,そして​他​の​大勢​の​忠実​な​人々​は,神​の​友​に​なる​と​いう​素晴らしい​特権​を​得​て​き​まし​た。わたしたち​も​そう​し​た​信仰​の​模範​に​倣い​続け​ましょ​う。(ヘブ 6:11,12)そう​する​なら,エホバ​の​親しい​友​と​し​て​永遠​に​歩む​と​いう​大きな​報い​を​得​られる​でしょ​う。