内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エホバが「わたしの友」と呼んだ人

エホバが「わたしの友」と呼んだ人

「イスラエル​よ,あなた​は​わたし​の​僕​で​あり,ヤコブ​よ,わたし​が​選ん​だ​あなた​は,わたし​の​友​アブラハム​の​胤​で​ある」。―イザ 41:8

歌: 91,22

1,2. (イ)人間​が​神​の​友​に​なれる,と​言える​の​は​なぜ​です​か。(ロ)この​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。

人間​は​生き​て​いる​限り​愛​を​必要​と​し,渇望​し​ます。男女​間​の​愛​だけ​で​は​あり​ませ​ん。友情​や​他​の​人​と​の​絆​を​求め​て​い​ます。しかし,わたしたち​に​とっ​て​他​の​どんな​愛​より​も​必要​な​愛​が​あり​ます。それ​は​エホバ​の​愛​です。人間​が​天​に​いる​見え​ない​全能​の​神​と​親密​で​温か​な​友情​を​築く​こと​など​とても​想像​でき​ない,と​思う​人​は​少なく​あり​ませ​ん。しかし,わたしたち​は​違い​ます。

2 聖書​に​は,不​完全​な​人間​で​あっ​て​も​神​の​友​に​なっ​た​人​たち​の​こと​が​記さ​れ​て​い​ます。その​よう​な​人​たち​の​模範​を​熟考​する​の​は​よい​こと​です。神​の​友​に​なる​こと​は,人生​で​最も​価値​ある​目標​だ​から​です。神​の​友​に​なっ​た​人​たち​の​中​で​際立っ​て​いる​の​は​アブラハム​です。ヤコブ 2:23を​読む。)アブラハム​は​なぜ​エホバ​の​友​に​なれ​た​の​でしょ​ う​か。その​かぎ​は​信仰​でし​た。事実,アブラハム​は「信仰​を​持つ​人​すべて​の​父」と​呼ば​れ​て​い​ます。(ロマ 4:11)では,アブラハム​の​信仰​が​どの​よう​に​神​と​の​友情​に​発展​し​た​の​か​考え​ましょ​う。その​際,こう​自問​する​と​よい​でしょ​う。「わたし​は​アブラハム​の​信仰​に​倣い,どの​よう​に​エホバ​と​の​友情​を​強める​こと​が​できる​だろ​う​か」。

アブラハム​は​どの​よう​に​神​の​友​と​なっ​た​か

3,4. (イ)アブラハム​に​とっ​て​信仰​の​最大​の​試み​と​言える​どんな​出来事​が​あり​まし​た​か。(ロ)アブラハム​が​イサク​を​犠牲​に​し​よう​と​し​た​の​は​なぜ​です​か。

3 次​の​情景​を​思い描い​て​ください。老齢​の​男性​が​重い​足取り​で​山道​を​登っ​て​い​ます。それ​は​人生​で​最も​つらい​旅​だっ​た​に​違いあり​ませ​ん。足取り​が​重い​の​は​老齢​の​ため​で​は​あり​ませ​ん。アブラハム​は​125​歳​ぐらい​です​が,まだ​活力​が​あり​ます。 [1] その​後ろ​を​歩い​て​いる​の​は​25​歳​ぐらい​の​息子​イサク​です。イサク​は​まき​を​背負い,アブラハム​は​短刀​と,火​を​起こす​道具​を​持っ​て​い​ます。エホバ​は​アブラハム​に​息子​イサク​を​犠牲​と​し​て​ささげる​よう​求め​た​の​です。―創 22:1‐8

4 それ​は​アブラハム​に​とっ​て​信仰​の​最大​の​試み​だっ​た​に​違いあり​ませ​ん。ある​人​たち​は,アブラハム​に​その​よう​な​こと​を​要求​し​た​神​は​冷酷​だ​と​言い​ます。また,アブラハム​は​息子​を​愛し​て​おら​ず,盲目​的​に​従っ​た​に​すぎ​ない,と​言う​人​も​い​ます。信仰​が​なく,信仰​の​働き​に​つい​て​理解​し​て​い​ない​人​たち​に​は,そう​思える​の​でしょ​う。(コリ​一 2:14‐16)アブラハム​は​盲目​的​に​従っ​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,見え​て​い​た​の​で​従っ​た​の​です。その​純粋​な​信仰​の​目​に​見え​て​い​た​の​は,天​の​父​エホバ​は​ご自分​の​忠実​な​僕​たち​に​永続​的​な​害​を​もたらす​こと​を​決して​求め​ない,と​いう​事実​です。エホバ​に​従う​なら​エホバ​が​自分​と​愛する​息子​を​祝福​し​て​くださる,と​いう​こと​を​理解​し​て​い​た​の​です。その​信仰​は​何​に​基づい​て​い​まし​た​か。知識​と​経験​です。

5. アブラハム​は​どの​よう​に​エホバ​に​つい​て​学ん​だ​と​考え​られ​ます​か。得​た​知識​から​どんな​影響​を​受け​まし​た​か。

5 知識。アブラハム​は,偶像​礼拝​の​盛ん​な​カルデア​人​の​都市​ウル​で​育ち,父親​の​テラ​も​偶像​礼拝​者​でし​た。では,どの​よう​に​し​て​エホバ​を​知る​よう​に​なっ​た​の​でしょ​う​か。(ヨシュ 24:2)聖書​は,詳しい​点​を​述べ​て​い​ませ​ん​が,アブラハム​が​セム​から​9​代​目​の​人​だっ​た​こと​を​示し​て​い​ます。セム​は​ノア​の​息子​で,信仰​の​強い​人​で​あり,アブラハム​が​150​歳​に​なる​ころ​まで​生き​て​い​まし​た。アブラハム​が​エホバ​に​つい​て​セム​から​学ん​だ​と​断定​する​こと​は​でき​ませ​ん。しかし,セム​は​エホバ​に​つい​て​知っ​て​いる​事柄​を​自分​の​家族​に​伝え​た,と​考え​て​よい​でしょ​う。アブラハム​は​何らか​の​方法​で​その​情報​に​接し,心​を​動かさ​れ​まし​た。そして,エホバ​を​愛する​よう​に​なり,知識​に​基づい​て​信仰​を​築く​こと​が​でき​た​の​です。

6,7. アブラハム​は​信仰​を​強める​どんな​経験​を​し​まし​た​か。

6 経験。アブラハム​は,エホバ​へ​の​信仰​を​強める​どんな​経験​を​し​た​でしょ​う​か。考え​は​感情​を​生み出し,感情​は​行動​を​生み出す​と​言わ​れ​て​い​ます。アブラハム​は​神​に​つい​て​学び,「至高​の​神​エホバ,天地​を​作り出さ​れ​た​方」に​対する​深い​畏敬​の​念​と​心​から​の​敬意​を​抱き​まし​た。(創 14:22)聖書​が「敬虔​な​恐れ」と​呼ぶ​この​感情​は,神​と​の​友情​を​築く​うえ​で​不可欠​です。(ヘブ 5:7。詩 25:14)この​敬虔​な​恐れ​に​より,アブラハム​は​行動​へ​と​促さ​れ​まし​た。

7 神​は​老齢​の​アブラハム​と​サラ​に,ウル​を​出​て​異国​の​地​に​移動​する​よう​指示​さ​れ​まし​た。 その​後​は​ずっ​と​天幕​生活​を​する​の​です。アブラハム​は​神​に​従っ​た​の​で,エホバ​から​祝福​され​保護​さ​れ​まし​た。アブラハム​は,美しい​妻​サラ​が​連れ去ら​れ​て​自分​は​殺さ​れる​の​で​は​ない​か,と​恐れ​た​こと​が​あり​ます。そう​し​た​恐れ​を​抱く​の​も​無理​の​ない​こと​でし​た。しかし,エホバ​に​従う​こと​を​やめ​ませ​ん​でし​た。エホバ​は​その​たび​に​事態​に​介入​し,アブラハム​と​サラ​を​奇跡​的​に​保護​さ​れ​ます。(創 12:10‐20; 20:2‐7,10‐12,17,18)こう​し​た​経験​に​より,アブラハム​の​信仰​は​強まり​まし​た。

8. どう​すれ​ば,エホバ​と​の​友情​を​強める​の​に​必要​な​知識​と​経験​を​増す​こと​が​でき​ます​か。

8 わたしたち​は,エホバ​と​の​友情​を​築く​こと​が​でき​ます​か。確か​に​でき​ます。知識​が​あり​ます。経験​も​でき​ます。アブラハム​が​知っ​て​い​た​の​は,聖書​に​収め​られ​て​いる​豊か​な​知恵​の​ごく​一部​に​すぎ​ませ​ん​でし​た。(ダニ 12:4。ロマ 11:33)しかし,わたしたち​は,知恵​の​宝庫​と​も​言える​聖書​全巻​を​学ぶ​こと​に​より,「天地​を​作り出さ​れ​た​方」に​つい​て​の​知識​を​深め,この​方​へ​の​敬意​と​愛​を​強める​こと​が​でき​ます。その​結果​と​し​て​神​に​従う​とき,どんな​経験​が​できる​でしょ​う​か。神​の​助言​が​自分​に​とっ​て​保護​と​なる​こと​や,神​が​祝福​し​強め​て​くださる​こと​を​実感​でき​ます。また,神​に​心​を​こめ​て​仕える​こと​に​より,達成​感​や​安心​感,喜び​を​味わえ​ます。(詩 34:8。箴 10:22)その​よう​に​し​て,知識​と​経験​が​増す​に​つれ,信仰​が​強まり,エホバ​と​の​友情​も​深まり​ます。

アブラハム​は​どの​よう​に​神​と​の​友情​を​保っ​た​か

9,10. (イ)友情​を​強める​ため​に​は​何​が​必要​です​か。(ロ)アブラハム​が​エホバ​と​の​友情​を​大切​に​し,強め​た​こと​は,どんな​こと​から​分かり​ます​か。

9 友情​は​貴重​な​宝​です。箴言 17:17を​読む。)部屋​に​飾っ​て​おく​だけ​の​高価​な​花瓶​の​よう​な​もの​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,水​を​やっ​て​大切​に​育てる​必要​が​ある​花​の​よう​です。アブラハム​は​エホバ​と​の​友情​を​大切​に​し,それ​を​保つ​よう​努力​し​まし​た。どの​よう​に​です​か。

10 アブラハム​は,過去​に​敬虔​な​恐れ​と​従順​を​示し​た​の​で​それ​で​十分​だ,と​は​決して​考え​ませ​ん​でし​た。大​家族​と​共​に​カナン​へ​旅し​て​い​た​間​も,大小​さまざま​な​決定​を​下す​際,エホバ​に​導き​を​求め​まし​た。イサク​が​生ま​れる​1​年​前,アブラハム​が​99​歳​の​時,エホバ​は​アブラハム​の​家​の​男子​全員​が​割礼​を​受ける​こと​を​求め​られ​まし​た。アブラハム​は​その​命令​に​疑念​を​抱い​たり,それ​に​従わ​なく​て​も​すむ​方法​を​探し​たり​し​まし​た​か。いいえ,神​を​信頼​し,「まさに​その​日」に​従っ​た​の​です。―創 17:10‐14,23

11. アブラハム​が​ソドム​と​ゴモラ​の​こと​で​心配​し​て​い​た​の​は​なぜ​です​か。エホバ​は​アブラハム​を​どの​よう​に​助け​まし​た​か。

11 アブラハム​は,小さく​思える​事柄​に​関し​て​ も​常​に​神​に​従っ​て​い​た​の​で,強く​て​生き生き​と​し​た​友情​を​保つ​こと​が​でき​まし​た。アブラハム​は,自分​の​気持ち​を​神​に​自由​に​伝え,理解​し​がたく​思える​事柄​に​つい​て​質問​し​まし​た。例えば,神​が​ソドム​と​ゴモラ​の​都市​を​滅ぼす​つもり​で​ある​こと​を​知っ​た​時,アブラハム​は,義人​が​邪悪​な​者​と​共​に​ぬぐい去ら​れる​の​で​は​ない​か​と​心配​し​まし​た。ソドム​に​住む​甥​の​ロト​と​その​家族​の​こと​を​気​に​かけ​て​い​た​の​でしょ​う。アブラハム​は「全地​を​裁く​方」エホバ​へ​の​信頼​と​謙遜​さ​を​示し​つつ,気​に​かかっ​て​いる​事柄​を​尋ね​まし​た。エホバ​は​ご自分​の​憐れみ​に​つい​て​アブラハム​に​辛抱強く​教え​られ​まし​た。裁き​の​時​に​も,個々​の​人​の​心​を​読み,義人​を​探し​て​保護​する,と​いう​こと​を​示さ​れ​た​の​です。―創 18:22‐33

12,13. (イ)アブラハム​に​とっ​て,知識​や​経験​は​後​に​どの​よう​に​役立ち​まし​た​か。(ロ)アブラハム​が​エホバ​を​信頼​し​て​い​た,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

12 アブラハム​は,知識​や​経験​の​一つ​一つ​を​通し​て,エホバ​と​の​強い​友情​を​保つ​こと​が​でき​た​に​違いあり​ませ​ん。後​に​大きな​試み​に​遭っ​た​時,つまり​息子​イサク​を​犠牲​に​する​よう​エホバ​から​求め​られ​た​時,天​に​おら​れる​友​エホバ​が​どんな​方​か​を​思い返す​こと​が​でき​た​はず​です。では,アブラハム​が​モリヤ​の​地​の​山道​を​重い​足取り​で​登っ​て​い​た​時​の​話​に​戻り​ましょ​う。アブラハム​は,エホバ​が​突然,厳しく​て​無​慈悲​な​神​に​変わっ​て​しまっ​た​と​考え​た​でしょ​う​か。その​よう​に​考え​た​はず​は​あり​ませ​ん。なぜ​そう​言え​ます​か。

13 アブラハム​は,連れ​て​来​た​従者​たち​に​こう​言い​まし​た。「あなた方​は​ろば​と​共​に​ここ​に​とどまっ​て​い​なさい。わたし​と​この​子​と​は,あそこ​まで​進ん​で​行っ​て​崇拝​を​ささげ,それ​から​あなた方​の​ところ​に​戻っ​て​来​よう​と​思う​の​だ」。(創 22:5)アブラハム​は​どの​よう​な​意味​で​そう​言っ​た​の​でしょ​う​か。イサク​を​犠牲​に​する​つもり​だっ​た​の​に,イサク​が​戻っ​て​来る​と​言っ​て,うそ​を​つい​て​い​た​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。聖書​に​は,アブラハム​の​考え​を​知る​手がかり​が​あり​ます。ヘブライ 11:19を​読む。)「彼​は,神​は​死人​の​中​から​で​も[イサク]を​よみがえらせる​こと​が​できる​と​考え​まし​た」と​記さ​れ​て​い​ます。復活​を​信じ​て​い​た​の​です。アブラハム​は,老齢​の​自分​や​サラ​の​生殖​力​を​エホバ​が​回復​さ​せ​て​くださっ​た​こと​を​知っ​て​い​まし​た。(ヘブ 11:11,12,18)神​に​とっ​て​不可能​な​こと​は​ない​と​理解​し​て​い​た​の​です。ですから,この​試練​の​日​に​何​が​起ころ​う​と​も,愛する​息子​が​生き返っ​て​エホバ​の​約束​すべて​が​成就​する​こと​を​確信​し​て​い​まし​た。アブラハム​は​まさに「信仰​を​持つ​人​すべて​の​父」と​呼ば​れる​に​ふさわしい​人​です。

14. エホバ​に​仕える​うえ​で,どんな​問題​に​直面​する​こと​が​あり​ます​か。アブラハム​の​模範​は​どの​よう​に​助け​に​なり​ます​か。

 14 わたしたち​は​どう​でしょ​う​か。今日,アブラハム​と​同じ​よう​な​こと​は​求め​られ​て​い​ませ​ん。しかし​エホバ​は,わたしたち​が​神​の​命令​に​従う​の​を​難しく​思う​場合​や,その​命令​の​理由​を​理解​でき​ない​場合​で​も,ご自分​に​従う​こと​を​求め​て​おら​れ​ます。あなた​は,行なう​の​が​難しい​と​感じる​こと​が​何​か​あり​ます​か。内気​の​ゆえに,見知ら​ぬ​人​に​良い​たより​を​伝える​の​を​難しく​思う​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。学校​や​職場​で,人​と​違っ​て​いる​こと​へ​の​恐れ​を​感じる​人​も​いる​でしょ​う。(出 23:2。テサ​一 2:2)与え​られ​た​務め​が​自分​の​力​を​超え​て​いる​よう​に​思え,モリヤ​の​山道​を​重い​足取り​で​登っ​て​い​た​アブラハム​の​よう​に​感じる​こと​が​あり​ます​か。もし​そう​なら,アブラハム​と​その​信仰​を​思い巡らし,勇気​を​出し​て​ください。そう​し​た​忠実​な​人々​の​模範​を​熟考​する​なら,その​模範​に​倣い,友​で​ある​エホバ​に​近づき​たい,と​いう​願い​が​強まり​ます。―ヘブ 12:1,2

友情​は​祝福​と​なる

15. アブラハム​は​エホバ​に​忠節​に​従っ​た​こと​を​後悔​し​なかっ​た​はず​です。なぜ​そう​言え​ます​か。

15 アブラハム​は​エホバ​に​忠節​に​従っ​た​こと​を​少し​でも​後悔​し​た​でしょ​う​か。「アブラハム​は​息絶え,良い​齢​に​達し​て​死ん​だ。年老い​て​満ち足り[た]」と​記さ​れ​て​い​ます。(創 25:8)アブラハム​は​自分​の​人生​を​振り返り,満ち足り​た​気持ち​で​175​年​の​生涯​を​閉じ​まし​た。それ​は​エホバ​神​と​の​友情​を​第​一​に​し​た​人生​でし​た。では,「年老い​て​満ち足り[た]」アブラハム​は,人生​を​十分​に​満喫​し​た​の​で,将来​再び​生きる​こと​など​考え​なかっ​た​の​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。

16. アブラハム​は​楽園​で​どんな​喜び​を​経験​する​に​違いあり​ませ​ん​か。

16 聖書​は​アブラハム​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「彼​は​真​の​土台​を​持つ​都市​を​待ち望ん​で​い​た​の​です。その​都市​の​建設​者​また​造り主​は​神​です」。(ヘブ 11:10)アブラハム​は​将来,その​都市​つまり​神​の​王国​が​地​を​支配​する​の​を​見る​こと​を​信じ​て​い​まし​た。その​確信​は​現実​の​もの​と​なり​ます。アブラハム​に​とっ​て,地上​の​楽園​で​生活​し,エホバ​と​の​友情​を​強め​て​ゆく​の​は​感動​的​な​経験​に​なる​でしょ​う。また,自分​の​信仰​が​何千​年​も​の​間,エホバ​の​僕​たち​の​励み​に​なっ​て​き​た​こと​を​知る​なら,どれ​ほど​うれしく​思う​でしょ​う。自分​の​ささげ​よう​と​し​た​犠牲​が​はるか​に​重要​な​犠牲​を​表わし​て​い​た​こと,また​イサク​を​ささげ​よう​と​し​た​時​の​苦しみ​に​つい​て​想像​し​た​大勢​の​人​が,み子​を​贖い​と​され​た​エホバ​の​苦しみ​を​理解​できる​よう​に​なっ​た​こと​を​知る​の​です。(ヨハ 3:16。ヘブ 11:19)アブラハム​の​模範​を​考える​とき,歴史​上​最大​の​愛​の​表明​で​ある​贖い​に​対する​感謝​は​いっそう​深まり​ます。

17. あなた​は​どんな​こと​を​決意​し​て​い​ます​か。次​の​記事​で​は​何​を​学び​ます​か。

17 これ​から​も​アブラハム​の​信仰​に​倣い​ましょ​う。エホバ​に​つい​て​学び​続ける​なら,エホバ​へ​の​忠誠​を​保ち,忠節​な​奉仕​から​得​られる​報い​を​さらに​経験​でき​ます。ヘブライ 6:10‐12を​読む。)エホバ​が​永遠​に​あなた​の​友​と​なっ​て​ください​ます​よう​に。次​の​記事​で​は,エホバ​の​親しい​友​に​なっ​た​3​人​の​忠実​な​人​の​模範​を​考え​ましょ​う。

^ [1](3​節)元々,この​男性​は​アブラム,妻​は​サライ​と​呼ば​れ​て​い​まし​た。この​記事​で​は,エホバ​が​後​に​与え​た​名前​で​ある​アブラハム​と​サラ​を​用い​ます。