アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年2月

喜びを抱いてエホバに仕え続ける

喜びを抱いてエホバに仕え続ける

これ まで  人生  最も 幸福 だっ    いつ です か。結婚    や,最初  子ども  生ま    です か。エホバ   献身  象徴      バプテスマ  受け   でしょ  か。バプテスマ    きっと,あなた  とっ  最も 大切  喜ばしい  だっ   違いあり ませ ん。その  あなた は,心    思い    こめ    愛し  いる こと    表明  まし た。仲間  クリスチャン  それ    大いに 喜ん  こと でしょ う。―マル 12:30

あなた  バプテスマ   以来,エホバ  仕える こと から 大きな 喜び  経験      違いあり ませ ん。しかし,クリスチャン    は,以前 ほど 喜び  感じ   ない  たち   ます。なぜ でしょ  か。でも,喜び  抱い  エホバ  仕え 続ける こと  可能 です。なぜ そう 言え ます か。

喜び  失う 理由

エホバ は,間  なく 現在  邪悪  体制  終わらせ  新しい   もたらす こと  約束   おら  ます。この 王国  音信  大きな 喜び  与え ます。ゼパニヤ 1  14   こう 保証    ます。「エホバ  大いなる   近い。それ  近い。しかも 非常  急い  やっ  来る」。しかし,予想 以上  長く 待た なけれ  なら ない   たら,どう でしょ  か。喜び  薄れ,神   神聖  奉仕    緩め  しまう   しれ ませ ん。―箴 13:12

     健全  交友 は,喜び  抱い  エホバ  仕え 続ける   なり ます。神    りっぱ  行状  よっ    崇拝  引き寄せ られ,エホバ   喜び  奉仕  始める よう  なっ     ます。(ペテ 一 2:12)しかし,仲間  兄弟 姉妹    規準  反する こと    懲らしめ  受け  場合  どう でしょ  か。エホバ    りっぱ  行状  よっ  真理  引き寄せ られ   は,失望   喜び  失っ  しまう   しれ ませ ん。

  商業   宣伝  よっ て,喜び  奪わ れる こと  あり ます。悪魔  この   用い て,実際    必要  もの  必要   思い込ま  よう   ます。ですから,イエス    言葉  覚え  おく   良い こと です。「だれ     主人  奴隷    仕える こと  でき ませ ん。一方  憎ん  他方  愛する か,一方  堅く 付い  他方  侮る   どちら   から です。あなた方       奴隷    仕える こと  でき ませ ん」。(マタ 6:24)この  から できる 限り  もの   よう   ながら,喜び  抱い  エホバ  仕える こと  でき ませ ん。

 「救い    あっ  喜び  あふれ ます」

エホバ  愛する  たち  とっ て,エホバ  仕える こと  重荷   あり ませ ん。(ヨハ 一 5:3)イエス  こう 言い まし た。「すべて,労苦 し,荷  負っ  いる  よ,わたし  ところ   なさい。そうすれば,わたし  あなた方  さわやか    あげ ましょ う。わたし  くびき  負っ て,わたし から 学び なさい。わたし  気質  温和 で,心  へりくだっ    から です。あなた方  自分    とっ  さわやか  もの  見いだす でしょ う。わたし  くびき  心地よく,わたし    軽い  です」。(マタ 11:28‐30)キリスト  弟子  なる  いう くびき  負う なら,さわやか  され,喜び   られ ます。そして,エホバ  仕える こと から 大きな 幸福   味わえ ます。では,「救い    あっ  喜び  あふれ」る こと  できる 3   理由  考え ましょ う。―ハバ 3:18

わたしたち は,命  与え主  ある 幸福    仕え  いる。使徒 17:28。テモ 一 1:11)わたしたち  存在 し,生き   られる  は,創造   おかげ です。ですから,バプテスマ  あと   たっ  も,喜び  抱い    仕え 続け ます。

エクトル は,王国  希望  思い  留め  活発  奉仕 する こと  より,喜び  保っ  いる

旅行 する 監督    40  奉仕   エクトル    考え ましょ う。兄弟 は「白髪  とき」を 迎え   活発 です。(詩 92:12‐14)妻  病気  なり,以前 ほど 奉仕 でき なく なり まし  が,兄弟  喜び  薄れ   ませ ん。エクトル  こう 言い ます。「妻  健康  次第  悪化 する   見る   つらい こと です し,介護  大変 です。でも,真    仕える   喜び です。わたし  生き   られる   創造  エホバ  おかげ です。エホバ  目的  持っ  人間  造ら  まし た。ですから,エホバ  深く 愛し,心  こめ  仕える   当然 です。わたし  宣べ伝える   活発  携わり,喜び  失わ ない よう 王国  希望  思い  向け   ます」。

エホバ  贖い  犠牲  備え,喜び  もっ  生き られる よう    くださっ た。「神    深く 愛し  ご自分  独り子  与え,だれ     信仰  働か せる   滅ぼさ  ない で,永遠    持てる よう  され[まし た]」。(ヨハ 3:16)イエス  贖い  犠牲  いう    ある 備え  信仰  働か せる なら,罪  許さ れ,永遠    得る こと  でき ます。この こと  本当  感謝 できる    あり ませ  か。贖い  対する 感謝  気持ち  あれ ば,喜び  うち  エホバ  仕え たい  思う    ない でしょ  か。

ヘスス  生活  簡素  し,喜び  抱い  エホバ     仕え 

メキシコ  住む ヘスス  いう 兄弟  こう 述べ まし た。「わたし  仕事  奴隷 でし た。自分   なく   いい  に,シフト  仕事  5  連続  する こと  あり まし た。お金  欲しかっ   です。その 後,エホバ  つい  学び,エホバ  人類  ため  大切  み子  与え  くださっ   こと  知り まし た。エホバ  仕え たい  強く 願う よう  なり,エホバ  献身  まし た。そして,28  働い  会社  辞め て,全 時間 奉仕  始め まし た」。ヘスス  それ 以来 ずっ と,喜び  抱い  エホバ  仕え まし た。

わたしたち  生み出す  は,悲しみ   なく 大きな 喜び  もたらす。あなた  エホバ  知る 前,どんな 生き方     まし  か。使徒 パウロ は,ローマ  クリスチャン  以前 は「罪  奴隷  あっ た」もの の,「義  対する 奴隷」に なっ た,と 述べ まし た。彼ら は「神聖    で」実  生み出し     で,永遠    得る 見込み  あり まし た。(ロマ 6:17‐22)わたしたち  清い 生き方    いる  で,不 道徳  暴力     味わう 悲しみ  経験    すみ ます。これ  喜び  大きな 理由 です。

「わたし  エホバ  仕える こと  よっ て,人生  最も 幸福  日々  送っ   ます」。―ハイメ

ハイメ    考え ましょ う。ハイメ  無神   また 進化    あり,ボクシング     まし た。しかし,クリスチャン  集会  出席 する よう  なり,そこで     感銘  受け まし た。それ まで  生き方  改める ため,「あなた  こと  信じ られる よう 助け  ください」と エホバ  祈り まし た。ハイメ  こう 言い ます。「愛 ある  また 憐れみ深い   存在  少し ずつ 信じ られる よう  なり まし た。また,エホバ    規準  従う こと  保護  なっ   まし た。もし 生き方  変え   なかっ たら,死ん      しれ ませ ん。ボクサー 仲間       失っ   たち   ます。わたし  エホバ  仕える こと  よっ て,人生  最も 幸福  日々  送っ   ます」。

あきらめ ない  ください!

この 邪悪  事物  体制  終わり  待つ 間,どんな 態度  保つ べき でしょ  か。「霊  ため  まい  いる」なら「永遠    刈り取る」と いう こと  忘れ ない  ください。「りっぱ  こと  行なう   あきらめ ない よう   ましょ う。うみ疲れ  しまわ ない なら,しかる べき 時節  刈り取る こと  なる から です」。(ガラ 6:8,9)試練  遭う    も,エホバ  助け  よっ  忍耐 し,「大 患難」を 生き残る   必要  特質  培う よう 努力 し,喜び  抱い  エホバ  仕え 続ける こと  でき ます よう に。―啓 7:9,13,14。ヤコ 1:2‐4

忍耐  必ず 報わ  ます。わたしたち  忠実  奉仕 し,神  み名     示す とき,神  その こと  決して お忘れ  なら ない から です。喜び  抱い  エホバ  仕え 続ける なら,詩編 作者 ダビデ    言葉  和する こと  できる でしょ う。「わたし  自分    絶え  エホバ  置き まし た。神  わたし      くださる  で,わたし  よろめかさ れる こと  あり ませ ん。それゆえ,わたし    歓び,わたし  栄光  喜び  傾く  です。また,わたし  肉体  安らか  住む こと でしょ う」。―詩 16:8,9