内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2016年12月

温和さを示す 知恵の道

温和さを示す 知恵の道

介護​士​の​トニー​と​いう​姉妹​が​高齢​の​女性​の​家​を​訪問​し​た​時​の​こと​です。玄関​の​ベル​を​鳴らす​と,応対​に​出​た​その​女性​の​娘​から​怒鳴りつけ​られ​まし​た。来る​の​が​遅い,と​いう​の​です。トニー​は​遅刻​し​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,不快​に​させ​て​しまっ​た​こと​を​穏やか​に​謝り​まし​た。

次​に​訪問​し​た​時​も,その​女性​は​トニー​に​食ってかかり​まし​た。トニー​は​どう​し​た​でしょ​う​か。こう​言い​ます。「正直​な​ところ,冷静​さ​を​保つ​の​は​大変​でし​た。理不尽​な​こと​を​言わ​れ​た​から​です」。それでも​トニー​は​謝り,大変​な​状況​を​理解​し​て​いる​こと​を​伝え​まし​た。

あなた​が​トニー​の​立場​だっ​たら,どう​し​た​でしょ​う​か。温和​に​接し​よう​と​努力​し​まし​た​か。怒り​を​抑える​の​に​苦労​し​た​でしょ​う​か。確か​に,この​よう​な​状況​で​穏やか​さ​を​保つ​の​は​簡単​で​は​ない​でしょ​う。ストレス​を​感じ​たり,いらいら​させ​られ​たり​する​時​は,特に​そう​です。

しかし,聖書​は​クリスチャン​に​温和​さ​を​示す​よう​勧め​て​い​ます。聖書​は​温和​さ​を​知恵​と​結び付け,こう​述べ​て​い​ます。「あなた方​の​中​で​知恵​と​理解​力​の​ある​人​は​だれ​です​か。その​人​は,知恵​に​伴う​温和​さ​を​もっ​て,自分​の​りっぱ​な​行状​の​中​から​その​業​を​示し​なさい」。(ヤコ 3:13)温和​さ​が​上​から​の​知恵​の​表われ​と​言える​の​は​なぜ​でしょ​う​か。どう​すれ​ば​温和​と​いう​特質​を​培え​ます​か。

 温和​さ​を​示す​の​は​知恵​の​道

温和​さ​を​示せ​ば,緊張​を​和らげる​こと​が​できる。「温和​な​答え​は​激しい​怒り​を​遠ざけ,痛み​を​生じ​させる​言葉​は​怒り​を​引き起こす」。箴 15:1

不快​な​状況​に​直面​し​た​時,かっと​なっ​て​しまう​と,状況​は​もっと​悪く​なり​ます。それ​は​火​に​油​を​注ぐ​よう​な​もの​です。(箴 26:21)他方,温和​な​対応​に​は,相手​の​心​を​落ち着か​せる​働き​が​あり​ます。敵対​的​な​人​の​態度​も​和らぐ​か​も​しれ​ませ​ん。

トニー​は​その​こと​を​経験​し​まし​た。先​ほど​の​女性​は,トニー​の​温和​な​態度​に​心​を​動かさ​れ,涙​ながら​に​自分​や​家族​の​問題​に​つい​て​話し​始め​まし​た。良い​証言​が​でき,女性​と​の​聖書​研究​が​取り決まり​まし​た。トニー​の​温和​で​穏やか​な​接し方​が​その​よう​な​結果​を​もたらし​た​の​です。

温和​さ​を​示せ​ば,幸福​に​なる。「温和​な​気質​の​人​たち​は​幸い​です。その​人​たち​は​地​を​受け継ぐ​から​です」。マタ 5:5

温和​な​人​が​幸い​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。かつて​は​荒々しい​性格​だっ​た​多く​の​人​が,温和​さ​を​身​に​着ける​こと​で​幸福​に​なり​まし​た。今​の​生活​が​良く​なり,将来​に​対する​素晴らしい​希望​を​持てる​よう​に​なり​まし​た。(コロ 3:12)スペイン​で​巡回​監督​と​し​て​奉仕​し​て​いる​アドルフォ​は,真理​を​知る​前​の​自分​の​人生​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。

「目的​の​ない​人生​を​送っ​て​い​まし​た。しょっちゅう​怒り​を​爆発​さ​せ​て​い​た​の​で,友人​の​中​に​は,いつ​また​怒り出す​の​で​は​ない​か​と​びくびく​し​て​いる​人​も​い​まし​た。でも,転機​が​訪れ​まし​た。けんか​を​し​て​体​の​6​か所​を​刺され,ひどい​出血​で​死​に​そう​に​なっ​た​の​です」。

クリスチャン​に​なっ​た​今,アドルフォ​は​言葉​と​行動​に​よっ​て,温和​で​ある​こと​の​大切​さ​を​人々​に​教え​て​い​ます。多く​の​人​が​アドルフォ​の​さわやか​で​温厚​な​人柄​に​引き付け​られ​て​い​ます。アドルフォ​は,自分​を​変える​こと​が​でき​て​良かっ​た​と​述べ​て​い​ます。また,温和​さ​を​培える​よう​助け​て​くださっ​た​エホバ​に​感謝​し​て​い​ます。

温和​さ​を​示せ​ば,エホバ​が​喜ん​で​くださる。「我​が​子​よ,賢く​あっ​て,わたし​の​心​を​歓ばせ​よ。わたし​を​嘲弄​し​て​いる​者​に​わたし​が​返答​する​ため​で​ある」。箴 27:11

エホバ​は,大​敵対​者​で​ある​悪魔​から​嘲弄​さ​れ​て​い​ます。その​よう​な​侮辱​に​対し​て,怒り​に​任せ​て​行動​する​こと​も​できる​はず​です。しかし​聖書​に​よる​と,エホバ​は「怒る​こと​に​遅[い]」方​です。(出 34:6)わたしたち​が​神​に​倣っ​て,怒る​こと​に​遅く​あり,温和​さ​を​示す​よう​努力​する​なら,神​を​大いに​喜ばせる​知恵​の​道​を​歩ん​で​いる​こと​に​なり​ます。―エフェ 5:1

現在​の​世界​に​は,怒り​や​敵意​を​表わす​人​が​少なく​あり​ませ​ん。「うぬぼれる​者,ごう慢​な​者,冒とく​する​者,……中傷​する​者,自制​心​の​ない​者,粗暴​な​者」が​大勢​おり,実際​に​その​よう​な​人​に​会う​こと​も​あり​ます。(テモ​二 3:2,3)だから​と​いっ​て,温和​さ​を​培う​努力​を​やめ​て​は​なり​ませ​ん。聖書​に​よれ​ば,「上​から​の​知恵​は……平和​を​求め,道理​に​かな」っ​て​い​ます。(ヤコ 3:17)平和​を​求め,道理​を​わきまえ​た​態度​を​示す​なら,神​の​知恵​に​従っ​て​いる​こと​に​なり​ます。その​よう​な​知恵​が​あれ​ば,いらいら​させ​られる​よう​な​状況​で​も​温和​さ​を​示す​こと​が​でき​ます。そして,無限​の​知恵​の​源​で​ある​エホバ​に​いっそう​近づく​こと​が​できる​でしょ​う。