アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年12月

 ライフ  ストーリー

「あらゆる人に対してあらゆるもの」となる

「あらゆる人に対してあらゆるもの」となる

「お前  バプテスマ  受け たら,家    行く ぞ」。父    そう 言っ    1941   こと です。それでも   決意  曲げ ず,エホバ    献身  象徴    バプテスマ  受け まし た。父  言葉 通り,家    行き まし た。当時,わたし  8  でし た。

わたし  聖書  真理  関心  あり まし た。母    入れ  聖書  出版   読ん で,その 内容  引き込ま  まし た。特に 挿絵  好き でし た。父    わたし  聖書  つい  話す   快く 思っ   ませ  でし た。でも,わたし  聖書  こと  知り たく    いろいろ 質問    で,父     ない   聖書 研究    くれ まし た。わたし  エホバ  生涯 お仕え する こと  決意 し,英国 ブラックプール  バプテスマ  受け まし た。1943 年,10     こと です。

エホバ   奉仕  始める

わたし      定期   野外 奉仕  参加  まし た。当時  伝道  蓄音   使っ   まし た。重さ  4   ある 大きな 蓄音  を,小さな 子ども  苦労   運ぶ 姿  ご想像 いただける でしょ  か。

14   ころ  は,開拓   なり たい  思う よう  なっ   まし た。その こと    話す と,まず 兄弟 たち  僕(現在  巡回 監督)に 相談 する よう   言わ  まし た。僕  兄弟  わたし に,開拓      自活 する ため  仕事  技術    着ける よう 勧め まし た。その アドバイス  従っ  2  ほど 働い  から,別  巡回 監督  開拓 奉仕  つい  相談 する と,「ぜひ やっ    ください」と 言わ  まし た。

1949  4 月,わたし    家具  すべて 処分   マンチェスター  近く  ミドルトン  引っ越し,開拓 奉仕  始め まし た。4 か月 後,わたし  開拓 奉仕  パートナー  兄弟  見つけ,支部 事務   勧め  アーラム  移動  まし た。そこ   会衆  設立    ばかり でし た。母    会衆  姉妹  一緒  開拓 奉仕  行なう こと  なり まし た。

当時,わたし  まだ 17  でし  が,わたし  パートナー  集会  司会 する 割り当て  受け まし た。その 新しい 会衆  は,資格 ある 兄弟  あまり  なかっ  から です。後  わたし は,伝道   少なく  援助  必要  ボクストン 会衆  移動 する よう 勧め られ まし た。若い ころ  そう   経験  その   割り当て  良い 訓練  なっ   思い ます。

ニューヨーク  ロチェスター  兄弟 姉妹  一緒  公開 講演  宣伝    いる。1953 

1951 年,わたし  ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校   入校  申し込み ます。しかし 1952  12 月,徴兵  ため 出頭 する よう    通達  受け まし た。全 時間  聖職     徴兵  免除  求め  まし   認め られ ず,6 か月    言い渡さ  まし た。まだ 刑務   いる   ギレアデ  22    招待  受け まし た。釈放   1953  7  に,ジョージック   いう   ニューヨーク  向かい まし た。

ニューヨーク  到着   すぐ,1953  の「新しい   社会 大会」に 出席 する こと  でき まし た。大会  後,列車 で,ギレアデ  開か れる ニューヨーク  サウスランシング  行き まし た。刑務     ばかり  お金  ほとんど なく,駅 から バス  サウスランシング  向かう 際,運賃  支払う ため    乗客 から 25  借り なけれ  なり ませ  でし た。

外国   奉仕

ギレアデ  は,宣教    て「あらゆる   対し  あらゆる もの」と なる ため  素晴らしい 訓練  受け まし た。(コリ 一 9:22)わたし  パウル  ブルーン,レーモンド  リーチ   に,フィリピン  割り当て られ まし た。ビザ  下りる    か月 待っ  後,船  フィリピン  向かい まし た。ロッテルダム,地中海,スエズ 運河,インド洋,マレーシア,香港<ホンコン>を 経由 する 47     でし た。1954  11  19 日,ついに マニラ  到着  まし た。

宣教  仲間  レーモンド  リーチ  一緒  フィリピン まで 47    船旅   

新た  習慣,土地,言語 など,いろいろ  もの  順応  なけれ  なり ませ  でし た。もっとも,わたしたち 3   最初  割り当て られ    ケソンシティ  会衆 で,区域  人々  多く  英語  話し まし た。それで,最初  半年   覚え  タガログ   単語 は,数える ほど でし た。しかし その 後,新た  割り当て  受け,それ だけ   やっ  いけ なく なり まし た。

1955  5   ある   こと です。リーチ 兄弟  わたし  野外 奉仕  終え    帰る と,部屋  手紙  届い   まし た。自分 たち  巡回 監督  任命    こと  知り まし た。わたし  まだ 22  でし た。でも この 奉仕  通し て,「あらゆる   対し  あらゆる もの」と なる 経験  積む こと  でき まし た。

ビコル   巡回 大会  公開 講演    いる

例えば,巡回 監督    最初  公開 講演  行なっ   は,村  ある    でし た。当時  フィリピン  は,公開 講演  文字通り   場所  行なわ      です。その   巡回 訪問  も,戸外  休憩 所,市場,バスケットボール  コート,公園,公会    など     まし た。街角  講演 する こと  よく あり まし た。サン  パブロ   会衆  は,市場  講演  行なう 予定 でし   土砂降り  でき ませ  でし た。それで,王国 会館  公開 講演  する こと  責任 ある 兄弟 たち  勧め まし た。後 ほど,その 兄弟 たち から,この 集会  公開 講演  報告  含め   よい   尋ね られ まし た。“公  場所”で 行なわ  なかっ  から です。

巡回 訪問   いつも 兄弟 たち    泊め  もらい まし た。兄弟 たち    簡素   いえ,清潔 でし た。夜 は,木      敷物  敷い  休み まし た。屋外  目立た ない よう    洗う 方法  学び まし た。移動 手段  ジープニー  バス で,ほか    行く     使い まし た。自動   持っ  こと  一度  あり ませ ん。

正式  言語 コース  タガログ   学ん  こと  あり ませ ん。野外 奉仕  集会  兄弟 姉妹  タガログ   聞い  学び まし た。兄弟 姉妹  辛抱強く 教え  くれ まし た。率直  間違い  指摘   くれ  こと   感謝    ます。

その   新しい 割り当て  受け,いろいろ  状況  自分  合わせ なけれ  なり ませ  でし た。1956   ネイサン  ノア 兄弟  フィリピン  訪問     全国 大会  開か れ,わたし  広報   仕事  割り当て られ まし た。全く 経験  ない わたし を,兄弟 たち  惜しみなく 援助   くれ まし た。それ から 1  足ら   うち に,別  全国 大会  開か れる こと  なり,世界 本部 から フレデリック  フランズ 兄弟  フィリピン   まし た。大会 監督    奉仕   わたし は,人々  進ん  自分  合わせ よう  する フランズ 兄弟 から 多く  学び まし た。兄弟  フィリピン  伝統   衣装  ある バロン  タガログ    公開 講演  行なっ  時,フィリピン  兄弟 姉妹  大喜び  まし た。

地域 監督    奉仕 する よう  なっ  から も,様々  状況  対応 する こと  大切   学び まし た。当時,「幸福  新しい   社会」と いう 映画  上映    まし た。屋外  公共  場所  上映 する こと  多く,虫  悩まさ  まし た。プロジェクター  明かり  引き寄せ られ    装置    入っ  しまっ  から です。あと  装置  掃除 する   一苦労  まし た。こう   集会  組織 する   大変 でし  が,エホバ  証人  国際   組織  つい  知らせる こと  でき    喜び でし た。

カトリック  聖職  たち  地元  当局   圧力  かけ,大会  開催 許可  下り ない よう  する こと  あり まし た。教会  近く  講演  行なわ  れる   いつも,教会    鳴らし    妨害  まし た。それでも 宣べ伝える 活動  熱心  続け られ,今   そう   地域  大勢  エホバ  崇拝    ます。

自分  合わせる こと  さらに 求め られる

1959 年,1   手紙  受け取り まし た。支部 事務   奉仕 する よう 割り当て られ   です。支部  奉仕 する よう  なっ  から も,多く  こと  学び まし た。地帯 訪問    国々  行く 割り当て  受け,その よう  機会 に,タイ  宣教     奉仕     ジャネット  デュモンド  知り合い まし た。わたしたち  しばらく 文通 し,その 後,結婚  まし た。これ まで 51  間,夫婦  エホバ  幸福  お仕え する 日々  送っ   ます。

フィリピン  ある  で,ジャネット   

これ まで  33 か国  エホバ    訪問 する 喜び  味わっ   まし た。若い ころ  経験   事柄 が,様々    文化  人々  接する うえ  役立ち まし た。こう   訪問  通し て,自分  見方  もっと 広げる こと  でき まし  し,あらゆる 人々  受け入れる エホバ    大きさ  実感 する こと  でき まし た。―使徒 10:34,35

定期   伝道  行なう よう 努力   いる

  変化  対応   いる

フィリピン  兄弟 姉妹  一緒  奉仕 できる   本当  喜び です。わたし  この       比べる と,伝道     10  ほど  なり まし た。ジャネット  わたし は,ケソンシティ  ある フィリピン  支部 事務    奉仕  続け   ます。外国  60  以上 奉仕      も,エホバ  求め  おら れる 事柄  進ん  自分  合わせる 必要  あり ます。最近  組織   様々  調整  あっ  ため,変化  柔軟  対応 する こと  求め られ   ます。

エホバ  証人  増加  見る   喜び

エホバ  ご意志    あれ 受け入れる よう     まし た。それ  本当  満足  いく 生き方 です。兄弟 たち  効果   仕え られる よう,様々  状況  自分  合わせる 努力  払っ   まし た。これ から  エホバ  ご意志  従い,「あらゆる   対し  あらゆる もの」に なり たい,と  から 願っ   ます。

  ケソンシティ  支部 事務   奉仕   いる