「お前​が​バプテスマ​を​受け​たら,家​を​出​て​行く​ぞ」。父​が​母​に​そう​言っ​た​の​は​1941​年​の​こと​です。それでも​母​は​決意​を​曲げ​ず,エホバ​神​へ​の​献身​の​象徴​と​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。父​は​言葉​通り,家​を​出​て​行き​まし​た。当時,わたし​は​8​歳​でし​た。

わたし​も​聖書​の​真理​に​関心​が​あり​まし​た。母​が​手​に​入れ​た​聖書​の​出版​物​を​読ん​で,その​内容​に​引き込ま​れ​まし​た。特に​挿絵​が​好き​でし​た。父​は​母​が​わたし​に​聖書​に​つい​て​話す​の​を​快く​思っ​て​い​ませ​ん​でし​た。でも,わたし​は​聖書​の​こと​を​知り​たく​て​母​に​いろいろ​質問​し​た​の​で,父​が​家​に​い​ない​時​に​聖書​研究​を​し​て​くれ​まし​た。わたし​も​エホバ​に​生涯​お仕え​する​こと​を​決意​し,英国​ブラックプール​で​バプテスマ​を​受け​まし​た。1943​年,10​歳​の​時​の​こと​です。

エホバ​へ​の​奉仕​を​始める

わたし​は​母​と​共​に​定期​的​に​野外​奉仕​に​参加​し​まし​た。当時​は​伝道​で​蓄音​機​を​使っ​て​い​まし​た。重さ​が​4​㌔​も​ある​大きな​蓄音​機​を,小さな​子ども​が​苦労​し​て​運ぶ​姿​を​ご想像​いただける​でしょ​う​か。

14​歳​の​ころ​に​は,開拓​者​に​なり​たい​と​思う​よう​に​なっ​て​い​まし​た。その​こと​を​母​に​話す​と,まず​兄弟​たち​の​僕(現在​の​巡回​監督)に​相談​する​よう​に​と​言わ​れ​まし​た。僕​の​兄弟​は​わたし​に,開拓​ 者​と​し​て​自活​する​ため​に​仕事​の​技術​を​身​に​着ける​よう​勧め​まし​た。その​アドバイス​に​従っ​て​2​年​ほど​働い​て​から,別​の​巡回​監督​に​開拓​奉仕​に​つい​て​相談​する​と,「ぜひ​やっ​て​み​て​ください」と​言わ​れ​まし​た。

1949​年​4​月,わたし​と​母​は​家具​を​すべて​処分​し​て​マンチェスター​の​近く​の​ミドルトン​へ​引っ越し,開拓​奉仕​を​始め​まし​た。4​か月​後,わたし​は​開拓​奉仕​の​パートナー​の​兄弟​を​見つけ,支部​事務​所​の​勧め​で​アーラム​に​移動​し​まし​た。そこ​で​は​会衆​が​設立​さ​れ​た​ばかり​でし​た。母​は​別​の​会衆​の​姉妹​と​一緒​に​開拓​奉仕​を​行なう​こと​に​なり​まし​た。

当時,わたし​は​まだ​17​歳​でし​た​が,わたし​も​パートナー​も​集会​を​司会​する​割り当て​を​受け​まし​た。その​新しい​会衆​に​は,資格​ある​兄弟​が​あまり​い​なかっ​た​から​です。後​に​わたし​は,伝道​者​が​少なく​て​援助​の​必要​な​ボクストン​会衆​へ​移動​する​よう​勧め​られ​まし​た。若い​ころ​の​そう​し​た​経験​は​その​後​の​割り当て​の​良い​訓練​に​なっ​た​と​思い​ます。

ニューヨーク​州​ロチェスター​で​兄弟​姉妹​と​一緒​に​公開​講演​の​宣伝​を​し​て​いる。1953​年

1951​年,わたし​は​ものみの塔​ギレアデ​聖書​学校​へ​の​入校​を​申し込み​ます。しかし​1952​年​12​月,徴兵​の​ため​出頭​する​よう​に​と​の​通達​を​受け​まし​た。全​時間​の​聖職​者​と​し​て​徴兵​の​免除​を​求め​ まし​た​が​認め​られ​ず,6​か月​の​刑​を​言い渡さ​れ​まし​た。まだ​刑務​所​に​いる​間​に​ギレアデ​第​22​期​へ​の​招待​を​受け​まし​た。釈放​後​の​1953​年​7​月​に,ジョージック​号​と​いう​船​で​ニューヨーク​へ​向かい​まし​た。

ニューヨーク​に​到着​し​て​すぐ,1953​年​の「新しい​世​の​社会​大会」に​出席​する​こと​が​でき​まし​た。大会​の​後,列車​で,ギレアデ​の​開か​れる​ニューヨーク​州​サウスランシング​へ​行き​まし​た。刑務​所​を​出​た​ばかり​で​お金​が​ほとんど​なく,駅​から​バス​で​サウスランシング​へ​向かう​際,運賃​を​支払う​ため​に​他​の​乗客​から​25​㌣​借り​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。

外国​で​の​奉仕

ギレアデ​で​は,宣教​者​と​し​て「あらゆる​人​に​対し​て​あらゆる​もの」と​なる​ため​の​素晴らしい​訓練​を​受け​まし​た。(コリ​一 9:22)わたし​は​パウル​・​ブルーン,レーモンド​・​リーチ​と​共​に,フィリピン​に​割り当て​られ​まし​た。ビザ​が​下りる​の​を​数​か月​待っ​た​後,船​で​フィリピン​に​向かい​まし​た。ロッテルダム,地中海,スエズ​運河,インド洋,マレーシア,香港<ホンコン>を​経由​する​47​日​間​の​旅​でし​た。1954​年​11​月​19​日,ついに​マニラ​に​到着​し​まし​た。

宣教​者​仲間​の​レーモンド​・​リーチ​と​一緒​に​フィリピン​まで​47​日​間​の​船旅​を​し​た

新た​な​習慣,土地,言語​など,いろいろ​な​もの​に​順応​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。もっとも,わたしたち​3​人​が​最初​に​割り当て​られ​た​の​は​ケソンシティ​の​会衆​で,区域​の​人々​の​多く​は​英語​を​話し​まし​た。それで,最初​の​半年​間​に​覚え​た​タガログ​語​の​単語​は,数える​ほど​でし​た。しかし​その​後,新た​な​割り当て​を​受け,それ​だけ​で​は​やっ​て​いけ​なく​なり​まし​た。

1955​年​5​月​の​ある​日​の​こと​です。リーチ​兄弟​と​わたし​が​野外​奉仕​を​終え​て​家​に​帰る​と,部屋​に​手紙​が​届い​て​い​まし​た。自分​たち​が​巡回​監督​に​任命​さ​れ​た​こと​を​知り​まし​た。わたし​は​まだ​22​歳​でし​た。でも​この​奉仕​を​通し​て,「あらゆる​人​に​対し​て​あらゆる​もの」と​なる​経験​を​積む​こと​が​でき​まし​た。

ビコル​語​の​巡回​大会​で​公開​講演​を​し​て​いる

例えば,巡回​監督​と​し​て​最初​の​公開​講演​を​行なっ​た​の​は,村​の​ある​店​の​前​でし​た。当時​の​フィリピン​で​は,公開​講演​は​文字通り​公​の​場所​で​行なわ​れ​て​い​た​の​です。その​後​の​巡回​訪問​で​も,戸外​の​休憩​所,市場,バスケットボール​の​コート,公園,公会​堂​の​前​など​で​話​を​し​まし​た。街角​で​講演​する​こと​も​よく​あり​まし​た。サン​・​パブロ​市​の​会衆​で​は,市場​で​講演​を​行なう​予定​でし​た​が​土砂降り​で​でき​ませ​ん​でし​た。それで,王国​会館​で​公開​講演​を​する​こと​を​責任​ある​兄弟​たち​に​勧め​まし​た。後​ほど,その​兄弟​たち​から,この​集会​は​公開​講演​の​報告​に​含め​て​も​よい​か​と​尋ね​られ​まし​た。“公​の​場所”で​行なわ​れ​なかっ​た​から​です。

巡回​訪問​中​は​いつも​兄弟​たち​の​家​に​泊め​て​もらい​まし​た。兄弟​たち​の​家​は​簡素​と​は​いえ,清潔​でし​た。夜​は,木​の​床​の​上​に​敷物​を​敷い​て​休み​まし​た。屋外​で​目立た​ない​よう​に​体​を​洗う​方法​も​学び​まし​た。移動​手段​は​ジープニー​か​バス​で,ほか​の​島​へ​行く​時​は​船​を​使い​まし​た。自動​車​を​持っ​た​こと​は​一度​も​あり​ませ​ん。

正式​な​言語​コース​で​タガログ​語​を​学ん​だ​こと​は​あり​ませ​ん。野外​奉仕​や​集会​で​兄弟​姉妹​の​タガログ​語​を​聞い​て​学び​まし​た。兄弟​姉妹​は​辛抱強く​教え​て​くれ​まし​た。率直​に​間違い​を​指摘​し​て​くれ​た​こと​に​も​感謝​し​て​い​ます。

その​後​も​新しい​割り当て​を​受け,いろいろ​な​状況​に​自分​を​合わせ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。1956​年​に​ネイサン​・​ノア​兄弟​が​フィリピン​を​訪問​し​た​際​に​全国​大会​が​開か​れ,わたし​は​広報​ の​仕事​を​割り当て​られ​まし​た。全く​経験​の​ない​わたし​を,兄弟​たち​は​惜しみなく​援助​し​て​くれ​まし​た。それ​から​1​年​足ら​ず​の​うち​に,別​の​全国​大会​が​開か​れる​こと​に​なり,世界​本部​から​フレデリック​・​フランズ​兄弟​が​フィリピン​に​来​まし​た。大会​監督​と​し​て​奉仕​し​た​わたし​は,人々​に​進ん​で​自分​を​合わせ​よう​と​する​フランズ​兄弟​から​多く​を​学び​まし​た。兄弟​が​フィリピン​の​伝統​的​な​衣装​で​ある​バロン​・​タガログ​を​着​て​公開​講演​を​行なっ​た​時,フィリピン​の​兄弟​姉妹​は​大喜び​し​まし​た。

地域​監督​と​し​て​奉仕​する​よう​に​なっ​て​から​も,様々​な​状況​に​対応​する​こと​の​大切​さ​を​学び​まし​た。当時,「幸福​な​新しい​世​の​社会」と​いう​映画​を​上映​し​て​い​まし​た。屋外​の​公共​の​場所​で​上映​する​こと​が​多く,虫​に​悩まさ​れ​まし​た。プロジェクター​の​明かり​に​引き寄せ​られ​た​虫​が​装置​の​中​に​入っ​て​しまっ​た​から​です。あと​で​装置​を​掃除​する​の​に​一苦労​し​まし​た。こう​し​た​集会​を​組織​する​の​は​大変​でし​た​が,エホバ​の​証人​の​国際​的​な​組織​に​つい​て​知らせる​こと​が​でき​た​の​は​喜び​でし​た。

カトリック​の​聖職​者​たち​が​地元​の​当局​者​に​圧力​を​かけ,大会​の​開催​許可​が​下り​ない​よう​に​する​こと​も​あり​まし​た。教会​の​近く​で​講演​が​行なわ​ れる​時​は​いつも,教会​の​鐘​を​鳴らし​て​話​を​妨害​し​まし​た。それでも​宣べ伝える​活動​は​熱心​に​続け​られ,今​で​は​そう​し​た​地域​に​大勢​の​エホバ​の​崇拝​者​が​い​ます。

自分​を​合わせる​こと​が​さらに​求め​られる

1959​年,1​通​の​手紙​を​受け取り​まし​た。支部​事務​所​で​奉仕​する​よう​割り当て​られ​た​の​です。支部​で​奉仕​する​よう​に​なっ​て​から​も,多く​の​こと​を​学び​まし​た。地帯​訪問​で​他​の​国々​へ​行く​割り当て​も​受け,その​よう​な​機会​に,タイ​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​た​ジャネット​・​デュモンド​と​知り合い​まし​た。わたしたち​は​しばらく​文通​し,その​後,結婚​し​まし​た。これ​まで​51​年​間,夫婦​で​エホバ​に​幸福​に​お仕え​する​日々​を​送っ​て​い​ます。

フィリピン​の​ある​島​で,ジャネット​と​共​に

これ​まで​に​33​か国​の​エホバ​の​民​を​訪問​する​喜び​を​味わっ​て​き​まし​た。若い​ころ​に​経験​し​た​事柄​が,様々​な​国​や​文化​の​人々​と​接する​うえ​で​役立ち​まし​た。こう​し​た​訪問​を​通し​て,自分​の​見方​を​もっと​広げる​こと​が​でき​まし​た​し,あらゆる​人々​を​受け入れる​エホバ​の​愛​の​大きさ​を​実感​する​こと​も​でき​まし​た。―使徒 10:34,35

定期​的​に​伝道​を​行なう​よう​努力​し​て​いる

今​も​変化​に​対応​し​て​いる

フィリピン​の​兄弟​姉妹​と​一緒​に​奉仕​できる​の​は​本当​に​喜び​です。わたし​が​この​国​に​来​た​時​に​比べる​と,伝道​者​の​数​は​10​倍​ほど​に​なり​まし​た。ジャネット​と​わたし​は,ケソンシティ​に​ある​フィリピン​の​支部​事務​所​で​の​奉仕​を​続け​て​い​ます。外国​で​60​年​以上​奉仕​し​て​き​た​今​も,エホバ​の​求め​て​おら​れる​事柄​に​進ん​で​自分​を​合わせる​必要​が​あり​ます。最近​も​組織​上​の​様々​な​調整​が​あっ​た​ため,変化​に​柔軟​に​対応​する​こと​が​求め​られ​て​い​ます。

エホバ​の​証人​の​増加​を​見る​の​は​喜び

エホバ​の​ご意志​を​何​で​あれ​受け入れる​よう​に​し​て​き​まし​た。それ​は​本当​に​満足​の​いく​生き方​です。兄弟​たち​に​効果​的​に​仕え​られる​よう,様々​な​状況​に​自分​を​合わせる​努力​を​払っ​て​き​まし​た。これ​から​も​エホバ​の​ご意志​に​従い,「あらゆる​人​に​対し​て​あらゆる​もの」に​なり​たい,と​心​から​願っ​て​い​ます。

今​も​ケソンシティ​の​支部​事務​所​で​奉仕​し​て​いる