アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年11月

闇から光へ呼び入れられる

闇から光へ呼び入れられる

「[エホバ は]闇 から ご自分  驚く べき     呼び入れ  くださっ た」。―ペテ 一 2:9

歌: 116,102

1. エルサレム  どの よう  滅ぼさ  まし  か。

西暦  607 年,王 ネブカドネザル 2   率いる バビロニア  大軍  エルサレム   攻め込ん   まし た。その    虐殺  つい て,聖書  こう 述べ   ます。「[ネブカドネザル]は その  なる     彼ら  若者 たち    殺し た。彼  若者   処女  も,年寄り   老衰      同情  覚え なかっ た。……さらに,彼  まこと      焼き,エルサレム  城壁  取り壊し た。その 住まい    みな,彼ら    焼き,また その 好ましい 品物  みな 焼き,壊滅   た」。― 二 36:17,19

2. エホバ は,エルサレム  滅び  つい  どんな 警告  与え  おら  まし  か。ユダヤ    どんな こと  生じる  予告     まし  か。

2 エルサレム  滅び は,住民  とっ  意外  こと   あり ませ  でし た。神  預言  たち  長年 ユダヤ  に,神  律法  無視  続ける なら バビロニア     渡さ れる,と 警告     から です。多く  ユダヤ       倒れ,死  免れ   たち  バビロン  流刑  される,と 予告     まし た。(エレ 15:2)ユダヤ   捕囚 中,どんな 生活  送っ   でしょ  か。クリスチャン  時代  も,バビロン   捕囚    こと  生じ  でしょ  か。もし 生じ   すれ ば,それ  いつ  こと でし  か。

 捕囚   生活

3. バビロン   捕囚 は,イスラエル   エジプト  経験   奴隷 状態   どの よう  異なっ   まし  か。

3 預言  たち  予告     とおり  なり まし た。エホバ  ユダヤ  に,流刑   新た  状況  受け入れ て,その 状況  できる 限り 活用 する よう 勧め まし た。エレミヤ  通し  こう 言わ  まし た。「家  建て て[バビロン]に 住み,園  設け  その   食べよ。また,わたし  あなた方  流刑  処し  行か   都市  平安  求め,その 都市  ため  エホバ  祈れ。その 平安  うち に,あなた方  平安  ある から  ある」。(エレ 29:5,7)神  ご意志  従っ  人々 は,バビロン  比較  平穏  生活  送る こと  でき まし た。バビロニア  は,ユダヤ   生活   様々  事柄 を,ある 程度 自分 たち  決める こと  許し   まし た。国内  行き来 する 自由 さえ あり まし た。バビロン  古代 世界  おける 貿易  商業  中心  でし た。出土   文書  よる と,ユダヤ   バビロン   取引  つい  学ん だり,熟練   職人  なっ たり  まし た。裕福  なっ   たち さえ  まし た。バビロン   捕囚 は,イスラエル   過去  エジプト  経験   奴隷 状態   全く 異なっ     です。―出エジプト 記 2:23‐25  読む。

4. 反逆   イスラエル  以外  も,だれ  バビロン  つらい 状況  忍ば なけれ  なり ませ  でし  か。エホバ    崇拝  どの よう  制限     まし  か。

4 捕囚   ユダヤ   物質   必要  満たさ    まし  が,霊的  必要  どう だっ  でしょ  か。エホバ  神殿  祭壇 もろとも 破壊 され,祭司   組織 立っ  仕方  機能    ませ  でし た。流刑  され  ユダヤ        忠実   たち   まし た。彼ら  処罰  れる よう  こと       ませ  でし  が,他  ユダヤ     つらい 状況  忍ば なけれ  なり ませ  でし た。それでも,神  律法  守る ため  できる こと  行ない まし た。例えば,ダニエル  3   友,シャデラク,メシャク,アベデネゴ は,ユダヤ   禁じ られ    食物  避け まし た。また ダニエル は,定期     祈り  ささげる 習慣  保ち まし た。(ダニ 1:8; 6:10)と  いえ,異教 国家  支配   律法  すべて 守り行なう こと  不可能 でし た。

5. エホバ  ご自分    どんな 希望  お与え  なり まし  か。その 約束  注目  べき もの だっ    なぜ です か。

5 イスラエル     全く 受け入れ られる 仕方  崇拝  行なえる  は,再び 訪れる  でしょ  か。当時,それ  難しい こと  思え  でしょ う。バビロニア   捕虜  釈放 する こと  なかっ  から です。しかし その よう  方針 は,エホバ   とっ   全く  意味 でし た。エホバ  ご自分    自由  する  約束   おら れ,実際 その とおり  なり まし た。神  約束  必ず 果たさ れる  です。―イザ 55:11

現代   類似   ある 

6,7. 現代  バビロン 捕囚  関する 理解  調整 する こと  適切  言える   なぜ です か。

6 クリスチャン は,バビロン 捕囚    こと  経験  まし  か。本誌  長年,神  現代   たち  1918   大いなる バビロン  捕らわれ,1919   解放   た,と 述べ   まし た。しかし,この    検討 する こと  必要  なり まし た。この 記事    記事  は,その 理由  説明   ます。

7 大いなる バビロン  は,偽り  宗教  世界 帝国  こと です。ですから,神    1918   バビロン  捕らわれ   すれ ば,その    何らか  仕方  偽り  宗教  隷属 状態  なっ  こと  なり ます。しかし 事実 から する と,神  油そそが    たち     世界 大戦 まで  数十  間,大いなる バビロン から 自由  なり つつ あり まし た。隷属 状態  なっ  わけ   あり ませ ん。確か に,油そそが    たち     世界 大戦 中,迫害  受け まし た。しかし,その 迫害  おもに 政府 から  もの  あり,大いなる バビロン から  もの   あり ませ  でし た。ですから,1918   大いなる バビロン  捕らわれ た,と  考え られ ませ ん。

バビロン  捕らわれ    いつか

8.   キリスト   どの よう  腐敗   いき まし  か。(冒頭  挿絵  参照。)

8 西暦 33   ペンテコステ  時,何千    ユダヤ   改宗   聖霊  油そそが  まし た。それら 新た  クリスチャン は「選ば   種族,王 なる 祭司,聖 なる 国民,特別  所有   なる 民」と なり まし た。ペテロ  一 2:9,10  読む。)使徒 たち  生き  いる 間,神    会衆  注意深く 見守り まし た。しかし,特に 使徒 たち  死後,「弟子 たち  引き離し  自分  つか  よう    曲がっ  事柄  言う  たち」が 起こり まし た。(使徒 20:30。テサ 二 2:6‐8)それら   たち  多く  会衆  責任 ある 立場  おり,監督    奉仕    まし た。後   司教 など  称号  呼ば れる こと  なり ます。イエス  追随  たち に「あなた方  みな 兄弟」で ある  教え      かかわら ず,聖職  階級  次第  形成    いっ   です。(マタ 23:8)アリストテレス  プラトン  哲学  魅了    著名  人々 は,偽り  宗教  教え  受け入れ,聖書  清い 教え  徐々  塗り替え  いき まし た。

9. 背教   キリスト  は,どの よう    ローマ 帝国  後ろ盾   まし  か。どんな 結果  生じ まし  か。

9 西暦 313 年,この 背教   キリスト  は,異教 ローマ  皇帝 コンスタンティヌス  よっ  法的 認可  与え られ まし た。それ 以降,教会  国家    組む よう  なり ます。例えば コンスタンティヌス は,自ら 主催   ニカイア 公会議  後,イエス    認め なかっ  司祭  アリウス  追放  まし た。後 に,皇帝 テオドシウス 1 世(西暦 379‐395 年)は,カトリック 教会    知ら れる よう  なっ  腐敗   キリスト  を,ローマ 帝国  国教   まし た。歴史  たち は,異教 ローマ  4 世紀 に“キリスト  化”し   言い ます。しかし 実際  は,背教   キリスト   すでに 異教  教え  受け入れ,大いなる バビロン  一部  なっ     です。その よう  中,小麦  よう  少数  油そそが   クリスチャン は,最善  尽くし    崇拝    まし た。しかし,彼ら    徐々  かき消さ   いき まし た。マタイ 13:24,25,37‐39  読む。)彼ら  バビロン  捕らわれ     です。

10. 教会  教え  疑い  持つ  たち      なぜ です か。

10 それでも,西暦 紀元   最初   世紀,多く    ギリシャ   ラテン   聖書  読む こと  でき まし た。ですから,聖書  教え  教会  教え  比較 でき   です。中  は,聖書  内容  基づき,教会   聖書   教義  退ける    まし た。しかし,教会  対する 反対 意見    述べる こと は,命  かかわる 危険  こと でし た。

11. 聖職  たち は,人々  聖書  読め ない よう  する ため,どんな こと   まし  か。

11 やがて,ギリシャ   ラテン   あまり 使わ  なく なっ  いき まし た。また 教会  聖書  を,一般  人々  話す 言語  翻訳 する 努力  阻止  よう   まし た。その 結果,聖書  読める  は,聖職   教育  受け  一部  人々 だけ  なっ  しまい まし た。もっとも,十分  読み書き  でき ない 聖職  たち   まし た。教会  教え  反対 意見  述べる   厳しく 処罰   まし た。油そそが   忠実     たち は,目立た ない 仕方  集まり合わ なけれ  なり ませ  でし た。それ さえ 難しい こと  あり まし た。古代  バビロン 捕囚    よう に,油そそが  た「王 なる 祭司」の 祭司   組織 立っ  仕方  機能    ませ  でし た。大いなる バビロン は,彼ら  しっかり  拘束      です。

  さし 始める

12,13. 大いなる バビロン  拘束   幾らか 弱まっ    なぜ です か。2   要因  つい  説明   ください。

12   クリスチャン は,神  受け入れ られる 仕方    崇拝  行なう 自由   られる  でしょ  か。喜ばしい こと に,霊的    かすか    さし 始め まし た。2   大きな 要因  あり ます。1  は,15 世紀 半ば  活版 印刷   発明    こと です。西洋 諸国  印刷  行なわ れる 前,聖書      書き写さ    まし た。それ    折れる 仕事 でし た。聖書  写本  希少  高価 でし た。熟練   写字   聖書 全巻  写本  1  作る   10 か月 かかっ   言わ    ます。しかも,羊皮  など 写本  用い られ  材料  高価 でし た。他方,熟練   技師  印刷     使え ば,1   1300 ページ  印刷 でき   です。

印刷   発明  勇敢  聖書 翻訳  たち  おかげ で,大いなる バビロン  拘束   弱まっ た(12,13   参照)

13 もう 1   要因 は,16 世紀  初め ごろ,少数  勇敢  人々  聖書  一般  言語  翻訳  よう  決意   こと です。多く  翻訳   命懸け  この 仕事  行ない まし た。教会  指導   たち  脅威  感じ まし た。神  恐れる 男女    聖書  渡る と,危険  武器  なり かね ませ ん。実際,聖書    入れ   たち  それ  読み,教会  教え  様々  疑問  抱き まし た。「聖書  どこ  煉獄  こと    くる  か。死者  ミサ  ため  お金  払う 必要  ある  か。聖書   教皇  枢機卿  つい  書か   いる  か」と いっ  疑問 です。教会  見地 から する と,この よう  疑問  抱く こと など 言語道断 でし た。「そんな 質問  もってのほか だ」と いう わけ です。教会  反撃   ます。教会  教え  退け  大勢  男女  異端  断罪    です。しかし 実際  ところ,教会  教え  ある もの は,アリストテレス  プラトン  説い  異教  哲学  基づく もの でし た。イエス  生ま れる より  ずっ    時代  哲学 です。教会  異端   死刑  宣告 し,国家  それ  執行  まし た。その ねらい は,人々  聖書  読ま  ない よう  し,教会   質問  やめ させる こと でし た。この 企て  大方 うまく いき まし た。それでも,少数 ながら 大いなる バビロン  屈服  なかっ   たち   まし た。聖書  真理  快さ  知っ  彼ら は,もっと 知り たい  思う よう  なり まし た。偽り  宗教 から 解放  れる   近づい     です。

14. (イ)1800 年代 後半,聖書  真理  探究  やすい 状況  あっ   言える   なぜ です か。(ロ)ラッセル 兄弟  どの よう  真理  探究  まし  か。

14 聖書  真理  飢え渇い    大勢  人々 は,教会  影響   少ない   逃げ まし た。自由  聖書  読み,研究 し,学ん  事柄      語り合い たかっ   です。1800 年代 後半,その よう    一つ だっ  米国 で,チャールズ  テイズ  ラッセル     仲間 たち  聖書  系統   研究  始め まし た。当初,ラッセル 兄弟 は,主  宗派    真理  教え  いる   どれ   確かめ よう   まし た。キリスト  以外  宗教  含む 様々  宗教  教え を,聖書  記さ   いる 事柄  注意深く 比較    です。しかし やがて,聖書  固く 付き従っ  いる 宗教  一つ  ない,と いう こと  気づき まし た。ある 時,ラッセル 兄弟  地元  聖職  たち  話し合い    持ち まし た。自分 たち  見いだし  聖書  真理  受け入れ,教会  成員 たち  教え  くれる    ない か,と 期待    です。しかし,彼ら  関心  示し ませ  でし た。聖書 研究  たち は,偽り  宗教  信じる 人々    活動 する こと  でき ない,と いう こと  気づき まし た。―コリント  二 6:14  読む。

15. (イ)クリスチャン  大いなる バビロン  捕らわれ    いつ です か。(ロ)次  記事  は,どんな   取り上げ られ ます か。

15 これ まで 考え  とおり,最後  使徒  死後   なく,真  クリスチャン  大いなる バビロン  捕らわれ まし た。しかし,幾つ   質問  生じ ます。1914  まで  数十  間,油そそが    たち  大いなる バビロン から 自由  なり つつ あっ  こと  示す 証拠  ほか   あり ます か。第   世界 大戦 中,神   たち  宣べ伝える 活動  ペース  落とし  ため に,エホバ  不興  買っ   でしょ  か。当時,一部  兄弟 たち  クリスチャン  中立    妥協   エホバ  是認  失っ   でしょ  か。また,クリスチャン  西暦 2 世紀  偽り  宗教  捕らわれ    あれ ば,解放      いつ でしょ  か。どれ  興味深い 質問 です。答え    記事  与え られ ます。