内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

偽りの宗教から自由にされる

偽りの宗教から自由にされる

「わたし​の​民​よ,……彼女​から​出​なさい」。―啓 18:4

歌: 101,93

1. 神​の​民​が​大いなる​バビロン​から​自由​に​される​こと​を​期待​でき​た​の​は​なぜ​です​か。これ​から​どんな​点​に​つい​て​考え​ます​か。

前​の​記事​で​は,忠実​な​クリスチャン​が​どの​よう​に​し​て​大いなる​バビロン​に​捕らわれ​た​か​を​考え​まし​た。しかし​喜ばしい​こと​に,その​状態​は​いつ​まで​も​続く​わけ​で​は​あり​ませ​ん。神​は,「わたし​の​民​よ,……彼女​から​出​なさい」と​命じ​て​おら​れ​た​から​です。偽り​の​宗教​の​世界​帝国​の​束縛​から​逃れる​こと​は​可能​な​の​です。啓示 18:4を​読む。)では,神​の​民​が​大いなる​バビロン​から​完全​に​自由​に​なっ​た​の​は​いつ​でしょ​う​か。興味​を​そそる​点​です。その​答え​を​知る​ため​に​は,まず​次​の​点​を​考える​必要​が​あり​ます。1914​年​より​前,聖書​研究​者​たち​は,大いなる​バビロン​に​対し​て​どんな​立場​を​取っ​て​い​た​でしょ​う​か。第​一​次​世界​大戦​中,兄弟​たち​は​どれ​ほど​活発​に​宣教​を​行なっ​て​い​た​でしょ​う​か。当時​の​クリスチャン​は,矯正​や​懲らしめ​が​必要​だっ​た​の​で​大いなる​バビロン​に​捕らわれ​た​の​でしょ​う​か。

「バビロン​の​倒壊」

2. 初期​の​聖書​研究​者​たち​は,当時​の​理解​に​基づき,偽り​の​宗教​に​対し​て​どんな​立場​を​取り​まし​た​か。

2 第​一​次​世界​大戦​まで​の​数十​年​間,チャールズ​・​テイズ​・​ラッセル​と​仲間​たち​は,キリスト​教​世界​の​諸​教会​が​聖書​の​真理​を​教え​て​い​ない​ こと​に​気づき​まし​た。それで,当時​の​そう​し​た​理解​に​基づき,偽り​の​宗教​と​は​かかわり​を​持た​ない​よう​決意​し​まし​た。早く​も​1879​年​11​月,「シオン​の​ものみの塔」(英語)の​中​で,聖書​に​基づく​自分​たち​の​見方​に​つい​て​率直​に​こう​述べ​まし​た。「キリスト​の​いいなずけ​と​され​た​貞潔​な​処女​で​ある​と​主張​し​ながら,実際​に​は​この​世(獣)と​結託​し,その​支持​を​得​て​いる​すべて​の​教会​を,我々​は​聖書​の​言葉​で​娼婦​教会​と​呼び,糾弾​し​なけれ​ば​なら​ない​の​で​ある」。彼ら​は,諸​教会​が​大いなる​バビロン​の​一部​で​ある​こと​を​明らか​に​し​た​の​です。―啓示 17:1,2を​読む。

3. 聖書​研究​者​たち​は,偽り​の​宗教​と​の​関係​を​断ち切る​ため​に,どんな​行動​を​取り​まし​た​か。(冒頭​の​写真​を​参照。)

3 神​を​恐れる​人​たち​は,何​を​す​べき​か​を​理解​し​て​い​まし​た。偽り​の​宗教​を​支持​し​続ける​なら,神​の​祝福​を​得る​こと​は​でき​ませ​ん。それ​で​多く​の​聖書​研究​者​たち​は,教会​に​脱退​届​の​手紙​を​書き​まし​た。その​手紙​を​教会​の​集まり​で​読み上げ​た​人​たち​も​い​ます。読み上げる​こと​が​許さ​れ​ない​と,手紙​の​写し​を​教会​員​全員​に​送っ​た​人​たち​も​い​まし​た。偽り​の​宗教​と​の​かかわり​を​一切​絶ち​たい​と​思っ​た​の​です。一昔​前​なら​命​を​失っ​て​い​た​か​も​しれ​ませ​ん。しかし​1800​年代​後半,多く​の​国​で​教会​は​国家​の​後ろ盾​を​失い​つつ​あり​まし​た。ですから,人々​は​報復​を​恐れる​こと​なく,宗教​に​つい​て​自由​に​話し合い,教会​へ​の​反対​意見​を​公​に​述べる​こと​が​でき​た​の​です。

4. 第​一​次​世界​大戦​中,神​の​民​と​大いなる​バビロン​は​どんな​関係​に​あり​まし​た​か。

4 聖書​研究​者​たち​は,偽り​の​宗教​に​対する​自分​たち​の​立場​を​親族​や​友人​や​教会​員​に​伝える​だけ​で​は​不​十分​で​ある,と​いう​こと​を​理解​し​て​い​まし​た。大いなる​バビロン​が​宗教​上​の​娼婦​で​ある​こと​を​世界​中​の​人々​に​知らせる​必要​が​あっ​た​の​です。それで,1917​年​12​月​から​1918​年​の​初め​に​かけ​て,わずか​数千​人​の​聖書​研究​者​たち​は,「バビロン​の​倒壊」を​テーマ​に​し​た​パンフレット​を​1000万​部,熱心​に​配布​し​まし​た。その​パンフレット​は,キリスト​教​世界​を​厳しく​糾弾​する​もの​でし​た。もちろん,聖職​者​たち​は​激怒​し​まし​た。しかし,聖書​研究​者​たち​は​意気​を​くじか​れる​こと​なく,その​重要​な​活動​を​続け​まし​た。「支配​者​と​し​て​人間​より​神​に」従う​こと​を​決意​し​て​い​た​の​です。(使徒 5:29)この​こと​から​何​が​分かり​ます​か。第​一​次​世界​大戦​中,それら​の​クリスチャン​は,大いなる​バビロン​の​隷属​状態​に​なる​どころ​か,その​束縛​から​自由​に​なり​つつ​あり,他​の​人々​も​自由​に​なれる​よう​助け​て​い​た​の​です。

第​一​次​世界​大戦​中​の​熱心​な​活動

5. 第​一​次​世界​大戦​中​の​エホバ​の​民​が​非常​に​熱心​だっ​た​こと​を​示す​どんな​証言​が​あり​ます​か。

5 これ​まで​わたしたち​は,エホバ​の​民​は​第​一​次​世界​大戦​中,熱心​に​伝道​を​行なわ​なかっ​た​ため​に​神​の​不興​を​買っ​た,と​理解​し​て​い​まし​た。その​ため​エホバ​は​ご自分​の​民​が​大いなる​バビロン​に​短​期間​捕らわれる​こと​を​許さ​れ​た,と​考え​て​い​た​の​です。しかし,1914​年​から​1918​年​まで​の​期間​に​奉仕​し​て​い​た​忠実​な​兄弟​姉妹​は,当時​の​主​の​民​は​全体​と​し​て,伝道​を​続ける​ため​に​できる​限り​努力​し​て​い​た,と​述べ​て​い​ます。この​証言​を​裏づける​強力​な​証拠​が​あり​ます。神権​的​な​歴史​を​より​正確​に​理解​し​た​結果,聖書​の​幾つ​か​の​記述​も​より​明確​に​理解​できる​よう​に​なり​まし​た。

6,7. (イ)第​一​次​世界​大戦​中,聖書​研究​者​たち​は​どんな​難しい​状況​に​取り組ま​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た​か。(ロ)聖書​研究​者​たち​の​熱心​さ​を​示す​例​を​挙げ​て​ください。

 6 実​の​ところ,聖書​研究​者​たち​は​第​一​次​世界​大戦​中(1914‐1918​年),大々的​な​証言​を​行ない​まし​た。しかし,それ​は​簡単​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。幾つ​か​の​理由​が​あり​ます​が,その​うち​の​2​つ​を​取り上げ​ましょ​う。1​つ​の​理由​は,当時​の​伝道​は​聖書​文書​の​配布​が​中心​だっ​た​と​いう​こと​です。それで,1918​年​の​初め​に「終了​し​た​秘義」(英語)の​本​が​政府​に​よっ​て​禁書​に​され​た​時,多く​の​兄弟​たち​は​十分​に​伝道​でき​なく​なっ​て​しまい​まし​た。当時​は​まだ​聖書​だけ​を​使っ​て​伝道​する​こと​に​慣れ​て​おら​ず,「終了​し​た​秘義」の​本​に“語ら​せ​て”い​た​から​です。もう​1​つ​の​理由​は,1918​年​に​スペイン​風邪​が​大​流行​し​た​こと​です。この​恐ろしい​病気​の​せい​で,奉仕​者​たち​が​自由​に​出歩く​こと​は​難しく​なり​まし​た。しかし,こう​し​た​困難​な​状況​の​中,聖書​研究​者​たち​は​全体​と​し​て,伝道​を​続ける​ため​に​最善​を​尽くし​て​い​まし​た。

聖書​研究​者​たち​は​熱心​に​奉仕​し​た(6,7​節​を​参照)

7 聖書​研究​者​たち​は​まだ​少数​でし​た​が,1914​年​だけ​で​も​900万​人​以上​の​人々​に「創造​の​写真​劇」を​上映​し​まし​た。劇​と​呼ば​れ​た​この​作品​は,動画​と​スライド​に​音声​を​合わせ,人類​の​歩み​を​創造​の​時​から​千年期​の​終わり​まで​描い​た​もの​です。素晴らしい​証し​が​行なわ​れ​まし​た。考え​て​み​て​ください。1914​年​だけ​で,現在​の​世界​中​の​全​伝道​者​数​を​上回る​数​の​人々​が​この​写真​劇​を​見​た​の​です。報告​に​よる​と,米国​に​おける​公開​集会​の​出席​者​数​は,1916​年​に​は​80万9393​人​でし​た​が,1918​年​に​は​94万9444​人​に​増加​し​て​い​まし​た。聖書​研究​者​たち​は​確か​に​熱心​に​活動​し​て​い​た​の​です。

8. 第​一​次​世界​大戦​中,兄弟​たち​の​霊的​必要​は​どの​よう​に​満たさ​れ​まし​た​か。

8 第​一​次​世界​大戦​中,各地​の​聖書​研究​者​たち​に​霊的​食物​や​励まし​を​与え​続ける​ため​に,最大限​の​努力​が​払わ​れ​まし​た。その​おかげ​で,聖書​研究​者​たち​は​伝道​を​続ける​力​を​得る​こと​が​でき​まし​た。リチャード​・​H​・​バーバー​は​当時​の​状況​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「少数​の​旅行​する​監督​たち​は​活動​を​続ける​こと​が​でき​まし​た​し,兄弟​姉妹​は『ものみの塔』を​ 受け取る​こと​が​でき​まし​た。『ものみの塔』が​禁書​に​なっ​て​い​た​カナダ​に​送る​こと​も​でき​まし​た。わたし​は​ポケット​版​の『終了​し​た​秘義』の​本​を​多く​の​兄弟​たち​に​郵送​する​特権​が​あり​まし​た。兄弟​たち​は『終了​し​た​秘義』の​本​を​没収​さ​れ​て​しまっ​た​の​です。ラザフォード​兄弟​は​わたしたち​に,米国​西部​の​幾つ​か​の​都市​で​大会​を​開き,話し手​を​派遣​し​て​兄弟​たち​を​できる​限り​励ます​よう​に,と​指示​し​まし​た」。

幾らか​の​精錬​が​必要​だっ​た

9. (イ)1914​年​から​1919​年​の​間,神​の​民​が​矯正​と​懲らしめ​を​受ける​必要​が​あっ​た​の​は​なぜ​です​か。(ロ)神​の​民​に​懲らしめ​が​必要​だっ​た​から​と​言っ​て,どの​よう​に​結論​する​の​は​間違っ​て​い​ます​か。

9 1914​年​から​1919​年​まで​の​期間​に​聖書​研究​者​たち​の​行なっ​た​こと​すべて​が,聖書​の​原則​に​調和​し​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。誠実​に​行動​し​て​い​まし​た​が,政府​へ​の​服従​に​つい​て​十分​に​は​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。(ロマ 13:1)ですから,グループ​と​し​て,戦争​に​関し​て​常​に​中立​の​立場​を​保っ​て​い​た​と​は​言え​ませ​ん。例えば,米国​大統領​が​1918​年​5​月​30​日​を​平和​の​ため​の​祈り​を​ささげる​日​に​する​と​宣言​し​た​時,「ものみの塔」では,聖書​研究​者​たち​も​その​祈り​を​ささげる​こと​が​勧め​られ​まし​た。債券​を​買っ​て​戦争​を​財政​的​に​支援​し​た​兄弟​たち​が​い​ます​し,少数​ながら,銃​や​銃剣​を​持っ​て​前線​に​赴い​た​兄弟​たち​も​い​ます。と​は​いえ,聖書​研究​者​たち​は​矯正​や​懲らしめ​を​必要​と​し​た​の​で​大いなる​バビロン​に​捕らわれ​た,と​結論​する​の​は​間違っ​て​いる​でしょ​う。むしろ,彼ら​は​偽り​の​宗教​から​離れる​責任​を​理解​し​て​おり,第​一​次​世界​大戦​中,偽り​の​宗教​の​世界​帝国​と​の​関係​を​ほぼ​完全​に​絶っ​て​い​た​の​です。―ルカ 12:47,48を​読む。

10. 聖書​研究​者​たち​は,命​の​神聖​さ​に​関し​て​どの​よう​に​確固​と​し​た​立場​を​取り​まし​た​か。

10 当時​の​聖書​研究​者​たち​は,クリスチャン​の​中立​に​つい​て​今日​ほど​十分​に​は​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。しかし,1​つ​の​こと​は​はっきり​分かっ​て​い​まし​た。聖書​が​人​の​命​を​奪う​こと​を​禁じ​て​いる,と​いう​こと​です。ですから,第​一​次​世界​大戦​中,武器​を​持っ​て​前線​に​赴い​た​兄弟​たち​で​さえ,武器​を​使っ​て​人​の​命​を​奪う​こと​は​断固​拒否​し​まし​た。その​結果,戦い​の​最​前線​に​送ら​れ​た​兄弟​たち​も​い​ます。軍​は​彼ら​を​殺そ​う​と​し​た​の​です。

11. 当局​者​たち​は,戦争​で​戦う​こと​を​拒否​し​た​聖書​研究​者​たち​に​対し​て,どんな​措置​を​取ろ​う​と​し​まし​た​か。

11 悪魔​は,兄弟​たち​が​戦争​に​関し​て​この​よう​な​立場​を​取っ​た​ため​に,怒り​を​抱い​た​の​でしょ​う。「布告​に​よっ​て​難儀​を​仕組み」ます。(詩 94:20)米国​陸軍​の​ジェームズ​・​フランクリン​・​ベル​少将​は,J​・​F​・​ラザフォード​兄弟​と​W​・​E​・​バン​・​アンバーグ​兄弟​と​の​会話​の​中​で,米国​司法​省​が​議会​で​1​つ​の​法案​を​通そ​う​と​し​た​こと​を​明らか​に​し​まし​た。戦争​で​戦う​こと​を​拒否​する​者​たち​に​死刑​を​科す​ため​の​法案​です。ベル​少将​は,特に​聖書​研究​者​たち​の​こと​を​言っ​て​い​まし​た。少将​は​激高​し​て​ラザフォード​兄弟​に​こう​言い​まし​た。「ウィルソン[大統領]が​認め​なかっ​た​の​で​法案​は​通ら​なかっ​た​が,どう​すれ​ば​お前​たち​を​捕まえ​られる​か​は​分かっ​て​いる。絶対​に​捕まえ​て​やる」。

12,13. (イ)8​人​の​責任​ある​兄弟​たち​に​長期​刑​が​宣告​さ​れ​た​の​は​なぜ​です​か。(ロ)兄弟​たち​は,投獄​さ​れ​た​ため​に,エホバ​に​従う​決意​を​弱め​て​しまい​まし​た​か。説明​し​て​ください。

12 当局​者​たち​は​脅し​を​実行​し​ます。ラザフォード​兄弟​と​バン​・​アンバーグ​兄弟,その他​6​人​の​ものみの塔​協会​の​代表​者​たち​は​逮捕​さ​れ​まし​た。裁判​官​は​兄弟​たち​に​刑​を​宣告​し​ た​際,こう​述べ​まし​た。「これら​の​者​たち​が​携わっ​て​いる​宗教​的​宣伝​活動​は​ドイツ​兵​の​一​個​師団……より​も​有害​で​ある。彼ら​は​政府​の​法務​官​や​陸軍​情報​局​に​異議​を​唱え​た​ばかり​か,あらゆる​教会​の​牧師​すべて​を​公然​と​非難​し​た。その​刑​は​厳しい​もの​で​なけれ​ば​なら​ない」。(「信仰​の​行進」[英語],A​・​H​・​マクミラン​著,99​ページ)確か​に​厳しい​刑​でし​た。8​人​の​聖書​研究​者​たち​は​長期​刑​を​宣告​さ​れ,ジョージア​州​アトランタ​の​連邦​刑務​所​に​入れ​られ​まし​た。しかし,戦争​が​終わる​と​釈放​さ​れ,告発​は​取り下げ​られ​まし​た。

13 これら​8​人​の​兄弟​たち​は​刑務​所​内​で​も,聖書​に​関する​当時​の​理解​に​基づい​て​確固​と​し​た​立場​を​保ち​まし​た。米国​大統領​に​恩赦​を​求める​文書​の​中​で,次​の​よう​に​書い​て​い​ます。「聖書​に​記さ​れ​て​いる​とおり,『汝​殺す​なかれ』と​いう​の​が​主​の​ご意志​です。したがって,主​の​ため​に​聖別​さ​れ​た[国際​聖書​研究​者]協会​の​成員​が​故意​に​聖別​の​契約​を​破る​なら,神​の​恵み​を​失い,完全​に​滅びる​こと​に​なり​ます。ですから,当​協会​の​成員​は​良心​上,人​の​命​を​故意​に​奪う​行為​に​加担​する​こと​は​でき​ませ​ん」。何​と​大胆​な​言葉​でしょ​う。妥協​する​つもり​など​全く​なかっ​た​の​です。

ついに​自由​に!

14. 1914​年​から​1919​年​に​起き​た​事柄​に​つい​て,聖書​から​説明​し​て​ください。

14 マラキ 3​章​1‐3​節​は,油そそが​れ​た「レビ​の​子​ら」が​精錬​さ​れる​こと​に​つい​て​述べ​て​い​ます。(読む。)その​精錬​の​期間​は​1914​年​から​1919​年​初め​ごろ​まで​続き​まし​た。その​間,「まこと​の​主」エホバ​は,「契約​の​使者」イエス​・​キリスト​と​共​に​霊的​な​神殿​に​来​て,そこで​仕える​者​たち​を​検分​さ​れ​まし​た。エホバ​の​民​は​必要​な​懲らしめ​を​受け​て​清め​られ,さらなる​奉仕​の​割り当て​を​果たす​用意​が​整い​まし​た。1919​年,信仰​の​家​の​者​たち​に​霊的​食物​を​与える​ため​に「忠実​で​思慮深い​奴隷」が​任命​さ​れ​まし​た。(マタ 24:45)神​の​民​は​ついに,大いなる​バビロン​の​束縛​から​自由​に​され​た​の​です。それ​以降,神​の​民​は,エホバ​の​過分​の​ご親切​に​より,神​の​ご意志​に​関する​知識​と​天​の​父​へ​の​愛​に​おい​て​成長​し​続け​て​き​まし​た。神​の​祝福​に​深く​感謝​し​て​い​ます。 [1]

15. 大いなる​バビロン​から​自由​に​なっ​た​わたしたち​は,何​を​す​べき​です​か。

15 大いなる​バビロン​から​自由​に​され​た​の​は,本当​に​喜ばしい​こと​です。真​の​キリスト​教​を​地上​から​根絶​し​よう​と​する​サタン​の​試み​は,惨め​に​も​失敗​し​た​の​です。と​は​いえ,エホバ​が​わたしたち​を​自由​に​し​て​くださっ​た​の​は​なぜ​か​を​忘れ​ない​よう​に​し​ましょ​う。神​の​目的​は​すべて​の​人​が​救わ​れる​こと​な​の​です。(コリ​二 6:1)非常​に​大勢​の​誠実​な​人々​が,今​も​偽り​の​宗教​に​捕らわれ​て​い​ます。わたしたち​は​それら​の​人々​に​逃れ​道​を​教える​必要​が​あり​ます。では,過去​1​世紀​の​忠実​な​兄弟​たち​の​手本​に​倣い,大いなる​バビロン​から​自由​に​なれる​よう​人々​を​助ける​ため,最善​を​尽くし​ましょ​う。

^ [1](14​節)70​年​に​及ぶ​ユダヤ​人​の​バビロン​捕囚​と,背教​が​始まっ​た​後​に​クリスチャン​に​生じ​た​出来事​と​の​間​に​は,多く​の​類似​点​が​あり​ます。しかし,ユダヤ​人​の​捕囚​は,クリスチャン​に​生じ​た​事柄​の​預言​的​な​型​と​は​言え​ない​でしょ​う。例えば,捕らわれ​て​い​た​期間​の​長さ​が​異なり​ます。ですから,ユダヤ​人​の​捕囚​に​関する​詳細​な​点​すべて​が,1919​年​まで​の​期間​に​油そそが​れ​た​クリスチャン​に​生じ​た​出来事​に​対応​する​はず​だ​と​考え​て,預言​的​な​類似​点​を​見いだそ​う​と​す​べき​で​は​あり​ませ​ん。