内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

優しい気持ちのこもった言葉

優しい気持ちのこもった言葉

「女​よ」。イエス​は​女性​に​呼びかける​際,この​言葉​を​用い​た​こと​が​何​度​か​あり​ます。例えば,18​年間​体​が​折れ曲がっ​て​い​た​女性​を​いやし​た​時,「女​よ,あなた​は,自分​の​虚弱​さ​から​解き放さ​れ​て​い​ます」と​言い​まし​た。(ルカ 13:10‐13)これ​は​聖書​時代​に​よく​使わ​れ​た​丁寧​な​表現​でし​た。イエス​は​この​言葉​を​母親​の​マリア​に​対し​て​用い​た​こと​も​あり​ます。(ヨハ 19:26; 20:13)と​は​いえ,女性​に​対し​て​用い​られ​た​もう​一つ​の​言葉​に​は,さらに​深い​感情​が​込め​られ​て​い​まし​た。

それ​は,非常​に​親切​で​優しい​言葉​です。イエス​は,12​年​の​あいだ​血​の​流出​を​患っ​て​い​た​女性​に​対し​て,その​言葉​を​用い​まし​た。その​よう​な​状態​の​女性​は​汚れ​た​者​と​され,他​の​人​たち​から​離れ​て​いる​必要​が​あり​まし​た。ですから,大勢​の​人​たち​の​いる​場所​へ​行っ​て​イエス​に​近づく​こと​は,厳密​に​言え​ば,神​の​律法​に​背く​行ない​でし​た。(レビ 15:19‐27)でも,女性​は​必死​でし​た。それ​まで「多く​の​医者​に​かかっ​て​は​いろいろ​な​苦痛​に​遭わさ​れ,自分​の​資産​を​すべて​使い果たし​た​の​に​益​を​受ける​こと​も​なく,むしろ​よけい​に​悪く​なっ​て​い​た」から​です。―マル 5:25,26

女性​は​群衆​の​間​を​そっと​進み,イエス​に​後ろ​から​近づい​て​外衣​の​房べり​に​触れ​ます。すると,血​の​流出​は​たちどころ​に​止まり​ます。女性​は​イエス​に​気づか​れ​たく​ない​と​思っ​て​い​まし​た。しかし​イエス​は,「わたし​に​触っ​た​の​は​だれ​です​か」と​言い​ます。(ルカ 8:45‐47)女性​は​恐れおののい​て​イエス​の​前​に​ひれ​伏し,「すべて​の​こと​を​ありのまま​に​話し」ます。―マル 5:33

イエス​は​女性​の​不安​を​和らげる​ため,「娘​よ,勇気​を​出し​なさい」と​優しく​言い​ます。(マタ 9:22)聖書​学​者​に​よる​と,「娘​よ」に​相当​する​ヘブライ​語​と​ギリシャ​語​は,「親切​で​優しい​気持ち」を​表現​する​語​です。イエス​は​女性​を​元気づける​ため,「あなた​の​信仰​が​あなた​を​よく​ならせ​まし​た。平安​の​うち​に​行き​なさい。そして,あなた​の​悲痛​な​病気​から​解か​れ​て​健やか​に​過ごし​なさい」と​も​述べ​まし​た。―マル 5:34

裕福​な​イスラエル​人​の​ボアズ​も,モアブ​人​の​ルツ​に「娘​よ」と​語りかけ​まし​た。見知ら​ぬ​人​の​畑​で​落ち穂​拾い​を​し​て​い​た​ルツ​は,不安​で​いっぱい​だっ​た​こと​でしょ​う。ボアズ​は,「娘​よ」と​述べ​て​から,これ​から​も​自分​の​畑​で​落ち穂​拾い​を​する​よう​に​と​勧め​ます。ルツ​は​ボアズ​の​前​に​ひれ伏し​て,外国​人​の​わたし​に​これ​ほど​親切​に​し​て​くださる​の​は​どうして​です​か,と​尋ね​ます。ボアズ​は​こう​述べ​て​ルツ​を​安心​さ​せ​ます。「あなた​が……しゅうとめ[やもめ​の​ナオミ]に​尽くし​た​すべて​の​こと​に​つい​て,わたし​は​詳しく​話​を​聞き​まし​た。……エホバ​が​あなた​の​行ない​に​報い​て​くださ[い]ます​よう​に」。―ルツ 2:8‐12

イエス​と​ボアズ​は,クリスチャン​の​長老​たち​に​とっ​て​優れ​た​手本​です。時折,2​人​の​長老​が​姉妹​と​会っ​て,聖書​から​の​助言​と​励まし​を​与える​こと​が​あり​ます。長老​たち​は,エホバ​の​導き​を​祈り​求め,姉妹​の​話​を​よく​聞い​た​後,神​の​言葉​から​励まし​や​慰め​を​与える​の​です。―ロマ 15:4