アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2016年10月

 ライフ  ストーリー

良い手本にしっかり倣うよう努力してきました

良い手本にしっかり倣うよう努力してきました

「わたし    ご存じ です か」と 尋ねる と,「もちろん,よく 知っ   ます よ」と いう 答え  返っ   まし た。ニューヨーク  パタソン から コロラド  電話  かけ    イーサク  マレー   会話 です。いきさつ  お話し  ましょ う。

わたし  1936  12  10 日,米国 カンザス  ウィチタ  生ま  まし た。4  兄弟  1   です。父  ウィリアム    ジーン  熱心  エホバ  証人 で,父     でし た。当時,会衆  指導    当たる 兄弟  そう 呼ば    まし た。母  聖書  真理  教え    祖母  エマ  ワグナー です。祖母  多く    聖書  真理  伝え まし た。その  人,ガートルード  スティール は,長年,プエルトリコ  宣教     奉仕  まし た。 * わたし  たくさん  良い 手本  囲ま    まし た。

忘れ がたい 良い 手本

  街角  通行   雑誌  紹介   いる

わたし  5     こと です が,土曜   夕方,父  一緒  街路 で「ものみの塔」と「慰め」(現在 の「目ざめよ!」)を 配布    まし た。当時,米国     世界 大戦  参戦    まし た。酔っ払っ  医師  そば  通りかかり,「戦争  行か ない 臆病  め!」と   罵倒  まし た。父 は,クリスチャン  中立  立場  保ち,兵役  拒否     から です。男性      突きつけ て,「かかっ  こい! この 腰抜け 野郎!」と 言い まし た。わたし  怖く なり まし た。でも,父  態度  感銘  受け まし た。動揺 する こと なく,集まっ    大勢  人々  雑誌  配布  続け  から です。そこ  1   兵士  通りかかり まし た。すると,先 ほど  男性 は「この 腰抜け  とっちめ  やっ  くれ」と わめき まし た。男性  酔っ  いる こと  気づい  兵士 は,「家  帰っ て,頭  冷やせ!」と 言い まし た。2   その   立ち去り まし た。今 振り返る と,エホバ    勇気  与え  くださっ     思い ます。父  ウィチタ  理髪   2  経営    まし  が,酔っ払っ  男性    常連  だっ   です。

両親  一緒  ウィチタ  開か   大会  向かう ところ。1940 年代

わたし  8   時,両親  自宅    売っ  小さな トレーラー  ハウス  作り,コロラド   引っ越し まし た。必要  大きな   奉仕 する ため です。わたしたち 家族  グランド  ジャンクション  近く  住み,両親  パートタイム    仕事  牧畜   ながら,開拓 奉仕  行ない まし た。エホバ  両親  熱心  奉仕  祝福   くださり,その   新しい 会衆  誕生  まし た。1948  6  20 日,わたし    小川   から バプテスマ  受け まし た。その 土地  聖書  真理  受け入れ  ビリー  ニコルズ  奥さん  バプテスマ  受け まし た。後 に,お二人 と,お二人  息子 さん 夫婦 は,巡回 奉仕   まし た。

王国    活発  携わる  たち  親しく 交わっ  こと や,築き上げる 霊的  会話  楽しん  こと も,忘れ がたい 思い出 です。特に 親しかっ    スティール    たち です。ドン  アーリーン,デイブ  ジュリア,サイ  マーサ は,わたし  人生  非常  大きな 影響  与え まし た。王国     する なら 有意義  喜び  多い 人生  送れる,と いう こと  教え  くれ   です。

新た  区域  移動 する

19   時,家族 ぐるみ  友人 だっ  バッド  ヘースティ から,米国 南部  一緒  開拓 奉仕   よう  誘わ  まし た。巡回 監督 は,ルイジアナ   ラストン  移動 する よう 勧め  くれ まし た。会衆      奉仕    活発  なっ    から です。たとえ 出席   少なく   毎週 集会  開く よう   言わ      で,集会 場所  探し  ふさわしく 整え,毎週 集会  開く よう   まし た。でも,出席   しばらく,わたしたち 2  だけ でし た。わたしたち  交替  プログラム  扱い,プログラム  扱っ   ない ほう  すべて  質問  答え まし た。2   実演  行なう  は,聴衆   だれ   ませ  でし た。やがて 1   年配  姉妹  再び 集会  出席  始め,しばらく する     研究    活発 だっ  奉仕  たち  集会  来る よう  なり まし た。ま  なく,会衆  活気  取り戻し まし た。

ある 日,わたし  バッド  チャーチ  オブ  クライスト  牧師  会い,わたし  よく 知ら ない 聖句  つい  いろいろ 質問   まし た。わたし  少し 焦り まし た。でも,それ  自分  信仰  見直す 良い 機会  なり まし た。それ から 1  間,牧師  質問  対する 答え  調べる ため  夜遅く まで 勉強  まし た。結果   て,真理  対する 確信  強まり,早く また あの よう  牧師  会っ     たい,と 思い まし た。

その 後,巡回 監督  勧め で,会衆  援助 する ため  アーカンソー  エル  ドレード  移動  まし た。そこ    ころ,徴兵 委員   出頭 する ため コロラド      旅行  まし た。ある 時,数   開拓  たち  一緒  わたし    旅行   いる 途中,テキサス   事故  遭い,   だめ  なっ  しまい まし た。ある 兄弟  電話  かける と,迎え    自宅  連れ  行っ  くれ まし た。それ から,会衆  集会   出席 でき まし た。その 会衆 で,わたしたち  事故  遭っ  こと  発表  れる と,兄弟 たち  親切  金銭   援助   ください まし た。迎え    くれ  兄弟 は,わたし    25   売っ  くれ まし た。

その 後,車  乗せ  もらっ  ウィチタ  行き まし た。そこ  は,家族 同士  親しく     開拓   E  F  マッカートニー   まし た。彼  ドック  いう 愛称  呼ば    まし た。ドック  双子  息子 たち フランク  フランシス は,今   わたし  親友 です。その 家族  持っ    古い   25   譲っ  くれ まし た。壊れ    買い取っ  もらっ  値段  同じ でし た。エホバ  王国       いる   必要    与え  くださる,と いう こと  初めて 実感  まし た。ウィチタ  いる 間,マッカートニー    たち から 愛らしい 姉妹  紹介   まし た。ベテル  クレーン です。彼女  母親  ルース は,カンザス  ウェリントン  熱心  エホバ  証人 で,90  まで 開拓 奉仕  続け   です。わたし  ベテル は,それ から 1  ほど   1958   結婚 し,エル  ドレード  一緒  開拓 奉仕  する よう  なり まし た。

  躍る 招待  受ける

わたしたち  2    良い 手本  囲ま   成長  まし た。それ  自分 たち も,エホバ  組織 から 与え られる どんな 割り当て  喜ん  果たそ   決意    まし た。後 に,わたしたち  特別 開拓     アーカンソー  ウォールナット  リッジ  割り当て られ まし た。そして 1962 年,胸  躍る 招待  受け ます。ギレアデ  37   招か    です。うれしい こと に,ドン  スティール  同じ クラス でし た。卒業 後,わたしたち 夫婦  ケニア  ナイロビ  割り当て られ まし た。ニューヨーク  出発 する 時,寂しさ  込み上げ   まし  が,ナイロビ  空港  兄弟 姉妹  会っ  とたん,寂しさ  どこ   吹き飛ん  しまい まし た。

ナイロビ   宣教。メアリー  カナイヤ  クリス  カナイヤ   

すぐ に,ケニア  ケニア   宣教  大好き  なり まし た。最初  進歩   研究   クリス  カナイヤ  メアリー  カナイヤ です。2     ケニア  忠実   時間 奉仕  続け   ます。翌年,わたしたち  ウガンダ  カンパラ  割り当て られ まし た。ウガンダ  宣教   派遣      わたしたち  初めて でし た。そこ   奉仕  忘れ がたい もの です。大勢   たち  聖書  真理  知り たい  強く 願い,エホバ  証人  なっ  から です。しかし,アフリカ  行っ  3   後,子ども  でき   で,米国  戻る こと  なり まし た。アフリカ  去る 日,ニューヨーク  出発    より  ずっ  大きな 寂しさ  込み上げ   まし た。アフリカ   たち  深く 愛し    から です。いつか また 戻っ   たい  思い まし た。

新た  割り当て  取り組む

帰国  は,わたし  両親  住ん    コロラド  西部  暮らし 始め まし た。やがて   キンバリー が,そして 1  5 か月    ステファニー  生ま  まし た。わたしたち  子育て  いう 大切  割り当て  一生 懸命 取り組み,かわいい  たち  真理  教え込む よう  努力  まし た。自分 たち  それ まで     良い 手本  しっかり 倣い たい  思い まし た。しかし,不安  あり まし た。良い 手本  子ども たち  大きな 影響  与える   いえ,子ども たち  エホバ  必ず 仕える よう  なる,と いう 保証  あり ませ ん。実際,わたし      真理 から 離れ  しまい  まし た。いつか 2   これ まで     良い 手本  再び 倣う よう   願っ   ます。

わたしたち  子育て  本当  楽しみ,家族  一緒  過ごす 時間  大切   まし た。コロラド  アスペン  近く  住ん     で,親子  スキー  始め,時々 一緒  滑り  行き まし た。一緒  リフト  乗っ  いる  など は,娘 たち  会話 する 絶好  機会  なり まし た。家族  キャンプ   出かけ まし た。たき火  囲ん  よく 楽しく おしゃべり   もの です。まだ 幼かっ   たち から,「大きく なっ たら どんな こと   よう  な」と か,「どんな   結婚  たら いい  思う?」と 聞か  まし た。わたしたち は,娘 たち  思い      規準  植え込む よう 努力  まし た。全 時間 奉仕  目標  する よう 励まし,同じ 目標  持つ   結婚 する よう  勧め まし た。あまり 若い うち  結婚  ない ほう  よい,と いう こと  教え まし た。「23  まで  自由   よう」と いう   親子  合い言葉 でし た。

わたしたち は,親    くれ  よう に,家族  一緒  集会  出席 し,定期   野外 奉仕  参加 する よう  努力  まし た。全 時間 奉仕     泊まっ  いただく よう    まし た。よく 子ども たち に,宣教  時代  楽しい 思い出  話し  あげ  もの です。「いつか 家族 みんな  アフリカ 旅行  行き たい ね」と 言う と,娘 たち も「行き たい!」と 言い まし た。

いつも 定期   家族 研究  行なう よう   まし た。学校  起き そう  状況  想定 し,先生  友達  質問  答える    たち  させ まし た。娘 たち  楽しく 学び,自信  持てる よう  なり まし た。でも,成長 する  つれ,家族 研究  嫌がる こと  あり まし た。ある 時,わたし  失望  あまり,「自分  部屋  行き なさい。もう 家族 研究   ない」と 言っ  しまい まし た。娘 たち  びっくり   泣き出し,「や だ,研究  たい」と 言い まし た。霊的  事柄  慕う 気持ち   たち    培わ      です。やがて  たち は,家族 研究  大好き  なり,思っ  いる こと        くれる よう  なり まし た。と  いえ,納得 でき ない 聖書  教え  ある,と 言わ   どきっ    こと     あり ます。でも,娘 たち  本当  気持ち  知る こと  でき   で,一緒  よく 話し合う よう   まし た。そう する と,娘 たち  エホバ  お考え  正しい こと  納得  まし た。

その   変化  順応 する

振り返っ  みる と,子育て  期間  あっと いう   過ぎ  しまい まし た。その 間,子ども  エホバ     培える よう,神  組織  助け  導き  頼っ  最善  尽くし まし た。うれしい こと に,娘 たち  2    高校 卒業   開拓 奉仕  始め,自活 する   必要  仕事  技術    着け まし た。その 後,必要  大きな   奉仕 する ため,他  2   姉妹 たち  一緒  テネシー  クリーブランド  移動  まし た。娘 たち  別れる   とても 寂しかっ   です が,全 時間 奉仕  打ち込む 姿    うれしく 思い まし た。わたしたち 夫婦  開拓 奉仕  再開 し,代理  巡回 奉仕  大会 関係  仕事 など,様々  奉仕  特権  楽しみ まし た。

 たち  テネシー  引っ越す   イギリス  ロンドン  旅行 し,支部 事務   訪問  まし た。その 際,当時 19  だっ  ステファニー は,ポール  ノートン  いう 若い ベテル 奉仕   出会い まし た。その  キンバリー は,ポール  仕事 仲間  ブライアン  ルウェリン  知り合い まし た。ステファニー  23   なっ  から ポール  結婚 し,翌年,キンバリー  25     ブライアン  結婚  まし た。2   も,23  まで  自由     です。親   て,娘 たち  良い 結婚 相手  選ん    から 思っ   ます。

2002 年,マラウイ  支部 事務  で。ポール,ステファニー,キンバリー,ブライアン   

 たち は,経済   大変    も「王国……を いつも    求め」る うえ    祖父母  手本  役立っ た,と 言っ  くれ ます。(マタ 6:33)1998  4 月,ポール  ステファニー  ギレアデ  105   招待  れ,卒業   アフリカ  マラウイ  割り当て られ まし た。ブライアン  キンバリー  ロンドン  ベテル  招か れ,後  マラウイ  ベテル  奉仕 する こと  なり まし た。そう いう  たち  姿    本当  うれしく 思い ます。若い  たち  とっ  最善  生き方  から です。

  躍る   招待  受ける

冒頭  述べ  電話  かかっ     は,2001  1    こと です。翻訳 サービス 部門  監督  ある マレー 兄弟 から  電話 でし た。兄弟  説明  よれ ば,世界   翻訳  たち  英語 理解   強化 する ため  課程  計画    おり,教訓        訓練  受ける   どうか,と  こと でし た。当時,わたし  64  でし た。夫婦  この   つい  祈り,年老い   たち   相談  まし た。母 たち  どちら も,自分 たち  大丈夫    行っ    ほしい,と 言い まし た。それ  マレー 兄弟  電話  かけ,この 素晴らしい 奉仕  割り当て  喜ん  受け入れ たい  伝え まし た。

その 後,わたし    がん  診断   まし た。それ   に,わたしたち  ここ  残っ    リンダ  一緒    世話   たい  言い まし た。しかし  は,「心配  なく   いい  よ。行っ  くれ ない と,もっと 具合  悪く なっ  しまう わ」と 言い まし た。リンダ  同じ 気持ち でし た。母    自己 犠牲  精神  地元  友人 たち  援助   から 感謝    ます。わたしたち  パタソン  ものみの塔 教育 センター  向け  出発   翌日,リンダ から 電話  あり,母  亡くなっ  こと  知らさ  まし た。わたしたち  新た  割り当て  一生 懸命  取り組み まし た。母  それ  願っ     思い ます。

うれしい こと に,教訓     最初  割り当て られ   は,娘 たち 夫婦  働く マラウイ 支部 でし た。一緒  奉仕 できる なんて   よう でし た。その 後,ジンバブエ  ザンビア   割り当て られ まし た。3   ほど 教訓     奉仕   後,マラウイ  戻っ て,クリスチャン  中立 ゆえに 迫害    証人 たち  経験  まとめる 割り当て  受け まし た。 *

孫娘 たち  一緒  野外 奉仕    いる

2005 年,コロラド  ベソルト  戻る こと  なっ  時,また 寂しさ  込み上げ   まし た。わたしたち    ベソルト  開拓 奉仕  続け   ます。2006    ブライアン  キンバリー  すぐ   越し   て,娘  マッケンジー  エリザベス  育て   ます。ポール  ステファニー    マラウイ  おり,ポール  支部 委員   奉仕    ます。わたし  もう すぐ 80  です。これ まで 一緒  奉仕     若い 兄弟 たち  様々  責任  担う よう  なり,頼もしく 思っ   ます。わたしたち  子ども   たち  助ける ため,周囲   たち  良い 手本  しっかり 倣っ   まし た。今,喜び  味わう こと  でき  いる  は,そう   良い 手本  おかげ   です。

^ 5節 スティール   兄弟 姉妹  宣教  奉仕  つい  は,「ものみの塔」1956  9  1   336‐337,339 ページ と「ものみの塔」1971  7  1   410‐413 ページ 参照。

^ 30節 一例   て,「ものみの塔」2015  4  15   14‐18 ページ  トロフィム  ンソンバ  ライフ  ストーリー  参照。