内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「実際的な知恵」を守っていますか

「実際的な知恵」を守っていますか

ある​辺ぴ​な​村​に​住む​貧しい​少年​の​物語​です。村人​たち​は,その​少年​は​頭​が​悪い,と​思っ​て​笑い物​に​し​て​い​まし​た。村​に​やっ​て​来​た​友人​たち​の​前​で​少年​を​からかう​人​も​い​まし​た。大きな​銀貨​と,その​2​倍​の​価値​が​ある​小さな​金貨​を​少年​の​前​に​差し出し​て,「どっち​が​欲しい?」と​聞く​と,少年​は​必ず​銀貨​を​取っ​て​走っ​て​いき​まし​た。

ある​日,村​に​来​た​人​が​少年​に​こう​尋ね​まし​た。「金貨​は​銀貨​の​2​倍​の​価値​が​ある​って​知ら​ない​の?」 少年​は​笑顔​で「知っ​て​る​よ」と​答え​まし​た。その​人​は,「じゃあ,どうして​銀貨​を​選ぶ​ん​だ​い? 金貨​を​選べ​ば,2​倍​の​お金​が​もらえる​の​に」と​言い​まし​た。すると​少年​は,「でも,もし​僕​が​金貨​を​選ん​だら,みんな​僕​を​からかわ​なく​なる​でしょ。そう​し​たら,もう​銀貨​が​もらえ​なく​なっ​ちゃ​う​よ」と​言い​まし​た。この​少年​は,大人​に​とっ​て​も​有益​な​ある​特質​を​示し​まし​た。実際​的​な​知恵​です。

聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「実際​的​な​知恵​と​思考​力​を​守れ。その​とき,あなた​は​自分​の​道​を​安らか​に​歩み,あなた​の​足​は​何物​に​も​ぶつから​ない​で​あろ​う」。(箴 3:21,23)「実際​的​な​知恵」と​は​何​か,また​それ​を​どの​よう​に​適用​できる​か​を​知る​なら,安全​に​歩む​こと​が​でき​ます。霊的​な​障害​物​に​ぶつかっ​たり,つまずい​たり​する​の​を​避け,自分​の「足」を​安定​さ​せる​こと​が​できる​の​です。

実際​的​な​知恵​と​は​何​か

実際​的​な​知恵​は,知識​や​理解​と​は​異なり​ます。知識​の​ある​人​は,情報​や​事実​に​通じ​て​い​ます。理解​力​の​ある​人​は,ある​事実​が​別​の​事実​と​どの​よう​に​関係​し​て​いる​か​を​把握​でき​ます。知恵​の​ある​人​は,知識​と​理解​を​結び合わせ,それ​を​実際​的​な​方法​で​活用​でき​ます。

例えば,ある​人​は​比較​的​短い​時間​で,「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」の​本​を​読ん​で​内容​を​理解​できる​か​も​しれ​ませ​ん。研究​中,質問​に​正しく​答える​こと​も​でき​ます。会衆​の​集会​に​出席​し,良い​注解​を​し​ます。これら​は​すべて,霊的​な​進歩​の​表われ​か​も​しれ​ませ​ん。では​この​人​は,知恵​を​得​て​いる​と​言える​でしょ​う​か。必ずしも​そう​で​は​あり​ませ​ん。頭​の​回転​が​速い​だけ​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,知識​や​理解​力​を​正しく​用い​て,学ん​だ​真理​を​生活​に​当てはめ​て​いる​なら,知恵​を​得​て​いる​と​言え​ます。前もって​よく​考え​て​決定​を​下し,良い​結果​を​得​て​いる​なら,実際​的​な​知恵​を​示し​て​いる​こと​に​なる​の​です。

イエス​は​マタイ 7​章​24‐27​節​で,家​を​建て​た​2​人​の​人​に​関する​例え​を​話し​まし​た。その​うち​の​1​人​は「思慮深い​人」と​述べ​られ​て​い​ます。何​が​起こる​か​を​前もって​考え,岩塊​の​上​に​家​を​建て​た​から​です。この​人​は​先​を​見通し,実際​的​な​知恵​を​示し​まし​た。砂​の​上​に​家​を​建てれ​ば​早い​し​安く​済む,と​は​考え​なかっ​た​の​です。賢明​に​も,自分​の​行動​の​長期​的​な​結果​を​考え​まし​た。ですから,嵐​が​来​た​時,その​人​の​家​は​壊れ​ませ​ん​でし​た。では,わたしたち​は​どう​すれ​ば,実際​的​な​知恵​と​いう​貴重​な​特質​を​培い,それ​を​守る​こと​が​できる​でしょ​う​か。

どう​すれ​ば​実際​的​な​知恵​を​得​られる​か

まず,ミカ 6​章​9​節​の,「実際​的​な​知恵​の​ある​人​は[神]の​み名​を​恐れる​よう​に​なる」と​いう​言葉​を​思い​に​留める​こと​です。エホバ​の​み名​を​恐れる​こと​に​は,エホバ​を​ 敬う​こと​が​関係​し​て​い​ます。エホバ​の​規準​を​含め,エホバ​の​み名​が​表わす​事柄​に​対し​て​健全​な​恐れ​を​持つ,と​いう​こと​です。だれ​か​を​敬う​に​は,その​人​の​考え方​を​知る​必要​が​あり​ます。そうすれば,その​人​を​信頼​し,その​人​から​学び,その​人​の​よう​に​良い​結果​を​得る​こと​が​でき​ます。実際​的​な​知恵​の​ある​人​は,自分​の​行動​が​エホバ​と​の​関係​に​もたらす​長期​的​な​影響​を​よく​考え,神​の​規準​に​基づい​て​決定​し​ます。

また,箴言 18​章​1​節​に​は,「自分​を​孤立​さ​せる​者​は​利己​的​な​願望​を​追い求める。その​者​は​あらゆる​実際​的​な​知恵​に​逆らっ​て​突き進む」と​述べ​られ​て​い​ます。わたしたち​は,エホバ​と​その​民​から​離れ​ない​よう​注意​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​ため​に​は,神​の​み名​を​恐れ​て​神​の​規準​を​重んじる​人​たち​と​共​に​時間​を​過ごす​必要​が​あり​ます。できる​限り​集会​に​出席​し,会衆​と​定期​的​に​交わる​必要​が​ある​の​です。集会​中​は,思い​と​心​を​開い​て,聞く​事柄​が​心​に​達する​よう​に​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

さらに,祈り​で​エホバ​に​心​を​注ぎ出す​なら,エホバ​に​いっそう​近づく​こと​が​でき​ます。(箴 3:5,6)思い​と​心​を​開い​て​聖書​や​組織​の​出版​物​を​読む​なら,自分​の​行動​の​長期​的​な​結果​を​予測​し,賢明​に​行動​する​こと​が​でき​ます。円熟​し​た​兄弟​たち​から​助言​を​与え​られる​時,心​を​開い​て​受け入れる​必要​も​あり​ます。(箴 19:20)そうすれば,「あらゆる​実際​的​な​知恵​に​逆らっ​て​突き進む」の​で​は​なく,実際​的​な​知恵​と​いう​大切​な​特質​を​強化​する​こと​が​でき​ます。

 実際​的​な​知恵​は​家族​に​とっ​て​どの​よう​に​役立つ​か

実際​的​な​知恵​は​家族​を​守り​ます。例えば,聖書​は​妻​たち​に​対し​て,夫​に「深い​敬意」を​持つ​よう​勧め​て​い​ます。(エフェ 5:33)どう​すれ​ば​夫​は​妻​から​深い​敬意​を​示し​て​もらえ​ます​か。敬意​を​無理やり,また​厳しく​要求​し​て​も,結果​は​長続き​し​ませ​ん。妻​は​摩擦​を​避ける​ため,夫​が​いる​時​に​は​ある​程度​敬意​を​示す​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,夫​が​い​ない​時​は​どう​でしょ​う​か。敬意​を​払お​う​と​は​し​ない​でしょ​う。夫​は,どう​すれ​ば​長期​的​な​結果​を​得​られる​か​を​考える​べき​です。霊​の​実​を​表わし,愛情​深く​親切​で​ある​なら,妻​から​深い​敬意​を​勝ち得る​こと​が​でき​ます。もちろん,クリスチャン​で​ある​妻​は,夫​が​その​よう​な​努力​を​払っ​て​い​ない​と​し​て​も,夫​に​敬意​を​示す​べき​です。―ガラ 5:22,23

聖書​は,夫​が​妻​を​愛する​べき​で​ある,と​も​述べ​て​い​ます。(エフェ 5:28,33)妻​は​夫​の​愛​を​失わ​ない​ため​に,都合​の​悪い​事柄​は,たとえ​夫​に​知る​権利​が​あっ​て​も​隠し​て​おい​た​ほう​が​よい,と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,それ​は​実際​的​な​知恵​を​示し​て​いる​と​言える​でしょ​う​か。後​に​なっ​て​夫​が​事実​を​知っ​た​時,どう​なり​ます​か。妻​を​深く​愛する​よう​に​なる​でしょ​う​か。そう​は​なら​ない​でしょ​う。一方,妻​が​自分​に​とっ​て​都合​の​悪い​事柄​で​も,ふさわしい​時​を​選​ん​で​穏やか​に​説明​する​なら,夫​は​妻​の​誠実​さ​を​感じ,妻​を​深く​愛する​よう​に​なる​でしょ​う。

どの​よう​に​懲らしめる​か​は,その​後​の​コミュニケーション​に​影響​を​与える

子ども​たち​は​親​に​従順​で​あり,エホバ​の​方法​で​懲らしめ​を​受ける​べき​です。(エフェ 6:1,4)それ​は,親​が​たくさん​の​決まり​を​作っ​て​子ども​に​守ら​せる,と​いう​こと​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。家​の​決まり​や,悪い​こと​を​し​た​時​の​罰​を​教える​だけ​で​は​不​十分​です。親​は​実際​的​な​知恵​を​示し​て,なぜ​従う​べき​か​を​理解​できる​よう​子ども​を​助ける​必要​が​あり​ます。

例えば,子ども​が​親​に​不敬​な​こと​を​言っ​た​と​し​ましょ​う。親​が​厳しく​叱っ​たり​衝動​的​に​罰し​たり​する​なら,子ども​は​きまり​の​悪い​思い​を​し​て,黙り込ん​で​しまう​でしょ​う。でも,心​の​中​で​は​怒り​を​抱き,親​を​遠ざける​よう​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

実際​的​な​知恵​を​持つ​親​は,どの​よう​に​懲らしめ​を​与える​か,また,その​懲らしめ​が​後々​子ども​に​どんな​影響​を​与える​か​を​考え​ます。親​は​感情​に​任せ​て​子ども​を​叱る​べき​で​は​あり​ませ​ん。時間​を​取っ​て,愛情​深く​穏やか​に​子ども​と​話し合え​ます。親​を​敬う​よう​に​と​エホバ​が​命じ​て​おら​れる​の​は,子ども​が​ずっ​と​幸福​に​生き​られる​よう​に​する​ため​で​ある,と​説明​できる​か​も​しれ​ませ​ん。そう​すれ​ば​子ども​は,親​を​敬う​なら​エホバ​を​敬っ​て​いる​こと​に​なる,と​いう​こと​に​気づく​でしょ​う。(エフェ 6:2,3)この​よう​に​親切​な​方法​で​教える​なら,子ども​の​心​を​動かす​こと​が​でき​ます。子ども​は​親​の​温かい​気遣い​を​感じ,親​に​深い​敬意​を​持つ​よう​に​なり​ます。そして​将来,何​か​重要​な​問題​に​直面​し​た​時,親​に​助け​を​求める​こと​でしょ​う。

子ども​の​気持ち​を​傷つけ​たく​ない​と​思っ​て,矯正​を​与え​ない​親​も​い​ます。しかし,矯正​を​受け​ない​まま​成長​し​た​子ども​は​どう​なり​ます​か。エホバ​を​恐れる​よう​に​なり,神​の​規準​に​従う​の​が​賢明​で​ある​こと​を​認める​よう​に​なる​でしょ​う​か。エホバ​に​心​と​思い​を​開く​よう​に​なり​ます​か。それとも,霊的​に​孤立​し​て​しまう​でしょ​う​か。―箴 13:1; 29:21

優れ​た​彫刻​家​は,どんな​形​に​仕上げる​か​を​前もって​考え​ます。適当​に​彫っ​て​あと​は​成り行き​に​任せる,と​いう​こと​は​し​ませ​ん。実際​的​な​知恵​を​持つ​親​は,時間​を​取っ​て​エホバ​の​規準​を​学び,適用​する​こと​に​よっ​て,神​の​み名​へ​の​恐れ​を​示し​ます。エホバ​と​組織​に​固く​付く​なら,実際​的​な​知恵​を​得,それ​を​用い​て​家族​を​築き上げる​こと​が​でき​ます。

わたしたち​が​日々​下す​決定​は,ずっ​と​先​の​生活​に​まで​影響​を​及ぼし​ます。ですから,性急​に​反応​し​たり​衝動​的​に​決定​し​たり​する​の​で​は​なく,立ち止まっ​て​考える​よう​に​し​ましょ​う。長期​的​な​結果​に​つい​て​よく​考える​の​です。エホバ​に​導き​を​求め,神​から​の​知恵​に​沿っ​て​行動​し​て​ください。そうすれば,実際​的​な​知恵​を​守り,命​を​得る​こと​が​できる​でしょ​う。―箴 3:21,22