内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2016年10月

ご存じでしたか

ご存じでしたか

 古代 に,他      雑草  まき足す,と いう こと  実際  あり まし  か。

1468   印刷   た,皇帝 ユスティニアヌス の「学説 彙纂」。古代  法律   問題  関する 詳細  記録 は,ほか   数多く ある

イエス  マタイ 13  24‐26   こう 述べ   ます。「天  王国 は,自分    りっぱ    まい    よう  なり まし た。人々  眠っ  いる  に,その     やっ   て,小麦    雑草  まき足し  去り まし た。葉  生え出    生み出す と,その   雑草  現われ まし た」。この よう  こと  実際  あっ    疑問  する 著述  たち   ます。しかし,古代 ローマ  法律 文献  よる と,実際  あっ   いう こと  分かり ます。

ある 聖書 辞典  こう 述べ   ます。「復しゅう  目的      毒麦  まく こと……は,ローマ  法律  もと  犯罪  され   た。この よう  法律  必要 だっ  こと から する と,その 行為  珍しい もの   なかっ た」。法学   アラスター  カー  よれ ば,ローマ 皇帝 ユスティニアヌス  西暦 533  に,ローマ   要約  古典 期(西暦 100‐250  ごろ)の 法学  たち  著作  抜粋  まとめ た「学説 彙纂」を 公布  まし た。この 文献(「学説 彙纂」9.2.27.14)に よる と,法学   ウルピアヌス は,西暦 2 世紀  ローマ  政治  ケルスス  扱っ  1   事例  言及    ます。他      だれ   雑草  まい  ため  作物  だめ  なっ  しまっ た,と いう 事例 です。「学説 彙纂」では,畑  所有   小作   加害  から 損害  賠償   もらう ため  法的 手段  論じ られ   ます。

古代 ローマ 帝国   この よう  悪意 ある 行為   られ    こと から,イエス  述べ  状況  現実  もの  あっ  こと  分かり ます。

西暦 1 世紀  ユダヤ  おい て,ローマ  ユダヤ   指導  たち  どれ ほど  自由  与え   まし  か。

当時 ユダヤ は,ローマ  支配  受け  おり,軍隊  持つ 総督  管轄   あり まし た。総督    務め は,ローマ  ため    徴収 し,平和  秩序  保つ こと でし た。ローマ  は,違法  活動  鎮圧 し,騒動  引き起こし    処罰  まし た。一方,属州  行政  つい  は,多く  場合,地元  指導  たち  任せ   まし た。

審理   サンヘドリン

サンヘドリン は,ユダヤ   最高 法廷,また ユダヤ   律法  関する 問題  扱う 評議     機能    まし た。ユダヤ 各地  下級 法廷  は,民事 事件  刑事 事件  ほとんど が,ローマ  支配  たち  干渉  受ける こと なく 扱わ     よう です。ただし,ユダヤ   法廷  は,犯罪   死刑  する こと  認め られ   ませ  でし た。その 権限  通常,ローマ  だけ  行使  まし た。しかし,例外  あり まし た。よく 知ら   いる  は,サンヘドリン  成員 たち  ステファノ  裁判  行ない,石打ち  させ  殺し  こと です。―使徒 6:8‐15; 7:54‐60

この よう に,ユダヤ   サンヘドリン  広範  裁判   行使  まし た。しかし,学   エミール  シューラー  こう 述べ   ます。「サンヘドリン  とっ  最も 大きな かせ  なっ   は,ローマ 当局  いつ   主導   握っ  独自  物事  進める こと  でき  こと  ある。政治   犯罪  疑い  ある 場合,ローマ 当局  その よう   た」。一例   て,軍 司令  クラウディウス  ルシアス は,ローマ 市民  使徒 パウロ  拘束  まし た。―使徒 23:26‐30