内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2016年1月

バーネット,シモーン,エストン,ケーレブ

喜んで自分を差し出した人たち オセアニア

喜んで自分を差し出した人たち オセアニア

現在 30  半ば  レネ  いう 姉妹 は,オーストラリア  熱心  エホバ  証人  家庭  育ち まし た。子ども 時代  振り返り,こう 言い ます。「わたしたち 家族 は,王国 伝道   必要  大きな 区域  奉仕 する ため,何   引っ越し まし た。両親  おかげ で,とても 楽しく て,わくわく する 生活  でき まし た。自分  2   子ども  も,そういう 経験  させ たい  思い まし た」。

 レネ    30  後半  シェーン  も,同じ 霊的 目標  あり まし た。こう 述べ   ます。「2    子ども  生ま   ころ,『ものみの塔』で,エホバ  証人   家族  経験   読み まし た。帆船  太平洋 南西     し,トンガ  島々  伝道   家族   です。 * その 記事  きっかけ で,オーストラリア 支部  ニュージーランド 支部  手紙  書き,王国 伝道   必要  大きな 区域  つい  問い合わせ まし た。 * すると 返事  あり,トンガ  移動 する よう  勧め られ まし た。あの 記事      場所 です!」

ジェイコブ,レネ,スカイ,シェーン

シェーン  レネ  子ども  ジェイコブ  スカイ   に,トンガ  1  ほど 奉仕  まし  が,国内  暴動  続い  ため,オーストラリア  戻ら ざる   ませ  でし た。しかし,宣教  拡大  たい  いう 目標  変わり ませ  でし た。それ  2011 年,ノーフォーク   移動  ます。オーストラリア   1500  ほど の,太平洋  浮かぶ 小さな  です。移動 後,どう なり まし  か。現在 14   ジェイコブ  こう 言い ます。「エホバ   たち 家族  助け  ください まし た。奉仕  すごく 楽しかっ  です」。

家族  必要  大きな  

シェーン  レネ  家族  よう に,喜ん  自分 たち  差し出し,必要  大きな   移動   家族  たくさん  ます。なぜ そう  たい  思っ   でしょ  か。

「良い たより  関心  持つ  たち  大勢  まし た。定期   聖書 研究  できる よう  助け たい  思い まし た」。―バーネット

バーネット  シモーン  現在 30  半ば  夫婦 で,息子  エストン  12 歳,ケーレブ  9  です。この 家族 は,オーストラリアクイーンズランド   田舎  バークタウン  移動  まし た。「三,四   一度 しか 奉仕     ない 区域 でし た」と バーネット  言い ます。「良い たより  関心  持つ  たち  大勢  まし た。定期   聖書 研究  できる よう  助け たい  思い まし た」。

ジム,ジャック,マーク,カレン

マーク  カレン  現在 50  初め  夫婦 です。2   オーストラリア,シドニー 近郊  幾つ   会衆  奉仕   後,子ども たち  ジェシカジムジャック  一緒 に,ノーザン  テリトリー   辺ぴ  地域  ある 鉱山   ヌランベイ  引っ越し まし た。マーク  こう 語り ます。「わたし    大好き です。会衆   宣教   働きがい  ある   行き たい,と 思っ   まし た」。カレン  最初,気  進み ませ  でし た。「でも 主人  兄弟 姉妹 から 励まさ  て,行く こと   まし た。そう   よかっ   思い ます」。

ベンジャミン,ジェード,ブリア,キャロリン

2011 年,ベンジャミン  キャロリン は,幼い   ジェード  ブリア  連れ て,オーストラリア  クイーンズランド  から  ティモール  行き まし た。インドネシア 諸島  ティモール   ある 小さな  です。ベンジャミン  こう 語り ます。「わたしたち 夫婦  以前,東 ティモール  特別 開拓     奉仕    まし た。奉仕  最高  楽しかっ  です。兄弟 たち  とても 親切 でし た。島  去る   つらかっ  です。必ず また 戻っ   よう  思い まし た。子ども  生ま  て,その 計画  先延ばし  なり まし  が,決意  変わり ませ  でし た」。キャロリン  こう 言い ます。「娘 たち に,宣教   ベテル 奉仕   特別 開拓   接する 機会  持たせ たかっ   です。霊的  最高  環境  育て たい  思い まし た」。

移動  準備

イエス  追随  たち に,「あなた方  うち  だれ が,塔  建て よう  思う 場合,まず 座っ  費用  計算 し……ない でしょ  か」と 述べ まし た。(ルカ 14:28)ですから,家族  必要  大きな   奉仕 する ため に,良い 計画  欠か  ませ ん。どんな   準備  できる でしょ  か。

霊的  面: 「他   たち    立ち たい  思い まし た。お荷物   なり たく あり ませ  でし た」と ベンジャミン  言い ます。「それ  移動 する  に,自分 たち  霊性  高める よう  努力  まし た。宣教  会衆    活動  も,もっと 参加  まし た」。

 ほど  ジェイコブ  こう 語り ます。「ノーフォーク   移動 する 前,家族 みんな で,『ものみの塔』や『目ざめよ!』に   いる,必要  大きな   奉仕   いる 家族  経験   たくさん 読み まし た。兄弟 姉妹  直面   問題  エホバ  助け  つい  話し合い まし た」。11   なる   スカイ は,「たくさん 祈り まし た。一   祈っ たり,お母さん   お父さん  一緒  祈っ たり  まし た」と 言い ます。

感情 面: レネ  当時  こう 振り返り ます。「大好き    家族  親しい 友人 たち  そば  暮らし     で,とても  心地  良かっ  です。でも,後  する もの  つい て,あれこれ 考える    なく,移動  どれ ほど 家族  ため  なる   考え まし た」。

文化 面: 多く  家族 は,新しい 環境  順応 できる よう 事前  調査   ます。マーク  こう 言い ます。「ヌランベイ  つい  いろいろ 調べ まし た。ヌランベイ  兄弟 たち  親切  地元  新聞  送っ  くださっ   で,町  人々  文化  つい  知る こと  でき まし た」。

ノーフォーク   移動   シェーン  こう コメント    ます。「何 より も,クリスチャン  特質  示す 努力   まし た。誠実 で,温和 で,正直 で,勤勉  あれ ば,世界  どこ  行っ   順応 でき ます」。

問題  取り組む

必要  大きな    奉仕  成功  せる 秘訣   でしょ  か。予想   問題  ぶつかっ  も,柔軟  積極   態度  保つ こと です。

レネ  こう 述べ   ます。「物事  臨機応変  対処 する こと  学び まし た。例えば,ノーフォーク   は,海  荒れる    寄港 でき ず,生活 物資  不足   値上がり  ます。それで,いろいろ 工夫   料理  ます」。夫  シェーン も,「1    予算  範囲   生活 できる よう に,やりくり    ます」と 言い ます。

息子  ジェイコブ  も,子ども なり  苦労  あり まし た。「会衆  成員   たち 以外  7  だけ で,全員 大人 でし た。同 年代    全然  なかっ   です。でも,年上  兄弟 姉妹 たち  一緒  奉仕  たら,すぐ  仲良く なれ まし た」。

現在 21   なる ジム も,似  問題  直面  まし た。こう 言い ます。「ヌランベイ から 一番 近い 会衆  も,700  以上 離れ  いる  で,大会  絶対  欠か  ませ ん。会場  早く 行っ て,兄弟 姉妹   交友  楽しみ ます。1   うち  特に 大切  イベント です」。

 「ここ    本当  よかっ  です!」

聖書  は,「エホバ  祝福,それ    富ま せる」と あり ます。(箴 10:22)必要  大きな 区域  移動 し,それ  実感   兄弟 姉妹 は,世界   大勢  ます。

「最大  祝福 は,移動  子ども たち  与え  良い 影響 です」と マーク  言い ます。「上   たち は,王国     する  たち  エホバ  必ず 世話   くださる,と いう 強い 確信  抱い   ます。そういう 確信  お金   買え ませ ん」。

シェーン  こう 述べ   ます。「妻    も,子ども たち     強まり まし た。エホバ    くださっ  こと  つい  家族  話す   聞く と,大きな 満足   覚え ます」。息子  ジェイコブ  こう 言い ます。「充実   毎日  送っ   ます。ここ    本当  よかっ  です!」

^ 3節 「ものみの塔」2004  12  15   8‐11 ページ「“フレンドリー 諸島”の   友」と いう 記事  参照。

^ 3節 2012   オーストラリア 支部  ニュージーランド 支部  統合  れ,オーストラレーシア 支部  なり まし た。