詩編 96:1‐13

  • 「エホバに新しい歌を歌え」

    • エホバは大いに賛美されるべき方4

    • 国々の神は無価値5

    • 聖なる装いをして崇拝する9

96  エホバに新しい歌を歌え+地上の全ての人たち,エホバに向かって歌え+   エホバに向かって歌い,神の名を賛美せよ。神による救いの良い知らせを毎日広めよ+   国々に神の栄光を知らせよ。全ての民に神の素晴らしい偉業を知らせよ+   エホバは偉大で,大いに賛美されるべき方。ほかのどんな神よりも威厳に満ちる方。   国々の神は皆,無価値な神+一方,エホバは天を造った方+   威光*と輝きに包まれている+神の聖なる所には力と美がある+   国々の氏族はエホバを認めよ。エホバの栄光と力を認めよ+   エホバをたたえよ。輝かしい名を持つ方を+供え物を持って神の庭に入れ。   聖なる装いをして*エホバにひれ伏せ*地上の全ての人は神の前で震えよ。 10  国々に知らせよ。「エホバは王になった+大地はしっかりと据えられた。動かされる*ことはない。神は人々を公平に裁く*+」。 11  天は喜び,地は歓喜せよ。海とそこにある全てのものは音を響かせよ+ 12  野原とそこにある全てのものは喜べ+森林の木々も皆,歓声を上げよ+ 13  エホバの前で。神は来る*。地上の人々を裁くために来る。神は世界*を正しく裁く+人々を誠実に裁く+

脚注

または,「威厳」。
もしかすると,「輝かしい神聖さのゆえに」。
または,「を崇拝せよ」。
または,「ぐらつく」。
または,「弁護する」。
または,「来た」。
または,「大地」。