詩編 64:1‐10

  • 巧妙な攻撃からの保護

    • 「神は彼らを矢で射る」7

指揮者へ。ダビデの歌。 64  私の声を聞いてください,神よ,私の願いを+恐ろしい敵から私の命を守ってください。   保護してください。悪人のひそかなたくらみから+悪を行う群衆から。   彼らは舌を剣のように研ぎ,残酷な言葉を矢のように放とうとする。   罪のない人を隠れ場から射る。恐れもせず,突然に射る。   彼らは悪巧みを捨てようとしない*わなをどう仕掛けるか相談する。そして言う。「誰も気付かない+」。   彼らは悪を行う新たな方法を探す。抜け目がない策略をひそかに考え出す+各人の心の考えは深い所にある。   しかし,神は彼らを矢で射る+不意に彼らは傷を負う。   彼らがたくらんで語ったことが,彼ら自身を破滅させる+見る人は皆,あざけって頭を振る。   その時,全ての人は恐れ,神が行った事を知らせる。その方の行いを洞察する+ 10  正しい人はエホバのことで喜び,そのもとに避難する+心の正直な人は皆,歓喜する*

脚注

または,「悪を行うよう誘い合う」。
または,「誇る」。