詩編 63:1‐11

  • 神を慕う

    • 「あなたの揺るぎない愛は命よりも価値がある」3

    • 最良の部分に満足する5

    • 夜,神について思い巡らす6

    • 神にしっかり付く8

ダビデの歌。ユダの荒野にいた時+ 63  神よ,あなたは私の神,あなたを探し続けます+渇きを覚えた人のように,あなたを求めます+あなたを慕って弱り衰えました。水がなく乾き切った土地で+   私は聖なる場所であなたを見つめた。あなたの力と栄光を見た+   あなたの揺るぎない愛は命よりも価値がある+私はあなたをたたえる+   一生涯あなたを賛美し,あなたの名を呼びながら両手を上げて祈る。   選び抜かれた最良の部分に*満足し,喜びの声を上げてあなたを賛美する+   あなたのことを寝床の上で考え,夜警時の間に思い巡らす+   あなたは私を助ける方+私はあなたの翼の陰で歓声を上げる+   私はあなたにしっかり付く。あなたは私を右手でつかんで離さない+   だが,私を殺そうとする人は,地下深くに下っていく。 10  剣で殺され,ジャッカル*の餌食になる。 11  王は神のことで喜ぶ。神に懸けて誓う人は皆,歓喜する*うそをつく人は沈黙させられる。

脚注

または,「最良のものを食べる人のように」。
または,「キツネ」。
または,「誇る」。