詩編 60:1‐12

  • 神は敵を屈服させる

    • 人間に救いを求めても無駄11

    • 「神によって私たちは力を得ます」12

指揮者へ。「思い出すためのユリ」に合わせて。ミクタム*。ダビデによる。教えるために。ダビデがアラム・ナハライムおよびアラム・ツォバと戦い,ヨアブが戻って塩の谷でエドム人1万2000人を討った時+ 60  神よ,あなたは私たちを退け,守備を崩壊させました+私たちに対して怒りました。しかし今,私たちを受け入れてください。   あなたは地面を揺らし,引き裂きました。その裂け目を元に戻してください。地面が崩れたからです。   あなたはご自分の民を苦難に遭わせました。よろけさせるぶどう酒を私たちに飲ませました+   あなたを畏れる人に合図を送ってください*矢をかわしながら逃げられるように。(セラ)   あなたが愛する人たちを助け出してください。右手で私たちを救い,答えてください+   神聖な方である*神が話しました。「私は歓喜し,シェケムを所有地として与えよう+スコトの谷*を測り分けよう+   ギレアデは私のもの。マナセも私のもの+エフライムは私の頭のかぶと*ユダは私の司令官のつえ+   モアブは私のたらい+私はエドムの上に自分のサンダルを投げる+フィリスティアに対して勝利の叫びを上げる+」。   私を包囲*された町へ連れていってくれるのは誰ですか。エドムまで導いてくれるのは誰ですか+ 10  それはあなたではありませんか,私たちを退けた神よ。もう私たちの軍隊と共に出ていってくださらない,私たちの神よ+ 11  苦難に遭っている私たちを助けてください。人間に救いを求めても無駄なのです+ 12  神によって私たちは力を得ます+神は私たちの敵対者を踏みつけます+

脚注

用語集参照。
もしかすると,「送ってくださいました」。
もしかすると,「聖なる場所にいる」。
または,「谷あいの平原」。
直訳,「とりで」。
もしかすると,「防備」。