詩編 56:1‐13

  • 迫害された時の祈り

    • 「神に頼る」4

    • 「私の涙をあなたの革袋に」8

    • 「単なる人間が私に何を行えるというのだろう」411

指揮者へ。「遠くにいる沈黙のハト」に合わせて。ダビデによる。ミクタム*。フィリスティア人がガトでダビデを捕らえた時+ 56  神よ,親切を示してください。死にゆく人間が私を攻撃する*から。彼らは一日中戦って私を虐げる。   敵は一日中かみつこうとする。私と戦う高慢な人が大勢いる。   私は恐れる時+,あなたに頼る+   神に頼る。その方の言葉を賛美する。神に頼る。私は恐れない。単なる人が私に何を行えるというのだろう+   彼らは一日中,私を悩ます。私に危害を加えることしか頭にない+   彼らは攻撃するために身を潜める。私の歩みをじっと見張り+,命を奪おうとする+   悪人である彼らを退けてください。神よ,怒りを抱いて国々を打ち倒してください+   私の放浪の歩みをあなたはよく知っています+私の涙をあなたの革袋に集めてください+あなたの書に記されている私の涙を+   私が助けを求めるその日に,敵は退却する+私は確信している。神が味方であることを+ 10  神に頼る。その方の言葉を賛美する。エホバに頼る。その方の言葉を賛美する。 11  神に頼る。私は恐れない+単なる人間が私に何を行えるというのだろう+ 12  神よ,私はあなたに誓約したことを守っています+あなたに感謝の犠牲を捧げます+ 13  あなたは私を死から助け出し+つまずかないようにしてくださいました+命の光に照らされながら神の前で歩めるように+

脚注

用語集参照。
または,「にかみつく」。