詩編 53:1‐6

  • 愚かな人について

    • 「エホバはいない」1

    • 「善いことを行う人は誰もいない」3

指揮者へ。マハラト*調で。マスキル*。ダビデによる。 53  愚かな*人は心の中で言う。「エホバはいない+」。彼らの行動は腐敗していて忌まわしく,正しくない。善いことを行う人は誰もいない+   神は天から人々を見下ろしている+洞察力のある人,エホバに導きを求める人がいるかどうかを見るために+   人々は皆それていき,皆一様に腐敗している。善いことを行う人は誰もいない。一人もいない+   悪を行う人は誰も理解しないのか。彼らは,パンを食べるかのように私の民を食い尽くす。エホバに呼び掛けない+   彼らは強い恐怖に襲われる。味わったことがないほどの恐怖に*神は,あなたを攻撃する人の骨を散らす。あなたは彼らに恥をかかせる。エホバが彼らを退けたから。   イスラエルの救いがシオンから来ますように+捕らわれた民をエホバが連れ戻す時,ヤコブは喜び,イスラエルは歓喜せよ。

脚注

用語集参照。
用語集参照。
または,「無分別な」。
もしかすると,「恐れるものが何もないのに恐れる」。