詩編 42:1‐11

  • 偉大な救い主である神への賛美

    • 水を求める鹿のように神を求める1,2

    • 「なぜ私は絶望しているのだろう」511

    • 「神を待て」511

指揮者へ。コラの子孫+のマスキル* 42  水の流れを慕う鹿のように,神よ,私はあなたを慕います。   私は神を,生きている神を求める。渇きを覚えた人のように+いつ私は神の前に出られるのだろうか+   昼も夜も涙が私の食物となる。人々は一日中,「おまえの神はどこにいるのか」と私をあざける+   過去のことを私は思い出し,気持ちを全て神に伝える。私はかつて群衆と共に歩いた。前を行ってゆっくり歩いた。神の家に向かって。祭りを祝い,喜びと感謝の声を上げる群衆と共に+   なぜ私は絶望しているのだろう+なぜ心がかき乱されているのだろう。神を待て+私は偉大な救い主を賛美する+   私の神,私は絶望しています+それであなたを思い出します+ヨルダン地方とヘルモンの峰々から,ミツアル山*から。   水の深みが水の深みへと呼び掛ける。あなたの滝の音によって。あなたの荒波に私は圧倒される+   昼,エホバは私に揺るぎない愛を示してくださる。夜,私は神について歌い,命を与えてくださった神に祈る+   私の大岩である神に言う。「なぜ私を忘れたのですか+なぜ私は敵に虐げられ,悲しんで歩かなければならないのですか+」。 10  殺意を抱いた*敵たちが私をあざける。一日中,「おまえの神はどこにいるのか」とあざける+ 11  なぜ私は絶望しているのだろう。なぜ心がかき乱されているのだろう。神を待て+私は偉大な救い主である私の神を賛美する+

脚注

用語集参照。
または,「小さい山」。
もしかすると,「私の骨を砕くかのように」。