詩編 40:1‐17

  • 他とは比較にならない神に感謝する

    • 神の偉業はあまりに多くて語り尽くせない5

    • 神が最も重視するのは犠牲ではない6

    • 「あなたの望まれることを喜んで行います」8

指揮者へ。ダビデによる。歌。 40  私は希望を抱いて真剣に*エホバを待った。神は耳を傾け*,助けを求める叫びを聞いてくださった+   私を引き上げてくださった。水の音がとどろく穴から,ぬかるんだ泥沼から。私を大岩の上に立たせ,歩みをしっかりしたものにしてくださった。   そして,私の口に新しい歌を授けてくださった+私たちの神への賛美を。多くの人はそれを見て畏敬の気持ちを抱き,エホバに頼る。   エホバに頼る人は幸せだ。その人は,おごり高ぶる人やうそをつく人を当てにしない。   私の神エホバ,何と多いのでしょう,あなたが行ったことは。素晴らしい偉業と私たちに対する考えは+あなたのような方はいません+それらを語ったり話したりしようとしても,あまりに多くて語り尽くせません+   あなたは犠牲や捧げ物を望まず*+私の耳を開いてくださいました+全焼の捧げ物と罪の捧げ物を求めませんでした+   私は言いました。「ご覧ください,私は来ました。巻物に私について書いてある通りです+   私の神,あなたの望まれることを喜んで行います*+あなたの律法は私の奥深くにあります+   私は大きな会衆の中であなたの正しさについての良い知らせを広めます+ご覧ください,私は口をつぐみません+エホバ,あなたがよく知っている通りです。 10  私はあなたの正しさを心の中に隠したりしません。あなたが救ってくださる,信頼できる,ということを知らせます。大きな会衆の中で,あなたの揺るぎない愛と真実さを隠しません+」。 11  エホバ,私に憐れみを示すのをやめないでください。あなたの揺るぎない愛と真実さが,絶えず私を保護しますように+ 12  数え切れないほどの災難が私を取り囲みます+あまりに多い自分の過ちに圧倒され,行くべき道が見えません+私の過ちは髪の毛よりも多く,心はくじけました。 13  エホバ,どうか私を救ってください+エホバ,急いで助けてください+ 14  私の命を奪おうとする人が皆,恥をかいて面目を失いますように。私の災難を喜ぶ人たちが,屈辱のうちに退却しますように。 15  「いい気味だ!」と私に言う人たちが,恥をかいてがくぜんとしますように。 16  あなたに導きを求める人たちが+あなたのことで喜び,歓喜しますように+あなたによる救いを切望する人たちが絶えず言いますように。「エホバがあがめられますように+」。 17  無力で貧しい私に,エホバが注意を払ってくださいますように。あなたは私を助け,救い出す方+私の神,遅れないでください+

脚注

または,「は辛抱強く」。
または,「かがみ込んで聞き」。
または,「喜ばず」。
または,「望まれることを行うのは私の願いです」。