詩編 39:1‐13

  • 命の短さ

    • 人は単なる息にすぎない511

    • 「私の涙を無視しないでください」12

指揮者へ。エドトン*+で。ダビデの歌。 39  私は言った。「自分の歩みに気を付けよう,言葉*で罪を犯さないために+自分の口を口籠で*守ろう+悪人が私の前にいる限り」。   私は口が利けず,黙った+良いことも話さなかった。しかし,私の痛みは激しかった*   私の心はくすぶった。私が思い巡らす*間,火は燃え続けた。そして私は言った。   「エホバ,私の終わりがどうなるかを教えてください。私の日数がどれほどかも+自分の命がいかに短いか*を知るためにです。   あなたは私の日数をごくわずかなもの*にしました+あなたの前では私の寿命はないも同然です+人は皆,しっかり立っているように見えても,単なる息にすぎません+。(セラ)   人は皆,動き回る影のようです。せわしなく動きますが,何も得ません。富を積み上げますが,誰が使うことになるかを知りません+   ではエホバ,何に希望を抱けばよいのでしょう。あなただけが私の希望です。   私の全ての違反を許してください+私が愚かな人に侮辱されないようにしてください。   私は口が利けず,口を開くことができませんでした+あなたがそうしたからです+ 10  あなたの災厄を私から取り除いてください。あなたの手が私を打ったので,私は疲れ果てました。 11  あなたは過ちを犯した人を処罰して正します+その人の大切な物を損ないます。蛾が食い尽くすかのように。人は皆,単なる息にすぎません+。(セラ) 12  エホバ,私の祈りを聞いてください。助けを求める叫びを聞いてください+私の涙を無視しないでください。私はあなたから見て外国人居住者にすぎず+父祖たち全てと同じように通りすがりの旅人*です+ 13  私を厳しい目で見ないでください。私が死んで消え去る前に晴れやかな気持ちになるようにです」。

脚注

用語集参照。
直訳,「舌」。
または,「覆って」。
または,「ひどくなった」。
または,「ため息をつく」。
または,「私がいかにはかないか」。
直訳,「手の幅」。
または,「移住者」。