詩編 38:1‐22

  • 悔い改め,苦悩している人の祈り

    • 「苦しみ,すっかりふさぎ込む」6

    • エホバはご自分を待つ人に答えてくださる15

    • 「自分の罪について思い悩んだ」18

ダビデの歌。思い出すために。 38  エホバ,怒って私を戒めないでください。憤って私を正さないでください+   あなたの矢が私の奥深くにまで突き刺さり,あなたの手が私の上にのしかかっている+   あなたが憤ったので,私の全身は病んでいる。私が罪を犯したので,私の内*に安らぎはない+   私の過ちは頭の上に高く積み重なる+負い切れない重い荷物のように。   私の傷は悪臭を放ち,うんでいる。私の愚かさのせいで。   私は苦しみ,すっかりふさぎ込む。悲しんで一日中歩き回る。   私の内*には焼けるような痛みがある。私は全身が病んでいる+   私は感覚を失い,完全に打ちのめされ,心の苦悩のためにうめき声を上げる。   エホバ,あなたは私の願いを全て知っている。私のため息はあなたから隠されていない。 10  私の心臓は激しく鼓動し,力は尽きた。目の光は消えた+ 11  友や仲間は,病に侵された私を避ける。親しい知人も私と距離を置く。 12  私の命を狙う人たちはわなを仕掛け,私に危害を加えようとする人たちは,私の破滅について語る+彼らは一日中欺きを口にする。 13  しかし,私は耳が聞こえないかのように,聞かない+口が利けないかのように,口を開かない+ 14  私は聞こえない人のように,反論を口にしない人のようになった。 15  エホバ,私はあなたを待った+私の神エホバ,あなたは答えてくださった+ 16  私は言った。「彼らが私を見て,ほくそ笑むことがありませんように。足を滑らせるのを見て,私を見下すことがありませんように」。 17  私は倒れそうになった。いつも痛みを抱えていた+ 18  私は自分の過ちを告白した+自分の罪について思い悩んだ+ 19  しかし,私の敵は活力にあふれ,強い*不当にも私を憎む人は,多くなった。 20  彼らは善に対して悪を返してきた。善を行う私を阻もうとした。 21  エホバ,私を見捨てないでください。神よ,遠く離れたままでいないでください+ 22  私の救いであるエホバ,急いで助けに来てください+

脚注

直訳,「私の骨」。
直訳,「腰」。
もしかすると,「理由もなく私の敵となっている人は多い」。