詩編 33:1‐22

  • 創造者への賛美

    • 「神に新しい歌を歌え」3

    • エホバの言葉と息によって創造される6

    • エホバの国民は幸せ12

    • エホバは目を向ける18

33  正しい人たち,エホバのことで歓声を上げよ+正直な人が神を賛美するのは良いことだ。   たて琴を弾いてエホバに感謝せよ。10弦の楽器を弾き,神を賛美して歌え*   神に新しい歌を歌え+美しく弦を奏で,喜びの声を上げよ。   エホバの言葉は正しく+神が行うことは全て信頼できる。   神は正しさと公正を愛する方+エホバの揺るぎない愛は地上に満ちている+   エホバの言葉によって天が造られた+口から出る息によって天の全てのもの*が。   神は海の水をせき止め+渦巻く水を倉に収める。   地上にいる全ての人はエホバを畏れよ+大地に住む人は皆,神に畏敬の気持ちを抱け。   神が語るとその通りになり+神が命じると存在するようになった+ 10  エホバは国々の策略*をくじいた+人々の計画*を阻んだ+ 11  エホバの決定*は永遠に存続し+神の考えは後のどの世代にも及ぶ。 12  エホバを神とする国民は幸せだ+神が所有物として選んだ民は+ 13  エホバは天から見下ろし,全ての人々を見ている+ 14  自分の住まいから,地上に住む人を見つめている。 15  神は全ての人の心を形作る方。人が行うこと全てを調べている+ 16  王は軍隊が大きいから救われるのではない+強靱な人も力が強いから救われるのではない+ 17  勝利しよう*として馬に頼るのは無駄である+馬の強い力によって逃げられるとは限らない。 18  エホバの目は神を畏れる人に向けられている+神から揺るぎない愛を示されるのを待つ人に。 19  死から助け出すため,飢饉の時に生き続けさせるためである+ 20  私たちはエホバに期待を抱く。神は私たちを助ける方,私たちの盾+ 21  私たちの心は神のことで喜び,神の聖なる名を信頼する+ 22  エホバ,あなたの揺るぎない愛が私たちにいつも注がれますように+私たちはあなたを待ち続けます+

脚注

または,「のために音楽を奏でよ」。
直訳,「全軍」。
または,「意図」。
または,「考え」。
または,「意図」。
または,「救われよう」。