詩編 30:1‐12

  • 嘆きが喜びに変わる

    • 神の恵みは生涯に及ぶ5

詩。家を奉献する時の歌。ダビデによる。 30  エホバ,あなたをたたえます。私を救い出して*くださったから。敵が私のことで喜ぶのをあなたは許さなかった+   私の神エホバ,私が助けを求めて叫ぶと,あなたは癒やしてくださった+   エホバ,あなたは私を墓*から引き上げてくださった+墓穴に下っていかないよう助け,生き続けるようにしてくださった+   神に尽くす*人たち,エホバを賛美して歌え*+神の聖なる名をたたえよ+   神の怒りはつかの間であり+神の恵み*は生涯に及ぶ+晩に涙を流しても,朝には喜びの声を上げる+   私は,安らかな気持ちでいた時にこう言った。「私が動揺する*ことはない」。   エホバ,あなたの恵み*によって私は山のように強くなりました+しかしあなたが顔を隠すと,私はおびえました+   エホバ,私はあなたを呼び続けました+エホバに恵みを願い続けました。   私の死*に何か良いことがあるだろうか,私が墓穴に下ることに+土はあなたを賛美するだろうか+。あなたが信頼できる方だと言うだろうか+ 10  聞いてください,エホバ,恵みを与えてください+エホバ,私を助けてください+ 11  あなたは私の嘆きを踊りに変えてくださった。私の粗布を取り去り,喜びを着せてくださった。 12  それであなたを賛美して歌う。黙ったままではいない。私の神エホバ,あなたを永遠に賛美します。

脚注

または,「引き上げて」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
または,「のために音楽を奏でよ」。
または,「善意」。
または,「よろける」。
または,「善意」。
直訳,「血」。