詩編 146:1‐10

  • 人ではなく神に頼る

    • 死ぬと人の考えは消えうせる4

    • 神はかがみ込んでいる人を立ち上がらせる8

146  ヤハを賛美せよ*+私は自分の全てを尽くしてエホバを賛美する+   生涯にわたってエホバを賛美する。生きている限り私の神を賛美して歌う*   権力者*にも人の子にも頼ってはならない。その人たちには救う力がない+   人は息絶えると地面に戻る+まさにその日,その人の考えは消えうせる+   ヤコブの神に助けを求める人は幸せだ+その人の希望の源は神エホバにある+   神は天地を造った方。海とそこにある全てのものを造った方+いつまでもずっと真実な方+   だまし取られた人を公正に扱う方。飢えた人にパンを与える方+エホバは囚人*を解放している+   エホバは目が見えない人の目を開いている+エホバはうずくまっている人を立ち上がらせている+エホバは正しい人を愛する。   エホバは外国人居住者を守っている。父親のいない子供ややもめを支える+悪人の計画を阻む*+ 10  エホバは永遠に王+シオンよ,あなたの神はいつの時代までも王。ヤハを賛美せよ*

脚注

または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。
または,「のために音楽を奏でる」。
または,「高貴な人」。
直訳,「縛られた人たち」。
または,「の道を曲げる」。
または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。