詩編 141:1‐10

  • 保護を求める祈り

    • 私の祈りが香のようになりますように2

    • 正しい人からの戒めは油のよう5

    • 悪人は自分で仕掛けた網に掛かる10

ダビデの歌。 141  エホバ,あなたに呼び掛けます+急いで助けに来てください+私が呼ぶ時,注意を払ってください+   私の祈りが,あなたに捧げられる+香のようになりますように+両手を上げた祈りが,夕方の穀物の捧げ物のようになりますように+   エホバ,私の口を見張り,唇を監視してください+   私の心が悪に傾かないようにしてください+私が悪人と連れ立って悪事を働くことも,悪人のごちそうを食べることもありませんように。   正しい人が私を打つとしても,それは揺るぎない愛の表れです+私を戒めるとしても,それは頭に注がれる油のようであり+私がそれを拒むことはありません+彼らが災難に遭う時,私は祈り続けます。   人々は裁判人が崖から投げ落とされても,私の言葉に注意を払います。心地よい言葉だからです。   土を掘ったり耕したりする時のように,私たちの骨は開いた墓*にまき散らされました。   しかし,主権者である主エホバ,私はあなたに目を向けます+あなたのもとに避難しました。私の命を取り去らないでください。   私を守ってください。仕掛けられたわなから,悪を行う人のわなから。 10  悪人はひとまとめに,自分で仕掛けた網に掛かります+しかし私は無事に通り過ぎます。

脚注

ヘブライ語,シェオル。用語集参照。