詩編 137:1‐9

  • バビロンの川のほとりで

    • シオンの歌を歌わなかった3,4

    • バビロンは壊滅させられる8

137  バビロンの川のほとり+に私たちは座った。シオンを思い出して泣いた+   その土地*のポプラの木に,たて琴を掛けた+   私たちを捕らえた人たちが,私たちに歌わせようとした+あざける人たちが気晴らしを求めた。「シオンの歌を1曲,歌って聞かせろ」。   外国の地でエホバの歌を歌うことなどできるだろうか。   エルサレム,もし私があなたを忘れるなら,私の右手は使えなく*なってしまえ+   もし私があなたを思い出さないなら,私の舌は上顎にくっついてしまえ。もし私の一番の喜びがエルサレムのことでないとしたら+   エホバ,思い出してください。エルサレム陥落の日にエドム人が言ったことを。「壊せ! 土台までも壊してしまえ+!」   バビロン*,おまえはもうすぐ壊滅させられる+おまえが私たちに加えた仕打ちで,おまえに報いる者は幸せだ+   おまえの子供たちを捕まえて,岩にたたきつける者は幸せだ+

脚注

バビロンを指す。
もしかすると,「うまく動かなく」。
直訳,「バビロンの娘」。