詩編 129:1‐8

  • 攻撃されても打ち負かされない

    • シオンを憎む人は恥をかく5

都へ上る時の歌。 129  「私が若い時から,敵は私を絶えず攻撃してきた+」。さあ,イスラエルは言え。   「私が若い時から,敵は私を絶えず攻撃してきた+しかし私を打ち負かせなかった+   耕す人たちが私の背中を耕し+畝を長くした」。   エホバは正しい方+悪人の綱を断ち切った+   シオンを憎む人は皆,恥をかき,面目を失って退却する+   屋根に生える草のようになる。それは引き抜かれる前に枯れ,   刈り取る人の手も,束を集める人の腕も満たすことはない。   通り掛かる人がこう言うこともない。「エホバの祝福があなたたちにありますように。私たちはエホバの名によってあなたたちに祝福を願う」。

脚注