詩編 126:1‐6

  • シオンの喜ばしい復興

    • エホバは偉大なことを行った3

    • 涙から歓喜へ5,6

都へ上る時の歌。 126  捕虜にされたシオンの人々をエホバが連れ戻した時+まるで夢を見ているようだった。   その時,私たちの口には笑いがあふれ,舌からは歓声が生まれた+その時,国々は互いに言った。「エホバはご自分の民のために偉大なことを行った+」。   エホバは私たちのために偉大なことを行った+私たちはとても喜んでいる。   エホバ,捕虜である私たちを連れ戻して*ください。ネゲブに生じる川*のように。   涙を流しながら種をまく人は,歓声を上げて収穫する。   種が入った袋を持ち,泣きながら出ていく人は,必ず穀物の束を抱え+,歓声を上げながら帰ってくる+

脚注

または,「回復させて」。
または,「南のワジ」。