詩編 124:1‐8

  • 「エホバが共にいてくださらなかったなら」

    • 壊れたわなから逃れる7

    • エホバという名を持つ方が私たちを助ける8

都へ上る時の歌。ダビデによる。 124  「エホバが共にいてくださらなかったなら+」。さあ,イスラエルは言え。   「エホバが共にいてくださらなかったなら+人々が立ち上がって私たちを攻撃した時に+   人々は私たちを生きたままのみ込んだだろう+私たちに向かって怒りを燃やしていた時に+   水が私たちを流し去っただろう。急流にのまれただろう+   激流に圧倒されただろう。   エホバが賛美されますように。私たちを猛獣のような人々に渡さなかったから。   私たちは自由になった鳥のよう。猟師のわなから逃れて+わなは壊れ,自由になった+   私たちは助けを得る。エホバという名を持つ方から+天地を造った方から」。

脚注