詩編 122:1‐9

  • エルサレムの平和を求める祈り

    • エホバの家に行く喜び1

    • 一つに結び合わされた都市3

都へ上る時の歌。ダビデによる。 122  私は喜んだ。「エホバの家に行こう」と言われて+   エルサレムよ,私たちはあなたの門の中に立っている+   エルサレムは一つに結び合わされた都市+   各部族が,ヤハ*の部族が上ってきた。イスラエルへの教え*に従い,エホバの名をたたえるために+   そこに裁きの座が据えられた+ダビデの王朝の王座が+   エルサレムの平和を求めよ+都市よ,あなたを愛する人たちは安全に暮らす。   あなたの土塁*の内側が平和であり続けますように。防備された塔の中がずっと安全でありますように。   私は兄弟と友のために言う。「あなたに平和がありますように」。   私たちの神エホバの家のために+あなたに良いことを願う。

脚注

エホバの短縮形。
または,「思い出させるもの」。
または,「防備された城壁」。