詩編 120:1‐7

  • 平和を強く願う外国人

    • 欺きに満ちた舌から助け出してください2

    • 「私は平和を望む」7

都へ上る時の歌* 120  苦難の時に,私はエホバに呼び掛けた+神は答えてくださった+   エホバ,助け出してください。うそをつく唇から,欺きに満ちた舌から。   欺きに満ちた舌よ+神はおまえに何をするだろう,どう処罰する*だろう。   戦士の鋭い矢+が襲い,エニシダの炭が燃え上がる+   悲惨なことだ! 私はメシェク+に外国人として住んだ。ケダル+の天幕のそばに住んだ。   あまりにも長い間,平和を憎む人たちと共に住んだ+   私は平和を望む。しかし私が話しても,彼らは戦いを望む。

脚注

用語集参照。
直訳,「何を加える」。