詩編 109:1‐31

  • 苦しむ人の祈り

    • 「監督の職にほかの人が就きますように」8

    • 神は貧しい人の側に立つ31

指揮者へ。ダビデによる。歌。 109  私が賛美する神+,黙ったままでいないでください。   人を欺く者と悪人が口を開いて私を攻める。私についてうそを語る+   私を取り囲んで憎しみの言葉を浴びせる。不当にも私を攻撃する+   私は愛を示したのに,彼らは反抗する+しかし,私は祈り続ける。   彼らは善に対して悪を返す+私の愛に対して憎しみを+   私の敵が悪人に断罪されますように。反抗する*者が敵の右に立ちますように。   敵は裁かれる時,有罪を*宣告されますように。祈りさえも罪と見なされますように+   敵の寿命が短くなり+就いていた監督の職にほかの人が就きますように+   敵の子供は父親のいない子になり,妻はやもめになりますように。 10  敵の子供が,さまよう物乞いになりますように。廃虚に住んで食べ物をあさりますように。 11  貸主が敵の全財産を差し押さえ*ますように。よそ者が所有物を奪いますように。 12  敵に誰も親切*を示しませんように。敵の孤児*に誰も憐れみを示しませんように。 13  敵の子孫が絶たれますように+子孫の名は一代で消し去られますように。 14  敵の父祖の過ちをエホバが覚えていますように+母の罪も消し去られませんように。 15  敵が行ったことをエホバがずっと覚えていますように。敵の名を地上から消し去ってくださいますように+ 16  敵は親切*を示すのを忘れた+虐げられた人+,貧しい人,心が傷ついた人を殺そうと付け狙った+ 17  人の不幸をしきりに願い,自分が不幸になった。人の幸福を望まず,自分も幸福にならなかった。 18  敵は不幸を願う言葉で身を包んだ。その言葉は水のように敵の体内を流れ,油のように骨の中に入った。 19  不幸を願う敵の言葉が,衣服のように敵を覆いますように+いつも身に着けるベルトのようになりますように。 20  こうしてエホバは返報する。私に反抗する人に対して+私のことを悪く言う人に対して。 21  主権者である主エホバ,あなたの名のために私によくしてください+助け出してください。あなたの揺るぎない愛は良いものです+ 22  私は無力で貧しく+心は刺し通されました+ 23  消えゆく影のように去りつつあります。バッタのように振り落とされました。 24  私の膝は断食によって弱り,体は痩せ,衰弱しています。 25  私はあざけりの的になりました+私を見る人は,あざけって頭を振ります+ 26  私の神エホバ,助けてください。揺るぎない愛を示して私を救ってください。 27  それがあなたの手によるということを人々が知りますように。エホバ,あなたがそうしたということを。 28  人々は私の不幸を願います。しかしあなたは私に祝福を与えてくださいますように。私に向かって立ち上がる人が恥をかきますように。私が喜べるようにしてください。 29  私に反抗する人たちが侮辱をまとわされますように。長い衣服*を着るかのように恥で覆われますように+ 30  私は熱烈にエホバを賛美します。多くの民の前で賛美します+ 31  神は貧しい人の右に立ち,断罪する人たちから救います。

脚注

または,「訴える」。
または,「悪人と」。
または,「高利貸が敵の全財産にわなを仕掛け」。
または,「揺るぎない愛」。
または,「父親のいない子供」。
または,「揺るぎない愛」。
または,「袖なしの上着」。