詩編 105:1‐45

  • エホバはご自分の民を支え続ける

    • 神はご自分の契約を覚えている8‐10

    • 「私が選んだ者たちに触れてはならない」15

    • 神は奴隷になったヨセフを用いた17‐22

    • エジプトでの神の奇跡23‐36

    • イスラエルはエジプトから出る37‐39

    • 神はアブラハムとの約束を忘れない42

105  エホバに感謝し+,神の名を呼べ。神の行いを人々に知らせよ+   神に向かって歌い,賛美して歌え*神の素晴らしい偉業全てをじっくり考えよ*+   神の聖なる名を誇れ+エホバに導きを求める人は心から喜べ+   エホバに力を求めよ+絶えず神の好意*を求めよ。   神が行った素晴らしい偉業を思い起こせ。神の奇跡や,言い渡した裁きを+   神に仕えたアブラハムの子孫+神から選ばれた,ヤコブの子孫よ+   私たちの神はエホバ+その方は地上全体を裁く+   神は覚えている。ご自分の契約を永遠に+ご自分の約束*を千代に至るまで+   アブラハムと結んだ契約を+イサクに誓った言葉を+ 10  神は,その誓いを宣言によってヤコブに保証し,イスラエルとのずっと続く契約とし, 11  言った。「カナン地方をあなたに与える+そこがあなたたちの所有地となる+」。 12  その頃,彼らは数が少なかった+とても少なく,その土地で外国人だった+ 13  彼らは国から国へ歩いた。1つの王国からほかの民の所へと+ 14  神は,誰も彼らを虐げることがないようにし+彼らのことで王たちを戒め+ 15  言った。「私が選んだ*者たちに触れてはならない。私の預言者たちに何も悪いことをしてはならない+」。 16  神はその土地に飢饉を生じさせ+パンの供給を断ち切った* 17  神は彼らに先立って1人の人を遣わした。それは奴隷として売られたヨセフ+ 18  足かせをはめられ*+首は鉄でつながれた。 19  エホバの言葉が彼を磨き上げた*語った言葉が実現する時まで+ 20  王は彼を釈放させた+人々の支配者は彼を自由にした。 21  王は彼を自分の家の主人とし,全財産を管理させた+ 22  彼は高官たちに関する全権を委ねられ*長老たちに知恵を教えた+ 23  次いで,イスラエルはエジプトに入り+ヤコブはハムの土地に外国人として住んだ。 24  神はご自分の民を大いに増やし+敵対者より強くした+ 25  敵対者の心を変えた。ご自分の民を憎むようにと。ご自分に仕える人たちに対して策略を巡らすようにと+ 26  神はご自分に仕えるモーセ+を,ご自分が選んだアロン+を遣わした。 27  2人はエジプト人の間でしるしとなることを,ハムの土地で奇跡を行った+ 28  神は闇を送って暗くした+2人は神の言葉に逆らわなかった。 29  神はエジプトの水を血に変え,魚を死なせた+ 30  その土地にカエルが群がり+王の部屋にまで入り込んだ。 31  神はアブに襲来を命じた。ブヨにエジプト全土を襲わせた+ 32  雨をひょうに変え,その土地に稲妻*を放った+ 33  ブドウの木とイチジクの木を倒し,領土の木々を砕いた。 34  バッタに襲来を命じた。無数の若いバッタに襲わせた+ 35  バッタはその土地の草木全てを食い尽くし,実った物を食い尽くした。 36  次いで神は,その土地の全ての長男,初めに生まれた者たち*を滅ぼした+ 37  ご自分の民を銀や金と共に連れ出した+どの部族にも,つまずく人はいなかった。 38  エジプトは彼らが去って喜んだ。イスラエルへの恐怖に襲われていたから+ 39  神は雲を広げて民を守り+夜は火で民を照らした+ 40  彼らが求めると,ウズラを与えた+天からのパンで彼らの空腹を満たした+ 41  神が岩を開くと,水が流れ出+砂漠を川のように流れた+ 42  神は,ご自分に仕えたアブラハムとの聖なる約束を忘れなかった+ 43  それで,ご自分の民を連れ出した。民は歓喜し+,神が選んだ人たちは喜びの声を上げた。 44  神は国々の土地をご自分の民に与えた+民は他の国の人々が苦労して作ったものを受け取った+ 45  こうして神は,民に規定と律法を守らせた+ヤハを賛美せよ*

脚注

または,「音楽を奏でよ」。
もしかすると,「を語れ」。
直訳,「顔」。
直訳,「命じた言葉」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「パンの棒を全て折った」。パンを掛けておくために使われた棒のことかもしれない。
または,「で足を痛めつけられ」。
または,「精錬した」。
または,「を望み通りに縛ることができ」。
または,「燃える炎」。
または,「生殖力が初めに生み出したもの」。
または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。