詩編 104:1‐35

  • 素晴らしい創造物のことで神を賛美する

    • 大地は永遠に存続する5

    • 死にゆく人間のためのぶどう酒とパン15

    • 「あなたの偉業は何と多いのだろう」24

    • 生命力が取り去られると,死ぬ29

104  私はエホバを賛美する+私の神エホバ,あなたはとても偉大な方+威光*と輝きを身にまとう+   服を着るように光で身を包み+天を天幕の布のように広げる+   空の水の中にご自分の階上の部屋を組み上げ+雲をご自分の兵車とし+風の翼に乗って動く+   ご自分の天使たちを風とし*ご自分の奉仕者たちを,焼き尽くす火とする+   神は大地を土台の上に据えた+大地はいつまでも永遠に取り去られない*+   あなたは大地が,服を着るかのように深い水で覆われるようにした+水は山々の上にあった。   あなたの叱責によって水は逃げた+あなたの雷鳴で慌てて逃げ去った。   あなたが定めた場所へと。山は隆起し+,谷は沈下した。   あなたは境界を設け,水が越えないようにした+再び大地を覆わないようにした。 10  神は谷*に水の流れを送り込む。水は山の間を流れる。 11  野原の全ての野獣はその水を飲む。野生のロバは渇きを癒やす。 12  空の鳥は水のほとりに巣を作り,生い茂る葉の間で歌う。 13  神は階上の部屋から山々に水を注ぐ+あなたが行ったことによって大地は喜ぶ+ 14  神は,家畜のために草を,人のために草木を生えさせ+土地が食物を生み出すようにする。 15  心を喜びで満たすぶどう酒を+顔を輝かせる油を,死にゆく人間を元気づけるパンを+ 16  エホバの木々は潤う。神が植えたレバノンの杉も。 17  そこに鳥が巣を作る。コウノトリ+の家はネズの木々。 18  高い山々は山ヤギ+のすみか。大岩はイワダヌキ+の避難所。 19  神は月を造って時を定めた。太陽は沈む時をよく知っている+ 20  あなたは闇を生じさせ,夜が訪れる+すると,森林を野生動物が歩き回る。 21  若いライオンは獲物を探してほえ+神からの食物を求める+ 22  日が昇ると,皆戻っていってそれぞれの巣で横になる。 23  人は仕事に出ていき,夕方まで働く。 24  エホバ,あなたの偉業は何と多いのだろう+あなたは知恵によって全てを造った+地球はあなたが造ったもので満ちている。 25  海はとても大きく,広い。数え切れないほどの生き物がいる。小さいものも,大きいものも+ 26  そこを船が行き交う。あなたが造ったレビヤタン*+も戯れる。 27  それらは皆,あなたが与える季節ごとの食物を待つ+ 28  あなたが与えると,それを食べる+あなたが手を開くと,良いもので満足する+ 29  あなたが顔を隠すと,かき乱される。あなたが生命力*を取り去ると,死んで土に戻る+ 30  あなたが聖なる力*を送り出すと,創造される+あなたによって地上に新たな命が生じる。 31  エホバの栄光は永遠に失われない。エホバはご自分の偉業のことで喜ぶ+ 32  神が地上を見つめると,それは震動する。山々に触れると,それは煙を上げる+ 33  私は生涯にわたりエホバに向かって歌う+生きている限り私の神を賛美して歌う*+ 34  私の考えが神に喜ばれ*ますように。私はエホバのことで喜ぼう。 35  罪人は地上から消えうせ,悪人はいなくなる+私はエホバを賛美する。ヤハを賛美せよ*

脚注

または,「威厳」。
または,「強くし」。
または,「ぐらつかない」。
または,「ワジ」。
用語集参照。
ヘブライ語,ルーアハ。用語集参照。
ヘブライ語,ルーアハ。用語集参照。
または,「のために音楽を奏でる」。
もしかすると,「神についての私の黙想が快いものとなり」。
または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。