詩編 102:1‐28

  • 虐げられて絶望している人の祈り

    • 「孤独な鳥のようです」7

    • 「私の日々は消えゆく影」11

    • エホバはシオンを建て直す16

    • エホバは永遠に存在する26,27

虐げられている人が絶望して*,エホバに不安を打ち明ける時の祈り+ 102  エホバ,私の祈りを聞いてください+助けを求める叫びがあなたに届きますように+   苦しむ私から顔を隠さないでください+耳を傾けて*ください。私が呼ぶ時,すぐに答えてください+   私の日々は煙のように消えていきます。私の骨は炉で燃えたかのように焦げました+   私の心は草のようにしおれ,干からびています+食べることさえ忘れています。   大声でうめいたせいで+骨と皮だけになりました+   私は荒野のペリカンのようです。廃虚にいる小さいフクロウのようです。   私は横になっても眠れません*屋根の上の孤独な鳥のようです+   敵は一日中,私をあざけります+私をあざ笑う*人たちは,私の名を使って人に災いを求めます。   灰が私のパンになりました+私の飲み物には涙が混ざっています+ 10  あなたが怒り,憤ったからです。あなたは私を抱え上げて投げ捨てました。 11  私の日々は消えゆく*影のようです+私は草のように干からびています+ 12  しかしエホバ,あなたは永遠です+あなたの名声*はいつの時代までも続きます+ 13  あなたは必ず立ち上がり,シオンに憐れみを示します+今はあなたが情けを掛ける時です+定めの時が来ました+ 14  あなたに仕える人はシオンの石を喜びます+シオンの土にさえ愛情を抱きます+ 15  国々はエホバの名を畏れます。地上の全ての王はあなたの栄光を畏れます+ 16  エホバはシオンを建て直し+,栄光を帯びて現れます+ 17  困窮した人の祈りに注意を払います+彼らの祈りを軽んじません+ 18  このことは後の世代のために書かれます+まだ生まれていない民がヤハを賛美するようになるためです。 19  エホバは高くて聖なる所から見下ろしています+天から地を見て, 20  囚人のため息を聞き+死刑を宣告された人を解放します+ 21  こうして,シオンでエホバの名が広められます+エルサレムで神が賛美されます。 22  さまざまな王国や人々がエホバに仕えるために集まるのです+ 23  神は,まだ先がある私の力を奪い,私の寿命を短くしました。 24  私は言いました。「私の神,人生の半ばにある私を消し去らないでください。あなたがいる年月は永遠に続きます+ 25  昔,あなたは地の土台を据え,天をご自分の手で造りました+ 26  天と地は滅びます。しかしあなたは存在し続けます。天と地は,衣服のように擦り切れます。あなたによって服のように取り換えられ,消え去ります。 27  しかしあなたは変わりません。あなたの年月に終わりはありません+ 28  あなたに仕える人の子供たちは安全に住み,彼らの子孫はあなたの前で平和に暮らします+」。

脚注

または,「弱くなって」。
または,「かがみ込んで聞いて」。
もしかすると,「痩せ衰えました」。
または,「ばかにする」。
または,「伸びた」。
または,「名」。