民数記 36:1‐13

  • 女性相続人の結婚に関する律法1‐13

36  ヨセフの子たちの氏族のうち,マナセの子マキル+の子ギレアデの子孫の氏族の長たちが近づいてきて,モーセとイスラエル人の長たちの前で話した。  こう言った。「エホバはあなたに,土地をくじによって+イスラエル人に所有地として分配するようにとお命じになりました。また,あなたは,私たちの兄弟ツェロフハドが授かる土地を彼の娘たちに与えるようにとの命令をエホバからお受けになりました+  とはいえ,彼女たちがイスラエルの他の部族の男性と結婚したら,彼女たちが相続する土地は,私たちの父たちの相続分から外れ,彼女たちが所属するようになる部族の土地に加えられます。くじで配分された私たちの土地からは外れてしまうのです。  イスラエルの民にとってヨベル+が来ても,彼女たちが相続する土地は彼女たちが所属している部族の土地に加えられたままです。こうして,彼女たちが相続する土地は,私たちの父たちの部族の土地から外れることになります」。  モーセは,エホバの指示でイスラエル人にこう命じた。「ヨセフの子たちの部族が言うことは正しいです。  ツェロフハドの娘たちのためにエホバはこう命じました。『彼女たちは望む人と結婚してよい。ただし,父親の部族内の氏族の人と結婚すべきである。  イスラエル人の相続地を部族から部族へと移してはならない。イスラエル人は父祖の部族の相続地を保持するべきである。  イスラエルの部族の中で相続地を所有する娘は皆,父親の部族の人の妻となるべきである+。イスラエル人が自分の父祖の相続地を所有し続けるためである。  相続地を1つの部族から別の部族へと移してはならない。イスラエルの各部族は自分の相続地を保持すべきである』」。 10  ツェロフハドの娘たちはエホバがモーセに命じた通りにした+ 11  マフラ,ティルツァ,ホグラ,ミルカ,ノア,すなわちツェロフハドの娘たち+は,父親の兄弟の子たちと結婚した。 12  ヨセフの子マナセに属する氏族の男性の妻となった。彼女たちが相続する土地が,父親の部族内にとどまるためだった。 13  以上が,ヨルダン川のそば,エリコの向かいのモアブの砂漠平原で,エホバがモーセを通してイスラエル人に与えたおきてと法規である+

脚注