歴代誌第二 32:1‐33

  • セナケリブがエルサレムに迫る1‐8

  • セナケリブはエホバを侮る9‐19

  • 天使がアッシリアの軍隊を討つ20‐23

  • ヒゼキヤの病気,傲慢な態度24‐26

  • ヒゼキヤの功績と死27‐33

32  ヒゼキヤが忠実にこうしたことを行った後+,アッシリアのセナケリブ王がやって来て,ユダに侵入した。セナケリブは防備された町々を突撃して攻め取ろうとして,包囲した+  ヒゼキヤは,セナケリブが来てエルサレムに戦いを仕掛けようともくろんでいるのを知り,  高官や戦士たちに相談して,都市の外にある泉の水を止めることに決めた+。皆,王に協力した。  多くの民が集まり,「アッシリアの王たちが来て,豊富な水を見つけることがあってはいけない」と言って,全ての泉をふさぎ,土地を流れる水を止めた。  さらにヒゼキヤは強い意志を持って,崩れた城壁を全部建て直し,その上に塔を建てた。そして外側にもう1つ城壁を造った。「ダビデの町」の塚*+修復し,武器*と盾をたくさん作った。  それから,民をまとめる軍隊長たちを任命し,都市の門の広場に集め,こう言って励ました。  「勇気を出し,強くありなさい。アッシリアの王や王と共にいる大軍のことで恐れたりおびえたりしてはなりません+。彼と共にいる者よりも,私たちと共にいる者の方が多いからです+  彼のもとにあるのは人間の力ですが,私たちには,私たちを助け,私たちのために戦ってくださるエホバ神がいます+」。民はユダのヒゼキヤ王の言葉に力づけられた+  この後のこと,アッシリアのセナケリブ王は全帝国軍*と共にラキシュ+にいた。セナケリブは家来たちをエルサレムに遣わし,ユダのヒゼキヤ王とエルサレムにいたユダの人全てにこう伝えさせた+ 10  「アッシリアのセナケリブ王はこう言っている。『エルサレムは包囲されているというのに,いったい何を信頼してそのままとどまっているのか+ 11  ヒゼキヤは,「エホバ神が私たちをアッシリアの王の手から救い出してくださる」と言っているが+,おまえたちを言いくるめ,飢えと渇きで死なせようとしているのだ。 12  やつはおまえたちの神の高い場所と+祭壇を取り除いてしまい+,「ただ1つの祭壇の前でひれ伏し,そこで犠牲を焼いて煙にすべきだ」とユダとエルサレムに言ったではないか+ 13  おまえたちは,私と父祖たちがほかの国々にしたことを知らないのか+。それらの国の神々は,自分の国を私の手から救うことができたか+ 14  私の父祖たちが滅ぼし尽くした国の神々の中に,民を私の手から救えた神はいないではないか。それなのに,おまえたちの神は私の手からおまえたちを救えるというのか+ 15  ヒゼキヤにだまされるな。言いくるめられるな+。彼を信用してはならない。どの国民や王国の神も私や父祖たちの手から民を救えなかったのだから,おまえたちの神が私の手からおまえたちを救えるわけがない+!』」 16  セナケリブの家来たちは,真の神エホバと神に仕えるヒゼキヤをあざけり続けた。 17  セナケリブは手紙も書いた+。「私の手から民を救えなかった国の神々と同じように+,ヒゼキヤの神も私の手から民を救えない」と記し,イスラエルの神エホバを侮辱し+,悪く言った。 18  セナケリブの家来たちは都市を攻め取るため,城壁の上にいたエルサレムの民に向かってユダヤ人の言語で大声で叫び続け,民を恐れさせ,おびえさせた+ 19  彼らは,エルサレムの神を,人間が作った地上の民の神々と同等に見なし,悪く言った。 20  一方,ヒゼキヤ王とアモツの子である預言者イザヤ+はこのことで祈り続け,助けを求めて天に向かって叫んだ+ 21  するとエホバは天使を遣わし,アッシリアの王の陣営にいた強い戦士や指揮官や長たちを皆,滅ぼした+。セナケリブは屈辱のうちに自国に帰った。その後,彼は自分の神の家*に入った時,自分の子たちに剣で殺された+ 22  こうしてエホバは,アッシリアのセナケリブ王とほかの全ての者の手からヒゼキヤとエルサレムの住民を救い,周囲の敵から守って安心させた。 23  多くの人が,エルサレムのエホバに供え物を,ユダのヒゼキヤ王にえり抜きの物を持ってきた+。これ以降,ヒゼキヤはあらゆる国から非常に尊敬されるようになった。 24  その頃,ヒゼキヤは病気になって死にそうになり,エホバに祈った+。神は答えて,1つのしるし*を示した+ 25  しかしヒゼキヤは心が傲慢になり,受けた恩恵に感謝しなかった。そのため,神は彼とユダとエルサレムに対して憤った。 26  とはいえ,ヒゼキヤは心の傲慢さを改めて謙遜になり+,エルサレムの住民もそうしたので,ヒゼキヤの時代中,エホバの憤りは生じなかった+ 27  ヒゼキヤは莫大な富と栄光を手にし+,銀,金,宝石,バルサム油,盾,あらゆる貴重な物品を入れる倉庫を造った+ 28  穀物や新しいぶどう酒や油を入れる貯蔵所,各種の家畜の小屋,羊の囲いも造った。 29  自分のために町々を築き,家畜や羊や牛をたくさん手に入れた。神が非常に多くの財産を与えたのである。 30  ヒゼキヤはまた,ギホン+の水の上方の出口をふさぎ+,「ダビデの町+」の西側に流れるように水を引いた。ヒゼキヤは何をしても成功した。 31  しかし,バビロンの高官の代弁者たちが,この国で生じたしるし*+のことをヒゼキヤに尋ねにやって来た時+,真の神はヒゼキヤを試すために+ただ静かに見守った。神は彼の心の中にあることを全て知ろうとしたのである+ 32  ヒゼキヤについてのほかの記録,揺るぎない愛の行動は+,アモツの子である預言者イザヤの幻の記録+,ユダとイスラエルの王の書に記されている+ 33  ヒゼキヤはやがて死に,ダビデの子孫の墓地の坂に葬られた+。彼の死に際し,ユダの全ての人とエルサレムの住民が彼に敬意を表した。ヒゼキヤの子マナセが代わりに王になった。

脚注

または,「ミロ」。「満たす」という意味のヘブライ語。
または,「投げる武器」。
または,「軍隊と貴人たち全て」。
または,「神殿」。
または,「奇跡」,「予告」。
または,「奇跡」,「予告」。