歴代誌第一 23:1‐32

  • ダビデはレビ族を組織する1‐32

    • アロンとその子たちが取り分けられる13

23  ダビデは年老いて,死期が近づくと,息子ソロモンをイスラエルの王にした+  それからダビデはイスラエルの全ての高官,祭司+,レビ族+を集めた。  レビ族の30歳以上の男性を一人一人数えると+,3万8000人だった。  そのうち,2万4000人はエホバの家の仕事の監督として仕え,6000人は役人と裁判人+  4000人は門番で+,4000人はダビデが「賛美するために私が作った」と言った楽器でエホバを賛美した+  ダビデは彼らを,レビの子たちであるゲルションとコハトとメラリの家系に従って+組分けして組織した+  ゲルション氏族は,ラダン,シムイ。  ラダンの子は,長であるエヒエル,ゼタム,ヨエル+の3人。  シムイの子は,シェロモト,ハジエル,ハランの3人。これらの人はラダンの家系の氏族長だった。 10  シムイの子は,ヤハト,ジナ,エウシュ,ベリア。これらの4人はシムイの子である。 11  ヤハトが長で,次はジザだった。エウシュとベリアは子が多くなかったので,1つの氏族として扱われ,1つの職務に就いた。 12  コハトの子は,アムラム,イツハル+,ヘブロン,ウジエル+の4人。 13  アムラムの子は,アロン+,モーセ+。アロンは,子たちと共に,至聖所を神聖なものとするために常時取り分けられ+,エホバの前に犠牲を捧げ,神に奉仕し,いつも神の名によって祝福について述べた+ 14  真の神に仕える人モーセの子たちは,レビ族として扱われた。 15  モーセの子は,ゲルショム+,エリエゼル+ 16  ゲルショムの子たちは,シェブエル+が長だった。 17  エリエゼルの子孫は,レハブヤ+が長だった。エリエゼルにはほかに男の子がいなかったが,レハブヤの子は非常に多かった。 18  イツハル+の子たちは,シェロミト+が長だった。 19  ヘブロンの子たちは,エリヤが長で,次はアマルヤ,3番目はヤハジエル,4番目はエカムアム+だった。 20  ウジエル+の子たちは,ミカが長で,次はイシヤだった。 21  メラリの子は,マフリ,ムシ+。マフリの子は,エレアザル,キシュ。 22  エレアザルは息子がないまま死んだ。娘たちしかいなかった。それで,親族であるキシュの子たちが,彼女たちを妻にした。 23  ムシの子は,マフリ,エデル,エレモトの3人。 24  これらの人は,氏族と氏族長ごとに登録されたレビの子である。20歳以上で,エホバの家での奉仕の仕事のために数えられ,名前が記載された。 25  ダビデがこう言ったからである。「イスラエルの神エホバは,民が安心できるようにしてくださいました+。神はエルサレムにいつまでも住まわれます+ 26  レビ族は,幕屋やそこでの奉仕のための備品を運ぶ必要はなくなります+」。 27  ダビデの最後の指示によって,20歳以上のレビ族が数えられた。 28  彼らの役目は,エホバの家での奉仕のためにアロン+の子たちを補佐することだった。庭+と食堂を受け持ち,全ての聖なるものを清めることや,真の神の家の奉仕に必要なさまざまな仕事を担当した。 29  重ねのパン*+,穀物の捧げ物のための上等の麦粉,無酵母の薄焼きパン+,焼き皿で作った菓子,油を混ぜ込んだパン生地+,全ての分量や大きさの計量に関して,補佐した。 30  毎朝+,立って,エホバに感謝と賛美を捧げ,夕方にもそうした+ 31  また,安息日+,新月+,祭りの時期+には,関係する規則で求められている数の通りに全焼の犠牲をエホバに捧げる際,いつも補佐した。エホバの前で定期的にそうした。 32  そして,エホバの家での奉仕のため,会見の天幕,聖なる場所,同族のアロンの子たちのための責務も果たした。

脚注

供えのパンのこと。