格言の書 26:1‐28

  • 怠け者の描写13‐16

  • 人の言い争いに加わらない17

  • 悪ふざけを避ける18,19

  • まきがなければ火は消える20,21

  • 中傷する人の言葉はごちそうのよう22

26  夏の雪,収穫期の雨のように,愚かな人に誉れはふさわしくない+   鳥に逃げ去る理由があり,ツバメに飛ぶ理由があるように,災いが来るのにはもっともな理由がある*   馬にはむち,ロバにはくつわ+愚かな人たちの背中にはむち*がある+   愚かな人にその愚かさに合わせて答えるな。その人と同じレベルにならないためである。   愚かな人にその愚かさに合わせて答えよ。その人が自分は賢いと思い込まないためである+   愚かな人に物事を任せる人は,自分の足をひどく傷つけて自分を苦しめる人のようだ。   愚かな人たちが口にする格言は,不自由で弱った*足のようだ+   愚かな人に栄誉を与える人は,石投げ器に石を縛り付ける人のようだ+   愚かな人たちが口にする格言は,酔っぱらいの手にあるいばらのようだ。 10  愚かな人や通行人を雇う人は,無差別に*弓を射て傷を負わせる人のようだ。 11  犬が自分の吐いた物を食べに戻るように,愚かな人は愚かなことを繰り返す+ 12  自分は賢いと思い込んでいる人を見たか+愚かな人の方がまだ望みがある。 13  怠け者は言う。「道に若いライオンがいる,広場にライオンがいる+!」 14  扉はちょうつがい*で開閉し続け,怠け者はベッドで寝返りをし続ける+ 15  怠け者は器の食べ物に手を伸ばすが,疲れ切ってそれを口に持っていけない+ 16  怠け者は,分別のある返答をする7人より自分の方が賢いと思い込む。 17  通り掛かって関係のない言い争いに激怒する*人は,犬の耳をつかむ人のようだ+ 18  火矢と矢を放って死をもたらす気が狂った人に似ているのは, 19  隣人をだまして*,「冗談だよ」と言う人+ 20  まきがなければ火は消え,中傷する人がいなければ言い争いはやむ+ 21  炭火に炭を,火にまきをくべるように,争いを好む人は言い争いを燃え上がらせる+ 22  中傷する人の言葉はごちそう*のようだ。のみ込まれて腹の奥に入っていく+ 23  悪い心から出た温かな言葉*は,土器のかけらに塗った銀の上薬のようだ+ 24  憎しみを持つ人は唇で偽装し,自分の内で欺きを抱いている。 25  その人が愛想よく話しても,信用してはならない。彼の心には7つの忌まわしいものがある*からである。 26  憎しみが欺きで隠されていても,その人の悪は会衆の中であらわになる。 27  穴を掘る人はその中に落ちる。石を転がしてどける人は,その石が戻ってきてつぶされる+ 28  うそをつく人*は,打ちのめした人たちを憎み,お世辞を言う口は破滅をもたらす+

脚注

もしかすると,「鳥が逃げ去り,ツバメが飛び去るように,理不尽な災いは通り過ぎる」。
または,「棒」。
または,「だらりとした」。
または,「全ての人に」。
または,「軸」。
もしかすると,「口を挟む」。
または,「に悪質ないたずらをして」。
または,「むさぼるようにしてのみ込まれる物」。
直訳,「を伴う燃える唇」。
または,「心は全く忌まわしい」。
直訳,「舌」。