格言の書 19:1‐29

  • 洞察力があればすぐに怒ることはない11

  • 争いを好む妻は雨漏りする屋根のよう13

  • 思慮深い妻はエホバからのもの14

  • 望みがあるうちに子供を懲らしめよ18

  • 助言を聞くことの知恵20

19  貧しくても高潔に歩む方が+愚かでうそをつくよりも良い+   知識がないのは良くない+性急に行動する*なら罪を犯す。   人は自分の愚かさによって道を誤り,その人の心はエホバに対して激怒する。   富は多くの友を引き付け,貧しい人は友にも見捨てられる+   偽りの証言をする人は処罰を免れず+うそばかり言う人は逃れられない+   多くの人が高貴な*人の好意を得ようとする。誰もが,贈り物をする人の友となる。   貧しい人は兄弟全員から憎まれる+友人たちにはなおさら避けられる+頼み事をして回るが,誰も応えない。   分別を身に付ける*人は自分を愛している+識別力を大切にする人は成功する*+   偽りの証言をする人は処罰を免れず,うそばかり言う人は消えうせる+ 10  愚かな人がぜいたくに暮らすのはふさわしくない。奴隷が支配者たちを支配するのはなおさらだ+ 11  洞察力があればすぐに怒ることはない+過ち*を見過ごす*人は美しい+ 12  王の激しい怒りはライオンのうなり声のようで+王の好意は草木に降りる露のようだ。 13  愚かな子は父親を逆境に立たせ+争いを好む*妻は雨漏りし続ける屋根のようだ+ 14  家と富は父祖から相続するもので,思慮深い妻はエホバからのものである+ 15  怠け者は眠ってばかりで,怠惰な人は飢える+ 16  おきてを守る人は自分の命を守っており+好き勝手な道を行く人は死ぬ+ 17  立場が低い人に親切にする人はエホバに貸しており+神はその行いに報いて*くださる+ 18  望みがあるうちにあなたの子を懲らしめ+その子を死なせる*ことがないようにせよ+ 19  すぐかっとなる人は罰を受ける。その人を容赦しようとするなら,何度もそうしなければならなくなる+ 20  助言を聞き,指導を受け入れよ+将来,賢くなるためである+ 21  人の心にある計画は多いが,エホバの目的*が実現する+ 22  人の美しさはその人の揺るぎない愛である+うそをつくより貧しい方がよい。 23  エホバを畏れるなら命に至る+その人は心地よく休み,害を受けない+ 24  怠け者は器の食べ物に手を伸ばすが,それを口に持っていくこともしない+ 25  あざける人を打て+。経験のない人が聡明になるためである+理解力のある人を戒めよ。その人が知識を深めるためである+ 26  父親を虐待し,母親を追い払う子は,恥と不名誉をもたらす+ 27  わが子よ,指導を受け入れる*のをやめるなら,知識の言葉から離れることになる。 28  どうしようもない証人は公正をあざ笑い+悪人たちは悪事をむさぼり食う+ 29  裁きはあざける人たちを+むちは愚かな人たちの背中を待っている+

脚注

直訳,「足で急ぐ」。
または,「気前がいい」。
直訳,「心を得る」。
直訳,「良いものを見つける」。
または,「違反」。
直訳,「通り過ぎる」。
または,「小言を言う」。
または,「返して」。
または,「の死を願う」。
または,「意図」,「助言」。
直訳,「聞く」。