格言の書 18:1‐24

  • 自分を孤立させる人は利己的で賢くない1

  • エホバの名は強固な塔10

  • 富は想像の中での防壁にすぎない11

  • 双方の意見を聞くことの知恵17

  • 兄弟以上の絆で結ばれる友24

18  自分を孤立させる人は自分の欲求ばかり満たそうとし,あらゆる役立つ知恵を退ける*   愚かな人は何かを理解したいとは思わず,自分の考えばかり話そうとする+   悪人が来ると,侮辱も来る。不名誉なことには恥辱が伴う+   人の口の言葉は深い水である+知恵の泉はほとばしる水の流れになる。   悪人をひいきするのも,正しい人を公正に扱わない+のも良くない+   愚かな人の言葉は言い争いを起こす+その人の口は打たれることを求めている+   愚かな人の口は破滅を招き+その唇はその人をわなに掛ける。   中傷する人の言葉はごちそう*のようだ+のみ込まれて腹の奥に入っていく+   仕事を怠ける人は,破滅をもたらす人の兄弟である+ 10  エホバの名は強固な塔+正しい人はその中に走り込んで保護される*+ 11  裕福な人の富はその人の要塞。その人の想像の中では防壁である+ 12  崩壊に先立つのは高慢な心+栄誉に先立つのは謙遜さである+ 13  聞かないうちに返事をする人は,愚かであり,辱められる+ 14  強い心は病気の間の支えとなるが+打ちのめされた心*には誰が耐えられるだろうか+ 15  理解力のある人の心は知識を得+賢い人たちの耳は知識を見つけようとする。 16  贈り物によって道が開かれ+重要人物に近づける。 17  最初に言い分を述べる人は正しく見える+やがて相手方が来て,彼に問いただす*+ 18  くじは論争を終わらせ+強い人たち同士の決着をつける。 19  気分を害された友人の頑固さは防備された町をしのぐ+かんぬきの掛かった城門のように互いを隔てる論争もある+ 20  人が発する言葉は腹を満たす食物のようで+人は言った事の結果を実感する。 21  死も命も舌の力に支配される+話すのが好きな人はその結果を刈り取る+ 22  良い妻を見つけた人は幸せを見つけた+そしてエホバの恵み*を受ける+ 23  貧しい人は嘆願を述べ,裕福な人は厳しい口調で答える。 24  互いを傷つける友人もいれば+兄弟以上の絆で結ばれる友もいる+

脚注

または,「軽視する」。
または,「むさぼるようにしてのみ込まれる物」。
直訳,「高く上げられる」。手が届かない,安全ということ。
または,「絶望」。
または,「を徹底的に調べる」。
または,「善意」。