格言の書 16:1‐33

  • エホバは動機を調べる2

  • 行うことをエホバに委ねよ3

  • 公正なはかりはエホバからのもの11

  • 誇りは崩壊につながる18

  • 白髪は美しい冠31

16  心の考えを整えるのは人であるが,正しい答えを述べるよう助けるのはエホバである+   人には自分の道はどれも正しく思えるが+エホバは動機を調べる+   行うことは何でもエホバに委ねよ*+そうすれば,計画は成功する。   エホバは全てのものをご自分の目的に役立つようにしている。災難の日に滅ぼされる悪人たちについても+   心が高慢な人は皆エホバにとって忌まわしく+処罰を免れないことは確かである。   揺るぎない愛と忠実さを示すこと*によって,過ちは贖われ+エホバへの畏れによって,人は悪から遠ざかる+   エホバは,ある人の道を喜ぶ時,敵たちをさえその人に友好的にならせる+   正しいことをして少しの物しかない方が+公正を欠いて多くの収入があるよりも良い+   人が心の中で自分の道を計画するとしても,その人の歩みを導くのはエホバである+ 10  王は神の決定を語るべきで+不公正な裁きをしてはならない+ 11  公正なてんびんとはかりはエホバからのもの,袋の中の重りは全て神によるものである+ 12  悪の行いは王たちにとって忌まわしい+王座は正義によって確立されるからである+ 13  王たちは,正しいことを語る唇を喜び,正直に話す人を愛する+ 14  王の激しい怒りは死の使者であり+賢い人はそれをなだめる*+ 15  王の恵み*を受ける人は良い暮らしをする。王の好意は春の雨をもたらす雲のようだ+ 16  金よりも知恵を得る方がどんなに良いだろう+銀よりも理解を得る方が望ましい+ 17  正しい人たちの道は悪から離れている。自分の道を見守る人は生き続ける+ 18  誇りは崩壊につながり,傲慢な精神は転落につながる+ 19  温厚な人たちの間で謙遜である*方が+傲慢な人たちと戦利品を分け合うよりも良い。 20  洞察力を示す人は成功する*エホバに頼る人は幸せである。 21  心の賢い人は理解力がある人と呼ばれ+親切な*話し方をすると説得力が増す+ 22  洞察力はそれを持つ人にとって命の泉であり,愚かな人を懲らしめるのは当人の愚かさである。 23  賢い人の心は口に洞察力を与え+話に説得力を加える。 24  心地よい言葉は滴る蜂蜜のようで,甘くて健康に良い*+ 25  人には正しい道に思えても,最終的に死に至る道がある+ 26  労働者は食欲のゆえに勤勉に働く。空腹に駆り立てられるのである+ 27  どうしようもない人は悪いことを掘り起こす+彼の発言は燃え盛る火のようである+ 28  問題を起こす*人は不和を生じさせ+中傷する人は親友たちを引き離す+ 29  暴力的な人は隣人を唆し,間違った道に導く。 30  目配せして悪巧みをし,口を固く結んで危害を加える。 31  正しい道を歩む人+の白髪は美しい*冠である+ 32  すぐに怒らない人は+力の強い人に勝り,怒りを抑える人は町を征服する人に勝る+ 33  くじを服のひだに入れて引くとき+その決定は全てエホバから来る+

脚注

直訳,「あなたが行うことをエホバに転がせ」。
ヘブライ語では,神が揺るぎない愛を示して支え続けること,とも読める。
または,「避ける」。
直訳,「顔の光」。
または,「謙遜な精神を持つ」。
直訳,「良いものを見つける」。
または,「魅力的な」。
直訳,「骨の癒やしとなる」。
または,「たくらむ」。
または,「栄光の」。