格言の書 12:1‐28

  • 戒めを憎む人は分別がない1

  • 心ない発言は剣のように突き刺す18

  • 平和を促進するなら喜びが得られる20

  • うそをつく唇はエホバにとって忌まわしい22

  • 心配事があると心が沈む25

12  指導を愛する人は知識を愛しており+戒めを憎む人は分別*がない+   善い人はエホバの好意を受け,悪巧みをする人は神に断罪される+   邪悪さによって安定する人はいないが+正しい人の根は引き抜かれることがない。   有能な妻は夫の冠であり+恥ずべき行動をする妻は夫の骨を腐らせる+   正しい人の考えは公正であり,悪人の導きは欺きである。   悪人の言葉は命を奪おうと待ち伏せし+正直な人の言うことは命を救う+   悪人は倒されて,いなくなり,正しい人の家は存続する+   思慮深い口のゆえに人は称賛され+心の曲がっている人は侮辱される+   人に軽く見られても召し使いがいる方が,見えを張って食べ物がないよりもよい+ 10  正しい人は家畜を大切にする+悪人たちの憐れみは残酷でしかない。 11  自分の土地を耕す人は食物が十分にあり+無価値なものを追い求める人は分別がない* 12  悪人は他の悪い人たちが捕まえたものをうらやむ。正しい人たちは根を張って実を結ぶ木のようである。 13  悪い人は言葉の過ちによってわなに掛かり+正しい人は苦難から逃れる。 14  人は,発する言葉によって良いもので満たされ+行う事柄によって報いを与えられる。 15  愚かな人は自分の道は正しいと思うが+賢い人は助言を受け入れる+ 16  愚かな人はすぐに*いら立ちをあらわにし+聡明な人は侮辱を見過ごす。 17  忠実に証言する人は真実を告げ,不誠実な証人は偽りを話す。 18  心ない*発言は剣のように突き刺し,賢い人たちの舌は人を癒やす+ 19  真実を語る唇は永続し+うそをつく舌は一瞬でなくなる+ 20  争いを仕組む人たちの心には欺きがあり,平和を促進する人*たちには喜びがある+ 21  正しい人に災いが降り掛かることはなく+悪人たちには数々の災難が生じる+ 22  うそをつく唇はエホバにとって忌まわしく+忠実に行動する人は神にとって喜びである。 23  聡明な人は知っている事を語らず,愚かな人の心は愚かなことを口走る+ 24  勤勉な人は支配し+怠惰な人は強制労働に服する+ 25  心配事があると心が沈み*+良い言葉によって心が晴れる+ 26  正しい人は自分の牧草地をよく選び,悪人たちは自分の道を行ってさまよう。 27  怠け者は獲物を追わない+勤勉さは人の貴重な宝である。 28  正しい道は命に至り+その道筋に死はない。

脚注

または,「理性」。
直訳,「心が欠けている」。
または,「同じ日に」。
または,「軽率な」。
直訳,「の助言者」。
または,「憂鬱になり」。