格言の書 11:1‐31

  • 知恵は慎みのある人たちと共にある2

  • 背教者は他の人を破滅させる9

  • 「助言者が多ければ成功する」14

  • 惜しみなく与える人は報われる25

  • 富に頼る人は倒れる28

11  不正なはかりはエホバにとって忌まわしく,正確な重り*は神にとって喜びである+   出過ぎたことをすると,恥をかく+知恵は,慎みのある人たちと共にある+   正直な人の高潔さ*はその人を導き+不誠実な人の不正直さはその人を滅ぼす+   富*は激怒の日に何の役にも立たないが+正しい行いは人を死から救い出す+   非難されるところがない人は,正しい行いによって自分の道を真っすぐにし,悪人は自分の悪のゆえに倒れる+   正直な人の正しさはその人を救い出し+不誠実な人の欲望はその人にとってわなとなる+   悪人が死ぬ時,彼の望みは消えうせる。彼の力に基づく期待も消えうせる+   正しい人は苦難から助け出され,代わりに悪人がそこに陥る+   背教者*は言葉によって隣人を破滅させる。正しい人は知識によって助け出される+ 10  正しい人たちの善良さによって町は喜び,悪人たちが滅びる時,喜びの声が上がる+ 11  正直な人たちが受ける*祝福によって町は栄え+悪人たちの口によって町は打ち壊される+ 12  分別のない*人は隣人を侮辱し*本当に識別力のある人は沈黙を守る+ 13  中傷する人は内密のことを漏らして回り+信頼できる人は秘密を守る。 14  巧みな指揮*がないと民は倒れ,助言者が多ければ成功する*+ 15  知らない人の保証人になる*なら必ず苦しい目に遭う+契約の握手を避けるなら安全である。 16  魅力ある女性は名誉を手にし+冷酷な男性たちは富を手に入れる。 17  親切である*ことは自分のためになり+残酷な人は自分を苦しい目に遭わせる*+ 18  悪人は偽りの報酬を得+正しい行いをする*人は真の報いを得る+ 19  正しいことを守り通す人は命に至り+ひたすら悪いことをする人は死に至る。 20  心の曲がっている人はエホバにとって忌まわしく+非難されるところがない歩み方をする人は神にとって喜びである+ 21  確かに*,悪人は処罰を免れないが+正しい人たちの子供たちは逃れる。 22  美しくても分別をわきまえない女性は,豚の鼻にある金の輪のようだ。 23  正しい人の願いは良い結果を生み+悪人の望みは憤りを生む。 24  気前よく与えて*,より豊かになる人がいる+与えるべきものを与えないのに,貧しくなる人もいる+ 25  惜しみなく与える人は報われ*+他の人を爽やかにする*人は自分も爽やかにされる+ 26  民は,穀物を売り惜しむ人を悪く言い*穀物を売りに出す人を良く言う* 27  良いことをしようと励む人は好意を受ける+悪を探す人には悪が必ずやって来る+ 28  富に頼る人は倒れ+正しい人たちは青葉のように繁栄する+ 29  家族を苦しい目に遭わせる*人は何も相続せず*+愚かな人は心の賢い人に仕えることになる。 30  正しい人の働きは命の木のようであり+他の人を引き寄せる*人は賢い+ 31  地上で正しい人が報いを受けるのであれば,悪人と罪人はなおさらだ+

脚注

または,「完全な石重り」。
または,「忠誠」。
または,「貴重なもの」。
または,「神を認めない人」。
または,「願い求める」。
直訳,「心が欠けている」。
または,「軽んじ」。
または,「的確な導き」。
または,「救われる」。
または,「借金を保証する」。
または,「揺るぎない愛を示す」。
または,「の名誉を傷つける」。
直訳,「まく」。
直訳,「手に手」。
直訳,「まき散らして」。
直訳,「太らされ」。
直訳,「に惜しみなく水を与える」。
または,「への災いを願い」。
または,「への祝福を願う」。
または,「の名誉を傷つける」。
直訳,「風を相続し」。
または,「得る」。