ヨハネへの啓示 9:1‐21

  • 第5のラッパ1‐11

  • 1つ目の災いが過ぎ,さらに2つが来る12

  • 第6のラッパ13‐21

9  第5の天使がラッパ+を吹いた。すると,天から地に落ちた星が見えた。その星である者に,底知れぬ深み+に通じる穴を開く鍵が与えられた。  その者が底知れぬ深みに通じる穴を開くと,大きな炉から出るような煙が穴から立ち上り,その煙によって太陽と空*が暗くなった+  そして,煙の中からバッタの群れが地上に出てきた+。そのバッタには,地上のサソリが持つのと同じ権威が与えられた。  バッタに告げられたのは,地上の植物を,どんな草や木も損なってはならないが,額に神の証印+がない人々には害を加えてよい,ということだった。  バッタに許されたのは,人々を殺すことではなく,5カ月間苦しめることだった。人々が味わう苦しみは,サソリ+に刺された*時の苦しみのようだった。  その期間,人々は死のうとするが,死ぬことができない。死にたいと願っても,死が逃げ去っていく。  バッタの姿は,戦いの準備が整った馬に似ていた+。頭には金の冠のような物をかぶっており,顔は人間の顔のようだった。  髪は女性の髪のようで,歯はライオンの歯のようだった+  そして,鉄の胸当てのようなものを着けていた。羽の音は,馬に引かれる多くの兵車が戦場へと急ぐ時の音のようだった+ 10  また,バッタはサソリのように針がある尾を持ち,その尾には,人々に5カ月間害を加える+権威がある。 11  バッタを治める王がおり,それは底知れぬ深みの天使である+。その者の名は,ヘブライ語ではアバドン*であり,ギリシャ語ではアポルオン*である。 12  1つ目の災いが過ぎた。この後,さらに2つの災い+が来る。 13  第6の天使+がラッパを吹いた+。すると,神の前にある金の祭壇+の角から出る1つの声が聞こえた。 14  その声は,ラッパを持つ第6の天使にこう言った。「大河ユーフラテス+の所につながれている4人の天使*を解放してください」。 15  その4人の天使*は,その年と月と日と時刻のために用意されていたのであり,人々の3分の1を殺すために解放された。 16  騎兵隊の数は,1万の2万倍だった。私はその数を聞いた。 17  私が幻の中で見た馬と,それに乗っている者たちの様子は,次の通りである。その者たちは,火のような赤と,ヒヤシンスのような青と,硫黄のような黄色の胸当てを着けていた。馬は,頭がライオンの頭のようであり+,口から火と煙と硫黄が出ていた。 18  その口から出た火と煙と硫黄という3つの災厄によって,人々の3分の1が殺された。 19  馬の権威は,その口と尾にある。尾は蛇に似ていて頭があり,それによって人々に害を加えるのである。 20  これらの災厄によって殺されなかった残りの人々は,自分の手で作った物について悔い改めなかった。彼らは邪悪な天使を崇拝し続け,金,銀,銅,石,木などで作った,見ることも聞くことも歩くこともできない+偶像を崇拝することをやめなかった。 21  また,殺人,心霊術,性的不道徳*,盗みをも悔い改めなかった。

脚注

または,「空気」。
もしかすると,「バッタが与える苦しみは,サソリが刺す」。
意味,「滅び」。
意味,「滅ぼす者」。
または,「使者」。
または,「使者」。
ギリシャ語,ポルネイア。用語集参照。