ヨハネへの啓示 21:1‐27

  • 新しい天と新しい地1‐8

    • 死はなくなる4

    • 全てのものが新しくされる5

  • 新しいエルサレムの描写9‐27

21  また私は,新しい天と新しい地+を見た。以前の天と以前の地は過ぎ去っており+,海+はもはやない。  さらに見ると,聖なる都市である新しいエルサレムが,花婿のために着飾った花嫁のように+,天から,神のもとから下ってきた+  その時,王座から大きな声がした。「見なさい! 神の天幕が人々と共にあり,神は人々と共に住み,人々は神の民となります。神が人々と共にいるようになるのです+  神は人々の目から全ての涙を拭い去ります+。もはや死はなくなり+,悲しみも嘆きも苦痛もなくなります+。以前のものは過ぎ去ったのです」。  そして,王座に座っている方+が,「見なさい! 私は全てのものを新しくしている+」と言い,さらにこう言った。「書きなさい。これらの言葉は信頼でき*,真実である」。  またその方は私に言った。「これらの言葉は実現した! 私はアルファであり,オメガである*。始まりであり,終わりである+。喉が渇いている人に,私は命の水の泉から無償で飲ませよう+  征服する人はこれらのものを受け,私はその人の神となり,その人は私の子となる。  しかし,臆病な者,信仰のない者+,極めて不快な汚れた者,人を殺す者+,性的に不道徳な者*+,心霊術を行う者,偶像を崇拝する者,偽りを語る全ての者+は,火と硫黄が燃える湖に投げ込まれる+。その湖は第二の死を表している+」。  最後の7つの災厄で満ちた7つの鉢を持つ7人の天使+の1人が来て,私にこう言った。「来なさい。子羊の妻となる花嫁を見せましょう+」。 10  その天使は,聖なる力によって私を大きな高い山に連れていき,聖なる都市エルサレムを見せてくれた。その都市は天から,神のもとから下ってきて+ 11  神の栄光によって輝いていた+。その輝きは極めて貴重な宝石のようであり,澄み切った水晶のように輝く碧玉に似ていた+ 12  都市には大きくて高い城壁があり,12の門があった。門には12人の天使がおり,イスラエルの子孫の12部族の名前が刻まれていた。 13  東に3つの門,北に3つの門,南に3つの門,西に3つの門があった+ 14  都市の城壁には12の土台石もあり,それには子羊の12使徒+の12の名前が刻まれていた。 15  私と話していた天使は金のアシを持っていた。それを物差しとして使い,都市と門と城壁を測るためだった+ 16  都市は四角い形をしており,長さと幅は同じである。天使がアシで都市を測ると,2220キロだった。長さも幅も高さも等しい。 17  天使は都市の城壁も測った。それは人間の尺度によると64メートル*であり,天使もその尺度を用いた。 18  城壁は碧玉でできていて+,都市は澄み切ったガラスのような純金でできていた。 19  都市の城壁の土台はあらゆる種類の宝石で彩られていた。第1の土台は碧玉,第2はサファイア,第3は玉髄,第4はエメラルド, 20  第5は赤しまめのう,第6は赤めのう,第7はかんらん石,第8は緑柱石,第9はトパーズ,第10は緑玉髄,第11はヒヤシンス,第12は紫水晶だった。 21  また,12の門は12の真珠であり,それぞれの門が1つの真珠でできていた。都市の大通りは,透き通ったガラスのような純金でできていた。 22  都市の中に神殿はなかった。全能の神エホバ*+と子羊が,都市の神殿だからである。 23  またこの都市は,太陽や月に照らされる必要がない。神の栄光が都市を明るく照らし+,子羊が都市の明かりだからである+ 24  人々はこの都市の光によって歩み+,地上を治める王たちの栄光によって都市はいっそう輝く。 25  都市の門は閉じられることがない。ずっと昼間で,夜はないからである+ 26  人々はこの都市をたたえ,尊ぶ+ 27  しかし,あらゆる汚れたものや,極めて不快なことを行って人を欺く者は,決して都市の中に入れない+。子羊の命の巻物に名前が書かれている者だけが入るのである+

脚注

または,「確かで」。
アルファとオメガは,ギリシャ語のアルファベットの最初の文字と最後の文字。
用語集の「性的不道徳」参照。
直訳,「144キュビト」。付録B14参照。
付録A5参照。