ヨハネへの啓示 13:1‐18

  • 海から上ってきた,7つの頭がある野獣1‐10

  • 地から上ってきた,2本の角がある野獣11‐13

  • 7つの頭がある野獣の像14,15

  • 野獣の印である数字16‐18

13  竜は海辺の砂の上で立ち止まった。 私がさらに見ていると,1匹の野獣+が海+から上ってきた。10本の角と7つの頭があり,角には10の王冠があり,頭には神を冒瀆する名が記されていた。  私が見たその野獣はヒョウに似ていたが,足は熊の足のようで,口はライオンの口のようだった。そして,竜+から力と座と大きな権威を与えられた+  野獣の頭の1つが傷つけられ,死んだかのように見えた。しかし,その致命的な傷は治り+,全世界の人々は感服して野獣に従った。  そして人々は竜を崇拝した。竜が野獣に権威を与えたからである。さらに人々は野獣をも崇拝し,こう言った。「誰がこの野獣に匹敵するだろうか。誰がこの野獣と戦えるだろうか」。  野獣には,大きなことや冒瀆的なことを語る口が与えられ,42カ月の間+行動する権威が与えられた。  そして野獣は口を開いて神を冒瀆した+。神の名と住まい,天に住む者たち+を冒瀆したのである。  野獣はさらに,聖なる人たちと戦って彼らを征服することを許され+,あらゆる民族や種族や言語や国の人々を支配する権威を与えられた。  地上に住む人々は野獣を崇拝する。世が始まって以来,彼らの名前は一つも,ほふられた子羊+の命の巻物+に書かれていない。  耳のある人は,聞きなさい+ 10  捕らわれることになっている人は,捕らわれる。剣で殺す人*は,必ず剣で殺される+。そのため聖なる人たち+には忍耐+と信仰+が必要になる。 11  さらに見ていると,別の野獣が地から上ってきた。その野獣は,子羊のような2本の角があり,竜+のように話し始めた。 12  そして,初めの野獣+が持っていた権威全てを,その前で行使する。また,地とそこに住む人々に,致命的な傷が治った初めの野獣を崇拝させる+ 13  さらに,大きな奇跡*を行い,人類の前で火を天から地に降らせることさえする。 14  この野獣は,初めの野獣の前で行うことを許された奇跡*によって,地上に住む人々を惑わす。また,剣の一撃を受けたものの回復した野獣+のために像+を造るようにと,地上に住む人々に言う。 15  そして,野獣の像に命を吹き込むことを許された。それによって野獣の像は話すようになり,野獣の像を崇拝することを拒む人たち全てを殺させる。 16  初めの野獣はさらに,あらゆる人,すなわち,小さな者にも大きな者にも,裕福な者にも貧しい者にも,自由な者にも奴隷にも,右手か額に印を受けさせる+ 17  そして,その印,つまり野獣の名+である数字+を記されている者以外は,誰も売り買いできないようにする。 18  ここで知恵が必要になる。洞察力がある人は,野獣の数字を解き明かし*なさい。それは人間の数字であり,その数字は666+である。

脚注

もしかすると,「剣で殺されることになっている人」。
直訳,「しるし」。
直訳,「しるし」。
直訳,「計算し」。