創世記 24:1‐67

  • イサクのために妻を探す1‐58

  • リベカはイサクの所に行く59‐67

24  アブラハムは年を取り,高齢になった。それまでにエホバからあらゆる面で祝福されていた+  アブラハムは,家の中の最年長で全所有物を管理していた従者+に言った。「あなたの手を私のももの下に置いてください。  天の神であり地の神であるエホバに懸けて,私の言う通りにすると誓ってください。私の息子の妻を,私の周りに住んでいるカナン人の娘の中から選んではなりません+  私の故郷,私の親族+の所に行って,息子イサクのために妻を連れてくるのです」。  従者はアブラハムに言った。「もしその女性が私と一緒にここに来ることを望まないとしたら,どういたしましょうか。ご子息をあちらにお送りしたらよろしいでしょうか+」。  アブラハムは言った。「あの子をそこに連れていってはなりません+  天の神エホバは,父の家族と私の親族の土地から離れるよう私に命じ+,『この地方をあなたの子孫+に与える+』と私に誓われました+。その方が,あなたを導く天使を遣わしてくださいます+。あなたは必ず,そこからあの子のために妻を連れてきます+  しかし,もしその女性があなたと一緒に来ることを望まない場合,あなたはこの誓いに縛られません。ですが,あの子をそこに連れていってはなりません」。  そこで従者は手を主人アブラハムのももの下に置き,このことをアブラハムに誓った+ 10  従者は主人のラクダの中から10頭を集め,主人から預かったさまざまな贈り物を持って,出発した。メソポタミアへ,ナホルの町へ出掛けていったのである。 11  やがて従者は,町の外にあった井戸のそばでラクダを座らせた。夕方ごろで,女性たちが水をくみに来る時間帯だった。 12  従者は祈った。「私の主人アブラハムの神エホバ,どうか今日,物事がうまくいきますようお導きください。私の主人アブラハムに揺るぎない愛をお示しください。 13  私は今,井戸のそばに立っており,間もなく町の娘たちが水をくみにやって来ます。 14  私は,やって来た娘に,『水がめを下ろして,水を飲ませてくれませんか』と言おうと思います。それに対し,『どうぞお飲みください。ラクダにも水を飲ませましょう』と答える人,その人こそ,あなたに仕えるイサクのためにお選びになった女性でありますように。そのようにして,あなたが私の主人に揺るぎない愛をお示しになったことを,私に確信させてください」。 15  従者がまだ言い終えないうちに,リベカがやって来た。アブラハムの兄弟ナホル+の妻ミルカ+の子ベトエル+の娘である。リベカは肩に水がめを載せていた。 16  とても美しい若い女性で,男性と関係を持ったことはなかった。リベカは井戸に下りていき,水がめに水をくんで上ってきた。 17  従者はすぐに走り寄って,彼女に言った。「かめの水を一口飲ませてくれませんか」。 18  リベカは,「どうぞお飲みください」と言い,すぐにかめを下ろして手で持ち,水をあげた。 19  従者が飲み終わると,リベカは言った。「ラクダにもあげましょう。ラクダが飲むのをやめるまで,水をくんできます」。 20  リベカはすぐにかめの水を水槽に注ぎ,水をくむために井戸に走った。それを何度も繰り返し,全てのラクダのために水をくみ続けた。 21  その間ずっと,従者はとても驚きながら彼女を静かに見つめ,エホバがこの旅の目的を達成させてくださったかどうかを考えていた。 22  ラクダが飲み終えると,従者は彼女のために,重さ6グラムの金の鼻輪と,重さ110グラムの2つの金の腕輪を取り出し, 23  こう言った。「教えてください。あなたはどなたの娘さんですか。お父さまの家には,私たちが泊まれる場所があるでしょうか」。 24  すると彼女は言った。「私は,ナホル+とミルカの子ベトエル+の娘です」。 25  さらに言った。「うちには,わらも,たくさんの飼い葉もあり,お泊めできる場所もあります」。 26  それで従者は身をかがめ,エホバの前にひれ伏して, 27  こう言った。「私の主人アブラハムの神エホバが賛美されますように。神は,私の主人に揺るぎない愛を示し続け,私の主人を支え続けてくださいました。エホバは私を,主人の兄弟たちの家へと導いてくださいました」。 28  リベカは走っていき,母と家の人たちに,あったことを話した。 29  リベカには,ラバン+という兄がいた。ラバンは,町の外の井戸のそばにいる従者の所に走っていった。 30  ラバンは,鼻輪と妹リベカの両手の腕輪を見,「その人は私にこう言いました」と妹が言うのを聞いて,その人に会いに行ったのである。その人はまだ井戸の所にいて,ラクダのそばに立っていた。 31  ラバンは言った。「エホバに祝福された方,どうぞおいでください。どうしてこんな外に立っておられるのですか。家を整え,ラクダのための場所も準備いたしました」。 32  そこで従者は家の中に入り,彼*はラクダの装具を外してわらと飼い葉を与え,従者と付き添いの人たちの足を洗う水を用意した。 33  食べ物が出されると,従者は言った。「いただく前に,用件をお話しさせてください」。ラバンは,「お話しください」と言った。 34  従者は言った。「私はアブラハムの従者です+ 35  エホバは私の主人を大いに祝福されました。羊と牛,銀と金,男女の召し使い,ラクダとロバをお与えになりました。おかげで主人は非常に裕福になっています+ 36  また,主人の妻サラは,年老いてから子を産みました+。主人は全財産をその子に与えようとしています+ 37  それで主人は次のように言い,私に誓いをさせました。『私の息子の妻を,私の周りに住んでいるカナン人の娘の中から選んではなりません+ 38  私の父の家族,私の家族の所に行って+,息子のために妻を連れてくるのです+』。 39  私は主人に言いました。『もしその女性が私と一緒に来ることを望まないとしたら,どういたしましょうか+』。 40  主人は言いました。『私はエホバの道を歩んできました+。その方があなたのために天使を遣わして+,必ず旅の目的を果たさせてくださいます。あなたは私の息子のために,私の家族,私の父の家族から妻を連れてこなければなりません+ 41  私の家族の所に行っても,娘を渡してもらえない場合には,あなたはこの誓いに縛られません。私への誓いから自由になるのです+』。 42  今日,井戸の所に着いた時,私はこう祈りました。『私の主人アブラハムの神エホバ,あなたがもし,この旅がうまくいくようにしてくださるのでしたら, 43  ぜひともこうなりますように。私は今,井戸のそばに立っています。水をくみにやって来る娘+に,「かめの水を少し飲ませてくれませんか」と言おうと思います。 44  それに対し,「どうぞお飲みください。ラクダのためにも水をくんできましょう」と言う人,その人こそ,主人の息子のためにエホバがお選びになった女性でありますように+』。 45  私が心の中で言い終えないうちに,リベカが肩にかめを載せてやって来ました。彼女は井戸に下りていって,水をくみ始めました。私は,『飲ませてくれませんか』と言いました+ 46  すると,彼女はすぐにかめを下ろし,『どうぞお飲みください+。ラクダにもあげましょう』と言ったのです。私は飲み,彼女はラクダにも水をやってくれました。 47  その後,『あなたはどなたの娘さんですか』と聞くと,彼女は,『ナホルとミルカの子ベトエルの娘です』と答えました。それで私は,彼女の鼻に鼻輪を,両手に腕輪を着けて差し上げました+ 48  そして身をかがめてエホバの前にひれ伏し,主人アブラハムの神エホバを賛美しました+。主人の息子のために,主人の兄弟の孫娘を連れて帰れるよう導いてくださったからです。 49  それで,もし皆さんが私の主人に揺るぎない愛を示し,私の主人を支え続けてくださるなら,そうおっしゃってください。また,もしそうでないなら,そうでないとおっしゃってください。それによって,どうするかを決めたいと思います+」。 50  ラバンとベトエルは答えた。「これはエホバが導いていることですので,私たちは,よいかどうかを言うことなどできません。 51  リベカはここにいます。連れていって,エホバが言われた通り,あなたの主人のご子息の妻にしてください」。 52  この言葉を聞いて,アブラハムの従者はすぐにエホバの前にひれ伏した。 53  そして,銀や金の装飾品と衣装を取り出してリベカに与え,貴重な品々をリベカの兄と母に与えた。 54  その後,従者と付き添いの人たちは食べて飲み,そこに泊まった。 従者は朝起きると,「主人の所に戻らせてください」と言った。 55  リベカの兄と母は言った。「せめて10日,あの子と一緒にいさせてください。その後でしたら,行って構いません」。 56  従者は言った。「私を引き留めないでください。エホバは旅の目的を果たさせてくださいました。主人の所に戻らせてください」。 57  それで彼らは言った。「あの子を呼んで,聞いてみましょう」。 58  彼らはリベカを呼び,「この方と一緒に行きますか」と聞いた。リベカは,「はい。行きます」と答えた。 59  そこで彼らは,リベカ+とその乳母*+,またアブラハムの従者と付き添いの人たちを送り出すことにした。 60  彼らはリベカのために祝福を願い,こう言った。「リベカ,あなたの子孫が幾千万にもなりますように。あなたの子孫が敵の町*を攻略しますように+」。 61  リベカと付き人の女性たちは立ち上がってラクダに乗り,従者に付いていった。こうして従者はリベカを連れて帰っていった。 62  さて,ネゲブ+地方に住んでいるイサクは,ベエル・ラハイ・ロイ+の方から戻ってきた。 63  夕暮れ時,イサクはいろいろなことを思い巡らし+ながら野原を歩いていた。目を上げると,ラクダの一隊が向かってくるのが見えた。 64  リベカもイサクの姿を見て,すぐにラクダから下りた。 65  そして従者に尋ねた。「野原を歩いてこちらに来る方はどなたですか」。従者は,「私の主人イサクです」と言った。それでリベカはベールを深くかぶった。 66  従者は,自分がしてきたことを全てイサクに話した。 67  その後イサクはリベカを母サラの天幕に連れていった+。こうしてイサクはリベカを妻にした。イサクはリベカを愛するようになり+,母を亡くした悲しみは癒やされていった+

脚注

恐らく,ラバンのこと。
かつての乳母が召し使いとしてリベカに仕えていた,ということ。
直訳,「門」。