創世記 19:1‐38

  • 天使たちがロトを訪ねる1‐11

  • ロトの一家は逃げるようにと言われる12‐22

  • ソドムとゴモラが滅ぼされる23‐29

    • ロトの妻が塩の柱になる26

  • ロトと娘たち30‐38

    • モアブとアンモンの起源37,38

19  さて,2人の天使は夕方にソドムに着いた。ロトはソドムの門の所に座っていた。2人を見掛けると,立ち上がって迎え,ひれ伏した+  そしてこう言った。「どうぞ私の家に来て,ぜひ泊まっていってください。足をお洗いします。朝になったら,早く起きて旅をお続けください」。2人は言った。「いいえ,結構です。広場で夜を過ごすことにします」。  しかしロトがしきりに勧めたので,2人はロトと一緒に家に入った。ロトはごちそうを作り,無酵母パンを焼き,2人は食べた。  彼らが床に就く前,町の男たちがやって来た。少年から老人までソドムの男たちが集団になって家を取り囲んだのである。  男たちはロトに向かって叫び続け,こう言った。「今夜おまえの所に来た者たちはどこだ。彼らを渡せ。われわれは彼らと寝るのだ+」。  ロトは戸口から出て男たちの前に立ち,戸を閉めた。  そして言った。「私の兄弟たち,どうか悪いことはしないでください。  お願いです。私には,男性と関係を持ったことがない娘が2人います。2人を差し出しますから,どうぞいいようにしてください。でも,あの方たちには何もしないでください。私の屋根の下に来られた大切なお客さまなのです*+」。  すると男たちは言った。「どけ!」 そしてさらに言った。「こいつはここに住み着いたよそ者のくせに,われわれを裁こうとしている。あいつらよりおまえをひどい目に遭わせてやろう」。男たちはロトに激しく詰め寄り,戸を押し破ろうとして迫った。 10  すると,家にいた客たちは手を差し出してロトを家の中に引き入れ,戸を閉めた。 11  そして,老若を問わず,戸口の前にいた男たちの目を見えなくした。そのため男たちは戸口を見つけようとして疲れ果てた。 12  客たちはロトに言った。「ほかにあなたの親族はいますか。婿であれ息子であれ娘であれ,町にいるあなたの親族を皆,ここから連れ出しなさい! 13  私たちはこの場所を滅ぼそうとしています。ここの住民についての苦情の大きな叫びがエホバに届いたので+,エホバはこの町を滅ぼすために私たちを遣わされたのです」。 14  それでロトは出ていき,娘たちと結婚することになっていた婿たちに何度もこう言った。「急いで,ここから出なさい! エホバがこの町を滅ぼされます」。しかし,婿たちには,ロトが冗談を言っているようにしか思えなかった+ 15  夜が明ける頃,天使たちはロトをせかして,こう言った。「急いで,妻と娘たち2人を連れて出なさい! この町の過ちのためにあなたが除き去られることがあってはいけません+」。 16  ロトがぐずぐずしていると,その人たちはロトと妻と娘たちの手をつかみ,町の外に連れ出した+。エホバがロトを思いやったのである+ 17  町の外に連れ出すとすぐにそのうちの1人は言った。「生き延びるために逃げなさい! 後ろを振り返ってはいけません+。この地域のどこに立ち止まってもいけません+。除き去られないよう,山地に逃げなさい!」 18  ロトはその人たちに言った。「エホバ,お願いです。そこは無理です! 19  あなたは私を好意的に見てくださり,大きな親切*を示して命を助けてくださいました+。ですが,山地には逃げられません。災難に遭って死ぬのが怖いのです+ 20  近くにあるあの町になら,逃げられます。ただの小さな町です。どうか,そこに逃げさせていただけませんか。ただの小さな町です。そこに逃げれば,生き延びられます」。 21  すると1人が言った。「いいでしょう。その願いを聞き入れます+。あなたが言った町は滅ぼしません+ 22  急いでそこに逃げなさい! あなたがそこに着かないことには,私は何もできないからです+」。こういう訳で,その町はゾアル*+と名付けられた。 23  日が昇った頃,ロトはゾアルに着いた。 24  そこでエホバはソドムとゴモラに硫黄と火を降らせた。エホバのもとから,天から硫黄と火が降ったのである+ 25  こうしてその町々を滅ぼした。その地域全体を,住民も植物も皆,滅ぼした+ 26  一方,ロトの後ろにいた妻は振り返ったため,塩の柱になった+ 27  さて,アブラハムは朝早く起きて,以前エホバの前に立った場所に行った+ 28  ソドムとゴモラとその地域全体を見ると,恐ろしいことになっていた。窯から出るような濃い煙がその一帯から立ち上っていたのである+ 29  神はその地域の町を滅ぼした時,アブラハムのことを気に掛け,ロトをそこから助け出した。住んでいた町から出られるようにしたのである+ 30  やがてロトは娘2人と一緒にゾアルから山地に行き,そこに住むようになった+。ゾアルに住んでいるのが怖くなったのである+。3人は洞窟に住み始めた。 31  姉が妹に言った。「父は年老いていますし,この辺りには,世のしきたりに従って私たちと関係を持つ男の人がいません。 32  父にぶどう酒を飲ませて父と寝て,父の子孫が絶たれないようにしましょう」。 33  その夜,彼女たちは父にぶどう酒をたくさん飲ませた。それから上の娘が父の所に行って父と寝た。ロトは娘が寝たことも起きたことも知らなかった。 34  次の日,姉は妹に言った。「私は昨夜,父と寝ました。今夜もぶどう酒を飲ませましょう。その後,あなたが父の所に行って父と寝なさい。父の子孫が絶たれないようにしましょう」。 35  その夜も,彼女たちは父にぶどう酒をたくさん飲ませた。それから下の娘が行って父と寝た。ロトは娘が寝たことも起きたことも知らなかった。 36  こうしてロトの娘たちは父によって妊娠した。 37  やがて上の娘は男の子を産み,モアブ+と名付けた。その子が現在のモアブ人の父祖である+ 38  下の娘も男の子を産み,ベン・アミと名付けた。その子が現在のアンモン人+の父祖である。

脚注

直訳,「屋根の陰に来たのです」。
または,「揺るぎない愛」。
意味,「小ささ」。